トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年12月02日

ロマン・グロージャン「ニキ・ラウダのことを考えた、死ぬと思った」 F1バーレーンGPのクラッシュ火災で

Grosjean says he thought about Niki Lauda and reveals he ‘saw death coming’ in fiery Bahrain crash

ロマン・グロージャン、入院先の病室:2020年F1バーレーンGP

ロマン・グロージャン、入院先の病室:2020年F1バーレーンGP

ロマン・グロージャンは、日曜日の大クラッシュのあと、燃えるマシンから抜け出そうとしながら「死ぬと思った」「子供たちのために、抜け出さなくてはならないと自分に言い聞かせた」と述べた。

グロージャンは、日曜のレースの1周目、ターン3のあと障壁に衝突、マシンが真っ二つになったあと炎に包まれた。彼は、衝突のあと間もなくマシンから脱出したが、クラッシュ後初めてのインタビューで、子供のこと、さらに1976年ニュルブルクリンクで開催されたドイツGPのクラッシュ火災で瀕死の重傷を負った元F1レーサーのニキ・ラウダのことを考える時間があったと語った。

ロマン・グロージャンはフランスのテレビ局TF1に「28秒よりずっと長く感じた」と語った。

「バイザーが一面オレンジ色になるのが見えた。マシンの左側に炎が見えた。ニキ・ラウダなど、いろいろなことを考えた。そしてこのような終わり方はダメだ、今じゃないと思った。このような形でF1のストーリーを終えることはできなかった」

ハースのドライバーは、家族のためにマシンから抜け出さなくてはならなかったと言う。

「子供たちのために、抜け出さなくてはならないと自分にいい聞かせた。火の中に手を入れたので、シャシーが燃えているのを感じた。マシンから出ると誰かがスーツを引っ張るのを感じたので、抜け出せたのだとわかった」

2020年11月30日
F1バーレーンGP決勝

ロマン・グロージャンとイアン・ロバーツ博士、クラッシュ火災:2020年F1バーレーンGP

この誰かとは、FIAの医師イアン・ロバーツ博士だった。彼はメディカル・カーのドライバーのアラン・ファン・デル・メルヴェや数人のマーシャルと現場に到着した最初のひとりだった。ロバーツ博士は、炎がマシンから噴き出す中、グロージャンがガードレールを乗り越えるのを手助けした。

グロージャンは「最終的に(自分よりも)家族や友人のこと、特に、僕の誇りとエネルギーの最大の源である子供たちのことを心配していた」と続けた。

「これまで見た中で最大のクラッシュだった。マシンから出火し、爆発した。バッテリーも炎上したので、衝撃に大きなエネルギーが加わった」

そして彼は、このクラッシュのイメージは一生つきまとうだろうが、アブダビでのシーズン最終戦、ハースでの最後のF1レースではマシンに戻ることを決意していると明かした。

「本当に死ぬと思ったので、心理的なトレーニングを受けると思う。生きていて嬉しい、物事の見方が変わったという感覚がある。でも、違う方法でF1でのストーリーを締めくくるために、可能であればアブダビで、マシンに戻る必要があるとも思っている」

「生まれ変わったようなものだ。あの日、炎をくぐったことは、僕の人生を永遠に変えるかもしれない」

「奇跡という言葉があるのかどうか、それを使うことができるのかどうかわからないが、いずれにせよ、今回は僕が死ぬ番ではなかったということだろう」

グロージャンのチーム、ハースのチーム代表ギュンター・シュタイナーは火曜日、グロージャンは事故で負った火傷の治療を続けるため、もう一晩入院すると発表した。

この動画は指が動かせたので録画できた。お見舞いありがとう。
-Source: The Official Formula 1 Website

2020年11月30日
グロージャン、炎からの脱出 - 動画:F1バーレーンGP
2020年11月30日
ロマン・グロージャン「ハローは最高、あれがなければここにいなかっただろう」:F1バーレーンGP
2020年12月02日
「クレイジー… あんな火災は見たことがない」メディカルカーチーム、グロージャンのクラッシュ現場について:F1バーレーンGP




2日間アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング


         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前:
         
         

        ↑このページのトップヘ