トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | タイヤ | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2020年12月08日

メルセデス、ロマン・グロージャンにお別れテストをオファー

Mercedes willing to organise farewell test for injured Grosjean

ロマン・グロージャン、火傷を負った手でハースF1マシンの乗り込んだ:2020年F1サキールGP

F1チャンピオンのメルセデスは、バーレーンでのクラッシュ火災から脱出し、シーズン最終戦のアブダビGPを欠場するロマン・グロージャン(34歳)のために、お別れテストを手配してもよいと述べた。

グロージャンの乗ったハースは、バーレーンGPの1周目、高速でガードレールにぶつかり、真っ二つになって炎に包まれた。

彼はこの恐ろしいクラッシュから無事脱出したが、両手に(浅達性か深達性)凝拉傷の火傷を負い、同じサキール・サーキットの外側レイアウト(アウタートラック)で開催された今週末のレースを欠場した。

グロージャンは、彼のF1最終戦となるはずだった12月13日のアブダビで復活することを希望していた。

しかし、ロータス(現ルノー)とハースでレースをしてきたグロージャンは、アブダビに出走できない場合は、F1にふさわしい方法で別れを告げられるよう、1月のテストでの乗車可能性を全チームに電話をかけるつもりだと述べた。

メルセデスは12月5日、その要請に応えるつもりがあると語った。

チーム代表のトト・ヴォルフは「我々にそれが許されるのなら、そして彼が在籍していた各チームがそのような機会を与えないのなら、我々がその機会を提供してもいい」と述べた。

12月2日に退院したグロージャンは、サキールGP週末も毎日トラックに姿を見せた。

彼は一連のインタビューをこなし、FIAの医師やトラック・マーシャルに命を救ってくれたことを直接感謝した。

2020年12月04日
グロージャン「命を救ってくれてありがとう」 - バーレーンGPの救助者と感動の再会 - 写真と動画

12月5日、彼はハースのブラジル人リザーブ・ドライバー、ピエトロ・フィッティパルディが乗るマシンに乗り込んだ。

両手に包帯をしたグロージャンは、「いつものレーシング・グローブではない」とソーシャルメディアにその写真を投稿した。


「僕のハースに座るのは本当によい気分だった。とても嬉しい」

-Source: Reuters.com

2020年11月30日
グロージャン、炎からの脱出 - 動画:F1バーレーンGP
2020年12月04日
ロマン・グロージャンのクラッシュ、炎からの脱出、そしてバーレーンの奇跡:F1バーレーンGP ブランドルのコラム
2020年12月07日
ロマン・グロージャン、治療のためアブダビGP不参戦:ハース公式発表



アクセスランキング 15日間
    アクセスランキング 30日間

       誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
      名前:
       
       

      ↑このページのトップヘ