トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年12月07日

ロマン・グロージャン、治療のためアブダビGP不参戦:ハース公式発表

Team Statement: Romain Grosjean Returning to Switzerland

ロマン・グロージャン

グロージャン、スイスに戻る

ハースF1チームのドライバー、ロマン・グロージャンは、バーレーンを離れてスイスに戻り、11月29日バーレーンGPで手の甲に負った火傷の治療を受ける予定である。その結果、グロージャンは2020年FIAフォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップ最終戦となるアブダビGPにはハースF1チームから出走しない。このレースは、グロージャンにとってハースでの最後のレースになるはずだった。

バーレーン国際サーキットで開催されたサキールGPでグロージャンの代役を務めてたピエトロ・フィッティパルディが、12月11〜13日のアブダビGPで、チームメイトのケビン・マグヌッセンとともに出走する。

ロマン・グロージャン

「アブダビの最終戦に参戦できないこと、チームと一緒に行けないことはとても悲しい」

「手の回復と治療のため、医師とできるだけのことをしたが、僕の回復と健康にとって、レーシングのリスクは大きすぎる。そのため、レースに行かないと言う決断を下した。人生の中で一番難しい決断のひとつだったが、もちろん一番賢明な決断だ。チームが恋しいが、いつものように応援する」

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)

「もちろん、ロマンがハースF1チームでの最後のレースに出走できないのはとても残念だ。しかし、我々は、先週日曜日の事故による怪我の治療と回復に関して、最高の行動をとらなくてはならないことで同意している。ロマンは過去数日間、際立った勇敢さと素晴らしい闘志を見せた。彼がアブダビでVF-20のコクピットにどれほど戻りたかったか、わかっている。我々全員も、彼がアブダビに来てほしかった」

「ロマンは最初から我々のF1プロジェクトを信じ、マシンを組み立てる前に移籍を約束してくれた。F11の若いチームとして、我々の業績に彼が注いだ決意と真摯な努力に、疑いの余地はない。彼の信念とコミットメントに対して、永遠に感謝するだろう。そういった素質、彼の意欲と熱意が、彼の回復を助けるだろう。ジーン・ハースの代理として、そしてわたし自身、ハースF1チーム全体は、ロマンの健康と完全な回復を祈っている」

-Source: Haas F1 Team

2020年12月04日
ロマン・グロージャンのクラッシュ、炎からの脱出、そしてバーレーンの奇跡:F1バーレーンGP ブランドルのコラム



アクセスランキング 15日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ