鳥谷反撃のタイムリー昨日、大勝で広島を下した阪神は福原で連勝を狙う。対する広島先発はデイビー。現在のセリーグ首位対最下位対決2戦目、貫禄勝ちで貯金を増やしたいところです。
 
(鳥谷、反撃のきっかけとなるタイムリー)
 
 
 
シーツ逆転スリーラン!
 
(シーツ値千金逆転スリーラン!!)
 
 
 
 
 
 
 
金本ダメ押しスリーラン!!
 
(アニキ、ダメ押しのスリーラン!)
 
 
 
途中から見たので、最初の方はよくわかりませんが、初回はいったい何があったのでしょうか?記録を見ると、赤星がツーベース、鳥谷が三振、シーツがライト前ヒット、金本がレフト前ヒット。4人で終わっているのですが、うち3人がヒットです。これってどういうこと?誰か親切な人教えて下さい。何にせよ、幸先悪い出だしだったんですね。

今日先発の福原は、初回を簡単に3人で打ち取ったものの、続く2回裏に前田のソロで先制を許します。続く3回にはランナーを1人置いて、緒方にツーランを浴び、序盤で0−3とリードを広げられます。今日はピッチングを見ていないのでよくわかりませんが、結果的には6回を投げて、6安打1四球で3失点と、まずまずだったのでしょうかね。本当はもっと長い回を投げて欲しいんですけどね。ま、連敗中だけにこれはしょうがないかな。

阪神の反撃はまずは5回。先頭の赤星がセーフティバントで出塁すると、今日ここまで2三振の鳥谷が左方向にうまく持って行き、タイムリーヒットで1−3とデイビーから放った9本目のヒットでようやく1点をあげる。

回は進んで7回。この回からカープのピッチャーは仁部。先頭の代打片岡を四球で歩かせ、赤星を打ち取るものの、鳥谷の打球はショートへの内野安打となり、一死1,2塁のチャンス。この場面でカープのピッチャーは梅津にスイッチ。その1球目をシーツが完璧に捉え、打球はライナーでレフトスタンドへ消え、逆転のスリーランホームランとなる。これで阪神は4−3とした。梅津は結局この1球で降板。

最終回、広島は1点ビハインドの状態で、抑えのベイルを投入。この回を凌げば打順がいいこともあり、逆転がねらえるという皮算用だったのでしょう。しかしこれが裏目となります。先頭の赤星が、そのベイルを強襲する内野安打で出塁。鳥谷は送りバントに失敗し一死となるが、シーツの打球は一二塁間に転がり、セカンドのキムタクがこれを捕球できず、に出塁。そして、昨日32球場目のホームランをここ米子で打っている金本がバッターボックスに。ここで金本は二試合連続となるスリーランホームランで、7−4とし、試合を決めた。

最後は久保田がマウンドへ。2本の安打を浴び、しゃきっとした終わり方ではなかったが、それでもここは守護神の貫禄で、カープを無得点に抑えゲームセット。阪神は2夜連続の逆転勝ちで3連勝。6カード連続の勝ち越しとなり、貯金を今季最多の13とした。

結局3点とられたものの、福原が自身の連敗を止め、久々の白星となり、阪神の後半戦に向けての明るい材料となった。逆に広島梅津はたった1球でプロ初黒星となり、またチームも阪神戦4連敗で借金13となる。

ちなみに、広島新井は3打数無安打で7試合連続ホームランの日本タイ記録の夢はならなかった。

さぁ阪神、明日は休養をとり、明後日から横浜3連戦。ここでも貯金を稼いで完全に独走態勢としたいところですね。

がんばれ、タイガース!!