矢野先制ツーラン!7カード連続勝ち越しを狙う阪神は、今日は安藤が先発。安藤もここしばらく勝ち星がついてないですが、なんとか今の勢いで勝ちを掴んで欲しいところ。それにしてもこの3連戦、1回くらいは雨天中止になっちゃうかな、と思ってましたが、結局1日も流れることはありませんでした。まぁ天も味方・・・かな?
(矢野鮮やかなツーランホームランで先制)
 
 
シーツ、ソロホームランで追加点!
 
(シーツ9号ソロで追加点)
 
 
 
 
 
 
 
鳥谷タイムリーで追加点!
 
(鳥谷タイムリーで貴重な追加点)
 
 
 
 
 
 
 アンディ、ダメ押し2点タイムリー
 
(アンディ、ダメ押しの2点タイムリー)
 
 
 
 
 
 
 
今日の安藤は、立ち上がりあまりよくありません。先頭の石井琢朗にいきなり四球を与えます。なんか昨日の杉山を思い出しました。小池送りバント、金城ファーストゴロで二死2塁となってから、状態の悪い佐伯に対してストレートのフォアボール。うーん、どうも制球に苦しむシーンが多い、最近の阪神先発陣。この回、これで点が入るとまた苦しい展開になりそうな感じでしたが、なんとか種田をサードゴロに打ち取り、無失点に抑える。

一方阪神は2回、先頭の金本が四球を選ぶと、二死後矢野が素晴らしい当たりの10号ホームランで2−0と先制します。いやー、ほんと矢野は頼りになるよなー。

しかしその裏、ワンナウト後村田にバックスクリーンに飛び込むソロホームランを浴び、2−1と詰め寄られます。この打球がポーンと赤星の所に跳ね返ってきたので、審判はホームランのジャッジなし。牛島監督は即抗議に飛び出してきます。・・・。そらそうやろ、あれはどう見てもホームランやで。まぁ手回してなかったからラッキーとは思ったけど、どうなんやろうなー、最近の審判。ほんまもっとこうペナルティ制度みたいなものを設けた方がええんとちゃうか?審判の言うことは絶対、って言うのはわかるけど、それにしても、それは審判がきっちりとしたジャッジをすることが大前提な訳で、今の状態では選手もチームもファンにとっても、いい気分で試合が見れないよな。もう少しプロとしての自覚を持って欲しいよ。

愚痴はそれくらいにして、3回表、ワンナウト後シーツがソロホームランで3−1として再び点差を2点とします。ホームランで点を取られた直後に点を返す、非常に意味のあるホームランだったと思います。そう、本当に意味があったのです。

シーツのホームランで(まぁそれだけと言うわけではないでしょうが)、安藤が完全に立ち直りました(そんなに崩れていたわけではないですけどね)。なんか別人のように、球の切れ、コースともよくなってきたのです。3回以降は8回まで1人もランナーを出さない非常にテンポのよいピッチング。全く打たれるような感じがしないです。

そうこうしてる間に、阪神は7回表、先頭の矢野が四球を選び、藤本のヒット、赤星の死球や相手のまずい守備も重なり、一死満塁となったところで、バッターは鳥谷。この場面で、鳥谷は1,2塁間を綺麗に破る、鋭い打球のタイムリーヒットで、貴重な追加点をあげ、4−1とその差を広げます。

さらに阪神は9回、藤本が今日猛打賞となる3本目のヒットで出塁すると、安藤がきっちりと送りバントを決める。さらに赤星、鳥谷と連続四球を選んだ後、シーツがダメ押しとなる2点タイムリーで6−1とその差を5点と広げる。さらに金本が今日初のヒットで二死満塁とする。このチャンスの場面で今岡登場。しかし、初球を叩いてショートゴロ併殺に終わる。うーん、かなり重傷か、今岡。

最終回、先発の安藤がこの回もマウンドへ。点差も5点となり、完投勝利目前です。しかもここまで横浜打線をヒット1本、3回以降は1人もランナーを許さないピッチング。ほぼ完投勝利は決まりでしょう。しかし先頭石井琢朗にライト前ヒットを打たれ、久々のセットポジションでの投球となります。そして代打古木にツーランを浴びます。なんじゃそりゃー。完全に完投勝利ムードやねんから、最後まで気を抜かんと頑張って投げてよ!続く金城はファーストゴロに打ち取るが、佐伯には左中間を破るツーベースヒットを打たれ、続く種田も三遊間を破り、一死1,3塁。ここでついに岡田監督は安藤を諦めます。ぎゃー、何やってるんや、安藤。完投目前で5点もリードをもらったのにぃぃぃぃぃ。ま、しょうがないですね。マウンドには守護神久保田が登板。今日は登板ないと思って、肩をちゃんと作ってなかった、なんてことないよね?ま、あと二人、大丈夫でしょう。久保田は内川をライトファールフライに抑え、村田を迎えます。よく考えると、ホームランを打たれると同点の場面です。慎重に行きましょう。最後のバッター村田をセカンドフライに打ち取り6−3でゲームセット。

安藤は、今シーズン初のではなく、プロ入り初となる完投勝利を直前で逃すも、久々の3勝目をあげる。最後はやっぱり「プロ入り初完投勝利」というのを意識しちゃったのかな?無念の降板でしたね。でもまぁ頑張りました。次、もう一度完投勝利を目指しましょう。

これで阪神は7カード連続の勝ち越しを決め、今季最多の貯金14とし、首位をがっちりキープ。盤石の体勢となってきました。
いやー、それにしても野球は面白いなー。最初立ち上がりを見たときには、本当にどうなることかと思ったけど、立ち直ってからは素晴らしいピッチングの安藤。テンポもよく、久々に先発投手が長いイニングを投げるゲームになりました。長いペナントレース、先発陣がある程度のイニングを投げないと、中継ぎ陣が本当に壊れてしまいかねないですもんね。来週のある意味天王山的な、上位対決に向け、中継ぎ陣もいい休養となったし、万全の状態で臨めるという訳です。ただ心配なのはやっぱり今岡ですね。なんとかきっかけを掴んで復調して欲しいです。

来週もがんばれ、タイガース!!