人格崩壊講座

天の怒りか地の声か そもただならぬ響あり
民永劫の眠りより 醒めよ日本の朝ぼらけ

比較

先日の神戸行きで購入した「(さく)」を、いよいよおろしてみました。

使ったのはこの子↓
fa902923.jpg





カランダッシュのエクリドールですが、ご覧のようにとってもスリムな子。
鉛筆を少し太くしたぐらいな程度ですから、もちろんコンバーターもそれなりに細いと。
パイロットブルーブラックからモンブランブルーブラックに乗り換えたんですが、

























































コンバーターに貼り付いて落ちてこないわインクが出ないわで、もうどんだけ硬いんだと。
今はペリカンをメインに使っているから問題ないけど、インクと合わないだけで眠らせておくのは悲しいですからな。



f8da47a8.jpg





(↑モンブランと比較)



2b8710de.jpg





(↑裏抜けを比較)

モンブランよりは裏抜けが多いけれど、フローがいいから当たり前か。
つーかMOLESKINEの品質が落ちてんだよ。
高ぇカネ取ってんだったら、もっとマトモな紙を使えやゴルァ!!!



86e88994.jpg





(↑パイロットと比較)

見た目はほとんど変わらないけれど、ほんの少しだけ暗いか。
乾くとパイロットの方が少し赤みがかってる感じがする。
(実際に見ないと分からないぐらいだけれど)



b16148da.jpg





(↑裏抜けを比較)

朔の方がフローは渋い感じなのに、裏抜けが多い。
使ったペンが違うからってのもあるかも。
朔は書き出しでほんの少しだけインクが出ないけど、パイロットみたいに字が太くならないのがええですな。

このインク、当たりかも。



万年筆・インク・紙の相性って、けっこう大事なんだよな。
万年筆とインクの相性がよくても、裏抜けする紙はどうかと思うし。
書いてる時のかすかな引っかかり具合にしても、紙とペンによっていろいろ違うし。

あとインクの乾きやすさや発色の具合だわな。
私が気に入っているのは、某保険会社が出してたメモ帳だった。
ニブの引っかかり、モンブランBBの微妙な滲みと茶色っぽい乾き方が最高だった。



こういうのを追求しているとキリがないんだけれど、中にはこんなちょっとイッちゃってる人もいるみたい。
詳細な比較が出てたわ。

購入

以前に万年筆を買ったのは、もう2年近くも前のコト。
早いなぁ・・・。

ちょっとした用事があって近くまで行ったので、久しぶりに訪問してみるコトに。
このお店なんですが、こちらの地方では非常に珍しい万年筆の専門店。
・・・なのに、オリジナルブレンドでコーヒーも扱っています。
何かを書く時にコーヒーを飲む人が多いことから、コーヒーも文房具のひとつと解釈してのことだそうで。



今回は万年筆を買わなかったけれど、オリジナルブレンドを使った「雲隠れ」というウィンナーコーヒーを頂きました。
書き物のお供に特化しているだけあって、備え付けのノートに書きたいコトが次から次へと。
店長氏と万年筆のことをポツリポツリと話しながら、のんびりと過ごせたのは楽しかったですな。



a17cd7b9.jpg









今回はペンシースと、セーラー系のオリジナルインク「(さく)」を購入。
(個人的には「つきたち」と読む方が好きな感じなのだけれど)

シースはおまけで頂いたモノを使っていたけれど、革が柔らかいから伸びてスカスカになっちゃってたんだよな。
でもコレはわりに革が硬くて、中にクリップを挿せるようになってるから使いやすそう。



インクはブルーブラックしか使わないんだけれど、昔はパイロット、今はモンブラン。
パイロットはフローがいいんだけど、明るすぎるんだわ。
モンブランは落ち着いた色だけど、フローが渋くてな。
とにかくインクが出にくい、コンバータの中で宙吊りになっちまう。
ペリカンとは合うんだけど、細身のエクリドールとは相性が悪くて悪くて・・・。
インクの色って、あまり変えない方がいいんだけどな。



80d600d8.jpg





(↑モンブランと合わない子)



あまり色々と手を出すと収拾がつかなくなるんで、コレで合わなきゃパイロットに戻るわ。

深謝

昨日夜、宅配便が届いた。
ナニを註文したわけもなく、心当たりがなかったのだけれど。
でも差出人は、日頃からお世話になっている方からだった。

さっそく開いてみたらモルトウィスキーのミニチュア瓶とショットグラス、小さなビーカー。
あるところで私が「日本のウィスキーが美味しい」と書いたのをご覧になり、わざわざ贈って下さった由である。
この方とはネットで長く交流させて頂いているけれど、未だお会いできていない。
それなのにこのようなお気遣いをして下さるなど、恐縮してしまう。



e346746c.jpg











ショットグラスの底には富士山があしらわれていて、非常に美しいもの。
今日になってその方が今回の件に関して書き込みをしておられたが、手作りされた琉球グラスだそうである。
私自身も沖縄で作った琉球グラスを愛用しているけれど、このグラスに込められた想いを文面から伺うと、果たして私などが頂いて宜しいのであろうかと思ってしまう。
ウィスキーは、大切な日に開けよう。

83b1f66d.jpg









そのような想いが込められたこのグラス、大切に使わせて頂きたいと思います。
本当に感謝のしようもありません。






まだ見ぬ友への、伝えきれぬ感謝をここに大書しておきたい。

嫁入

・・・といういきさつがあり、私もいよいよスポーツカーに乗ることになりました。

納車日は2月1日。
費用をケチる節約するためにお店まで出向き、ヴィッツと交換。
手続きを済ませてエンジンをかけ、軽〜く空ぶかしてみる。
唸るような重低音のエグゾーストはシビれますな。

それにしてもシフトレバーの動きが小さい、視線が低いwww
地面にピッタリと貼り付くようなコーナリングは、さすがにヴィッツでは無理(苦笑)
高速道に上がって少しアクセルを入れるだけで、ぐゎんと加速するし。
ギアを上げたままでの加速もいいなぁ・・・。



地元のランプで信号待ちをしていると、やたらにエンジンオイルの匂いがしましてな。
交通量が多いから排ガスが入り込んでいると勘違い、窓が閉まっているか確認してみたり。
視界もなんだか白っぽいんだけど、コンタクトレンズに目やにがついたせいだろうと思ってました。

コンビニで降りようとドアを開けたら、もうもうと白い煙が立ちのぼってきやがったよヲイ・・・orz
















































































思わずゴホゴホと咳き込んでダメだこりゃと・・・(涙)



家の庭に置いてたら、敷石にオイルがしたたってやんの。
慌てて店へトンボ返りして、その日のうちにヴィッツちゃんと再会w

ようよう調べてもらったらオイルが漏れていたワケではなく、交換したオイルがエンジンにかかっていたんだとか。
それが焼けて車内に充満したというオチでした。



自動ロックも調子が悪かったんでソレも含めて処置してもらい、ようやく手元に届いたのが今日の話。
待っている時間、長かったなぁ。



2a11a9ef.jpg





(↑ようやく嫁入りしてきたRoadster 基本型)



7309cc4c.jpg





(↑オープンにしてみた)



cb665d32.jpg





(↑エンジン ミッシリ詰まっとんな)



b539d29e.jpg





(↑トランク 小っちゃ!)






ヴィッツの1.5倍も排気量があるのに、乗れる人数は半分以下www
荷物もロクに積めないwww
肩越しではシートベルトに手が届かないwww
とにもかくにも実用的ではないけれど、スポーツカーに走りの良さ以上のことを要求しても仕方おまへんわな。



これからもよろしくね。

別離

年の始めあたり、オカンから「そろそろ乗り換えるん?」という話が出まして。
もう*itzも5年、早いモノですわ。
乗り始めた頃は「なんでチャボがこんな可愛いらしいクルマに・・・orz」とさんざん云われましたっけ。
自分でよう分かっとるだけに、ずいぶんヘコみましたわ(苦笑)
とはいうモノのくるくると小廻りがよう利いて乗りやすく、街乗りにはエエ感じでした。
燃費も17〜18kmと非常に良かったし。
そりゃあ女性にモテるっちうねん。※1



今でこそ*itzのマニュアル車はスポーツタイプしかありませんが、私のはごくごくノーマルなモデル。
そんなの、もう生産してまへんわ。
だから友人なんかは「*itzのクセにマニュアルかよ!」と、驚くワケでwww
だいたい街乗り用のクルマがMTとか、ちょっとズレてます。
そんなズレたクルマだから、私のところへ来たんでしょうけれど。

デジタル表示のスピードメーターには、さすがにイラッとしましたな。
あれは見づらい。
そんなとこにハイテクはいらんっちうねん。
まぁ初期のモデルだから、いろいろ試行錯誤していたんでしょうけれど。
(次のヤツからアナログ表示になってたw)



「マニュアル車だったら何でもいい」というぐらいなこだわりしか持っていなかったんですが、この一件がミョ〜〜〜に心に引っかかっていたようで、ネットで検索している時でもついつい名前を入れてしまうような状態。
最近の○ヨタのコンセプトには首を傾げるところもあったので、いっそメーカー変えたろかしらんと・・・。



結局のところ、

























































ロードスターを購入するハメ運びになったと・・・(苦笑)
まさかスポーツカーに乗るとは、夢にも思わなんだわ。



色々と手続きを始めると、ヴィッツに対して非常に名残り惜しい気持ちが沸々と・・・。
「これでもうお別れやなぁ」と思うと、最後の1週間あたりはもうギアチェンジの一手々々がもうたまらなく愛おしいワケですよ。
どこへ行くにも、この子と一緒でしたからな。



このコに出会ったお陰で、私もずいぶんと変わりました。※2



c99fca3d.jpg






******
※1
同僚の女性(40代独身)がショッキングピンクの*itzに初心者マークを付けて出勤してきたのには、さすがにドン引きした。
私が乗り換えた直後だったんで、まだよかったけど。

***
※2
其之壱
昔はイカツいクルマに興味があったが、最近はコレとかコレも乗ってみたい車種。

其之弐
原付も学生時代は黒にド派手なカラーリングのコレだった。
ソレがまさかこんな可愛いのに乗るようになるなんて・・・(苦笑)

其之参
ピンクのドレスシャツを着るようになった。
ピンクなんて可愛い色は似合わないと思っていたが、今では違う色を着ているとなんでピンク着てへんの!?とクレームがつく始末・・・orz

指導

今日は昔の職場へ、武道ちっくに云えば出稽古に行ってきました。
監督がバドミントンを専門にやったコトがないというので、私がルーキーたちの相手をするという寸法。
去年おととしからいるコたちはいいんですが、やはり監督が素人だと基本の指導が難しいですからな。
そういやぁワシ、この職場でバドミントンは全くやらんかったなぁ・・・。



ストレッチ・筋トレ・素振り・フットワークという基礎基本の部分を、私が普段やっているまんまに指導。
筋トレは肩・肘・手首の順に、普通のスポーツではやらないと珍しい方法を・・・。

素振りはとにかくユックリやることを心がけます。
手首や肘の角度、肩胛骨の動き方、身体のねじれ、膝の動き、体重の移動などなど、とにかく身体の全ての動きを認識しなさいとアドバイス。
いたずらに勢いだけで振ってもスピードで誤魔化してしまい、間違った動きが身に付いてしまいます。
「基本は奥義」という言葉があるとおり、最初に教わる素振りに全てが含まれています。
一にも二にも素振りで身体を造らないと、全くお話になりません。
必要な部分の筋力を上げ、余計な筋力を使わない身体に仕上げる。
それしか上達するコツはありません。
筋トレも必要かもしれないけれど、実際の動きの反復で身体を造るのがイチバンです。
筋トレやりすぎたら、動きがおかしくなるし。

フットワークは指導者の考え方やプレイヤーの体格などで変わってくるので、あまりイジれません。



ゲームが終わると再び素振りを100回ほどやり、悪い動きをリセット。
ゲームでは自分がやりやすいようにしか動かないため、悪い癖が残ってしまいます。
シャトルは打てば打つだけ、動きが悪くなります。
コレはあまり云う人いないんだけど。



最後に1時間ほど余ったので、私が心がけているコトを話してみたり。

其之壱:しっかり挨拶しようぜ!
体育館にコーチなどが入って来た時に、挨拶ができるかどうかはプレーにも影響します。
挨拶ができるというのは、それだけ周囲に気を配れているというコトです。
そういうコトを心がけていると、コートの中でもシャトルだけでなく対戦相手の動きも見えてきます。





其之弐:しっかり掃除しようぜ!
挨拶とも通じますが、キッチリ掃除をできる人は隅々まで神経を配ることができます。
特にバドミントンの場合はシャトルからちぎれた羽根が落ちるので、手抜きするとすぐに分かってしまいます。



其之参:道具の手入れをしっかりやろうぜ!
私は練習が終わると、必ずコレでグリップの汗と脂分を落とします。
ベタつきや滑りがなくなり、グリップテープが長持ちしますからな。
イヤなニオイもなくなるし。

もちろんグリップだけでなく、フレームもきれいに拭きます。
フレームショットをやってしまうと、シャトルヘッドの塗料がつくし。
そういうトコを見ていると、ガットの状態も分かります。
「ゲーム中にガットが切れた、ラケット1本しかない」なんてコトになったら、試合だとシャレになりません。

グリップはプレイヤーとラケットの唯一の接点ですから、そこを特に大切にしなければより高いパフォーマンスを引き出すコトはできません。
だからプレイヤーはグリップの手入れや、テープの巻き方に工夫を凝らすワケです。
(↓たとえばこんな感じ)

fe975d1d.jpg












其之資:ラケットに名前をつけようぜ!
名前をつけると愛着が湧き、大切にします。(たとえばこんな感じ
いにしえの武人は己の命を託す刀に名前をつけ、愛する人の如くに接したもの。
就眠に際しては愛する人と同衾するが如く、抱いて寝ていました。
コレは単に、寝込みを襲われる用心だけではありますまい。
それによって我が刀の性を知り、最高のパフォーマンスを引き出すことを目指していたのだと私は思います。

左官職人だった祖父や父が、道具をどのように扱っていたのかを日々見ていました。
ソレは最高の仕事をするための大前提。
鏝の端が少しでも傷ついていたら、壁にヒケ傷が出てしまいます。
大工にしても鋸や鉋の歯が甘ければ、いい部材を作るコトは無理です。
だからラケットとかシューズとか、大事にしようね。



「基本って大事だよ」というので、同じように左官や大工を例に出して話をしました。
左官仕事では、まず壁土を練るのが新入りの仕事。
大工の新入りは、ひたすらに鉋がけで板を作らされます。
どちらも基本となる材料ですが、ソレがダメだとまともな家は造れないと・・・。

「腕のいい大工は、2枚の板を1枚にした」と、祖父が云ってましたっけ。
鉋がけした面がピシッと平らになっているから、2枚を合わせて荒縄で搦げて水に浸けるとうまい具合に反って貼り付き、外れなくなったんだとか。
鉋がけの腕もそうですが、刃の手入れがしっかりできていたからこそできる技です。
刃が甘ければケバ立つし、刃毀れがあればヒケ傷が出るし。
そんなんでお互いの板が貼り付くワケがありません。

板前修業でも芋の皮むきやら魚の三枚おろしやら、素材の下ごしらえばかりですわな。
どれだけ腕前があっても、素材が悪ければよい料理ができるハズがありません。
ソレを分からせるための追い廻し修行なワケです。

板前修業でもうひとつ大切なのが、包丁の研ぎ。
包丁の刃が甘いと切り口が悪くなり、当然歯触りにも影響します。
だから道具の手入れが大事なんだと・・・。



思いつくままに話をしたけれど、少しは分かってもらえたかなぁ・・・?

顰蹙

稽古前にオイル交換をしたのが、昨日の話。
「タイヤがぼちぼち換えどきですが・・・?」っちうんですが、オイルフィルターやらブレーキランプの交換やらで時間を喰うてもうとんがな。
「ソレ、明日にしますわ」ってぇんでお店を後にしたワケです。



今日は珍しく定時で切り上げ、時間ピッタリで入車。



ce95f547.jpg











待っている間にカタログを読んでいたんですが、ソコへ若い店員さんがにこやかな営業スマイルでやって来たワケです。
「どういった車種をお望みで?」






やっぱり*OAD*TERなんかエエね!

・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・





















































































じょ、冗談やがなw
*OYOTAのお店で*AZDA車の名前を出したのは、確かにオッチャンが悪かった。
でも御社のカタログを見ていると、ラインナップがどうかと思うのだよ。
スポーツタイプの車種でも、マニュアル車なんてほとんど廃版にしてんじゃん。
それに「こんなんどうですか?」って持って来られても、この子のスポーツタイプってどうなん?
この子はあくまでも、街乗り用のコンパクトカーですよ?
取り廻しの良さと低燃費で人気があるのを、なんでわざわざレース仕様にする必要があるのかと・・・。
つーか、今もう乗っとるっちうねん。
なんで同じ車種を持って来るかな。

こういうトコが気ぃ利かんっちうねん!
車検で代車を頼んだ時も、排気量は違うけど*itzやったやろが。
そういう時に違うのを持って来て、次につなぐのが商売とちゃうんかい。

「ではこちらなどいかがでしょう?」なんてこんなん持って来られても、ねぇ・・・?
ルーフ外して乗ってる時に雨が降ってきたら、傘でも差して乗れっちうんかい!!!
こんなワケの分からんコンセプトのクルマに乗るんだったら、そりゃ*OAD*TERがエエっちうわ。



ボチボチ乗り換えだから、ちょっと本気で考えんといかんなぁ。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

当サイトについて
BBS
LINK
記事検索
  • ライブドアブログ