トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | チーム分析 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2016年11月30日

チャンピオンシップ決定戦 3 セナやシューマッハならもっとひどいことをした: アブダビGP-マーティン・ブランドルのF1コラム

F1 column: Martin Brundle, 2016 F1 Abu Dhabi GP

ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグ、セバスチャン・ベッテル、2016年F1アブダビGP

ニコ・ルズベルグがセバスチャン・ベッテルのアタックを何度も防いでいるシーンを、モニターでハラハラしながら見ていたメルセデス・チームは、ルイス・ハミルトンに対して、スピードアップするようにというますます強固で管理的な指示を与えていた。しかし、ハミルトンは、指示された状況によってさまざまな選択肢で指示をかわした。なぜなら、あのスピードであれば彼はじっくり考える時間が十分あった。

これはチームにとって大きな問題である。チームの従業員だがスーパースターが、フェラーリが優勝してもおかしくないレースで、作戦の主導権を握る前例を作ったのだ。彼らは指示系統をどんどん上げざるを得なくなり、それはハミルトンにとっては受け入れがたく、さらにロズベルグを敵に渡したがそれもうまくいかず、ついにチームも彼もイメージダウンになるコメントをした。

2016年11月27日
F1アブダビGP決勝
ハミルトン「どうせチャンピオンを失うのだから、このレース勝てなくてもいい」

ハミルトンの戦術はチームメイトに対してはアンフェアで、観客にとっては不愉快で、チームにとっては無礼だった。だが、彼が違うことをしたら、私は驚いてがっかりしただろう。彼は生まれつきの勝ち組であり、だからこそ3度もチャンピオンになったのだ。セナやシューマッハならもっとひどいことをしただろう。このことでハミルトンに多くの友人はできないだろうが、彼は全く気にしないだろう。そして、自分がタイトルを獲得できなかったので、ロズベルグのタイトルをできるだけ最小限にしたいという願望から、彼がレース後のマスコミ取材を多く受けているのはおもしろかった。

・・・・・・・
F1アブダビGP
part 4 | part 5 | part 6





今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: