いやー、妙に長いトンネルって感じがしてました。
GW中は、もう勝つことを忘れてしまったのかと・・・。
今日は来日初先発となるブラウンが立ち上がりから
得意のチェンジアップで好投、打っては1、2回の満塁
のチャンスを見事にものにし、序盤で試合を決めた。
 
とにかく、連敗脱出よかったー。そして、借金も最短1日で返上し、明日連勝して貯金1の状態でなんとか交流戦につなげたいところです。

実はブログで阪神ネタ、むっさ久しぶりなんです。勝ったときだけ書こうとしているわけではないんですが、ちょっと色々と忙しかったということと、その時期に阪神が調子悪い時期と重なって、余計に書くことができなかった、そんな感じです。今日は気分も晴れて、こうやって再び書くことが出来ました。はー、よかった。

ただ、今日も試合自体あんまり見れてない・・・。結果として6−1で快勝ということしかわからんです、はい。これについては夜のスポーツニュースでじっくり見ようと思う。

試合は序盤1,2回で決まったようで、いずれも満塁のチャンスとなり、初回は今岡の走者一掃のタイムリーツーベースと、スペンサーのタイムリーで4点、2回は今岡の押し出しとスペンサーの犠飛で2点と、素晴らしいつながりで6点。投げてはブラウンが、5回を1失点に抑える好投を見せて、後続の橋本、ウィリアムス、久保田と万全の継投で逃げ切り、4月27日の中日戦以来1週間ぶりの白星となった。

ただ、3回以降は、ヒットだけでなく四球や敵のエラーなどもあり、それなりに追加点のチャンスを作っていたものの、結局は広島の2人目以降のピッチャーに抑えられ、追加点をあげることはできなかった。この辺りは、やっぱりまだまだ本調子じゃないって感じがする。やっぱり少ないチャンスをことごとくモノにするチームっていうのは、相手チームからするとすごく嫌なチームだし、強いチームだと思うから、いかにチャンスをモノにするかが、今後のペナントレース重要になってくると思う。その辺りもふまえ、長いペナントレースを考えた采配というのも岡田監督にはやってほしいって思う(まぁやってないって訳じゃないんでしょうが)。たとえば、矢野とかもちょっとくらい休ますというのも考えた方がいいよ。今日のバッティングをみていても、やっぱり疲れが出てるもん。あとは中継ぎから抑えのピッチャーの使い方も、もう少し長期的に考えて使って欲しい(何度も言うけど、考えてないって言ってるわけではない)。

まぁ兎にも角にも、連敗脱出。これでなんとか波に乗って欲しいな。中日が独走状態にならないようにするためにも、阪神が強くないと。

がんばれタイガース!