ぬぉぉぉぉぉぉ。
なんかすんごい悔しい
今日勝って中日を3タテして、独走態勢と行きたかったんだけどなー。
ま、交流戦前苦戦した中日相手に2勝1敗と勝ち越しただけでもヨシとしたほうがいいのかな。
 
今日は福原と天敵山本昌の先発で始まった。
予想に反して(?)先制したのは阪神。内野安打の鳥谷、四球のシーツを塁において、今岡がタイムリーヒットで、あっさりと先制。続く2回はツーベースの矢野を塁において、藤本がタイムリーツーベースで2点目。2−0とする。なーんか昨日、一昨日とは逆の滑り出しとなった。

投げては福原、5回までは制球に苦しみながらもなんとか0点に抑えて迎えた6回。この回はほとんど何も書きたくない。。。それまでも制球難だったけど、この回はそれが爆発。ストライクが入らない、入らない。途中で交代した橋本も含め、5四死球などで6点を献上。これで全てが終わりました・・・。

3回と6回のチャンスをものに出来なかったことが結果的に、中日に流れをもっていかれての逆転劇。うーん、やっぱり苦手投手相手だとなおのこと、少ないチャンスをものにしないとなー。

9回の表、吉野も大乱調でダメ押しの3点を献上。なんかほんまにあの切れのいい吉野はどこに行ってしまったんだろう・・・。最近お見受けしませんが・・・。

最終回、個人的に大好き(なんか打ち崩すイメージがあるんだよなー)な平井が登場。先頭の藤本がヒットで出塁し、代打片岡は空振り三振。この場面で赤星に代打濱中も空振り三振。鳥谷は今日猛打賞となる3本目のヒットで望みを繋げば、シーツがこれに応え、センター前タイムリーヒットで、久々の得点。金本は3振に倒れ、3−9でゲームセット。結局金本はこの3連戦ノーヒットに終わった。これがちと心配ですね。讀賣戦での爆発に期待しましょう。

なんかほんまに悔しいわ。
苦手山本昌に最初は地道に点を取って2点リードしてたのに、追加点が取れずに結局は福原の自滅で逆転され、結果として山本昌に勝ち星をつけてしまった。ほんま悔しい・・・。ま、くよくよしててもしょうがないか。苦手中日に勝ち越したということは事実。明日からの讀賣戦で楽勝の3タテと行きましょうや!!