トップ | レース結果 | コメント | 技術解説 | サーキット・ガイド | 動画 | コラム | インタビュー | データ | レース動画 | レース写真 | GP恋人写真 | マシン写真動画 | 特集 | ヘルメット | テスト
2017年01月12日

ピレリ、4戦までのF1タイヤ・コンパウンドを発表: 2017年F1

Pirelli F1 tire

ピレリF1タイヤ

ピレリ、2017年の4戦までのF1タイヤ・コンパウンドを発表

今回は3戦4戦のバーレーンとロシア、昨年のクリスマス前には開幕戦と2戦目のオーストラリアと中国を発表済みのため、今回の発表で4戦までのF1タイヤ・コンパウンドが決まった。

2017年は1戦から5戦目までは全チーム同じ配分

今季はタイヤ・サイズが変更されるため、最初の5戦はドライバー選択はなく13セットはすべて同じ配分になることが規約で決められている。

5戦目のスペインまでは、各ドライバーは各グランプリで最も柔らかいコンパウンドを7セット、中間のコンパウンドを4セット、最も硬いコンパウンドを2セット持つことになる。

6戦目のモナコ以降は昨年と同じで、ピレリが指定する3セット以外は、そのグランプリに割り当てられている3種類のコンパウンドから10セットを自由に選択できる。

2017年F1第1〜4戦のタイヤ・コンパウンド
第01戦 オーストラリアGP(3月26日)
 ウルトラソフト(紫)スーパーソフト(赤)ソフト(黄色)
第02戦 中国GP(4月09日)
 スーパーソフト(赤)ソフト(黄色)ミディアム(白)
第03戦 バーレーンGP(4月16日)
 スーパーソフト(赤)ソフト(黄色)ミディアム(白)
第04戦 ロシアGP(4月30日)
 ウルトラソフト(紫)スーパーソフト(赤)ソフト(黄色)

-Source: PIRELLI.COM
-Source: PIRELLI.COM

+関連記事
2016年04月21日
FIA、2017年F1タイヤ開発のテスト計画を承認: 公式発表
2017年のF1タイヤ規格は、フロント・タイヤの直径を現行規格の245mmから350mmに、リア・タイヤの直径を325mmから405mmに広げる。
2016年12月12日
2017年F1技術分析: 2016年と2017年F1マシン比較(上面図と底面図)


markzu at 13:44│Comments(0)F1タイヤ 



今日+昨日アクセスランキング
    10日間アクセスランキング
      30日間アクセスランキング

         誤字脱字誤訳誤変換その他間違いご指摘お願いします
        名前: