兄貴気合いの3盗!!さぁ、今日は昨日の負けのことはスッキリ忘れて、新たな連勝街道のスタートとしたいところ。今日は前回惜しくも完封を逃した安藤が先発、中日は野口。
 
(兄貴3盗を決め、先制のきっかけを作る!)
 
 
 
 
スペちゃんなんとかタイムリー
 
(スペちゃん、先制タイムリー!)
 
 
 
 
 
 
 
兄貴ツーベースでチャンスメイク!
 
(金本追加点のきっかけとなるツーベース)
 
 
 
 
 
 
 
今岡技ありタイムリー!
 
(今岡タイムリーで貴重な追加点)
 
 
 
 
 
 
 
 
先手を取ったのは阪神でした。2回表、先頭の金本が四球、ワイルドピッチや気合いの3盗を決めるなど、一死3塁とすると、スペンサーが詰まりながらもレフト前にタイムリーを放ち1点を先制。ツーアウト後、関本がライト線にツーベースを放ち、一塁からスペンサーが長駆ホームに駆け込むが、送球の方が早く、ホームでタッチアウトとなり、追加点とはならなかった。うーん、残念。まぁ次がピッチャーの安藤でツーアウトやったから、走らせても勝がなかったのかな。

そして安藤ですが、今日も前回の完封目前の投球に負けず劣らずの素晴らしいピッチング。6イニングを散発3安打無四球でもちろん失点ゼロ。中日の追撃を許しませんでした。安藤が安定してきてくれたことは、今後の阪神の戦いの中で非常に大きいですね。これからも気合いのピッチング頼むで!!

次に試合が動いたのは、7回表でした。
この回先頭の金本が、久々のいい当たりを野口から放ち、これがツーベースとなり、無死2塁とチャンスを作ります。ここはなんとか追加点の欲しいところです。この場面で今岡が技ありの右打ちでライト線に落ちるツーベースを放ち、貴重な追加点を入れ、2−0とリードを拡げます。さらに、スペンサーがぼてぼてながらも、右打ちをしっかりと実践し、セカンドゴロでランナーをサードに進め、一死3塁。矢野がサードゴロにたおれ、カウントが悪くなって結局関本は歩かせられ、二死1,3塁。ここで岡田監督は安藤を諦め、勝負を賭けます。代打桧山!ここで一気に突き放したいところ。ここでひ〜やんの打球はライトの前にふらふらっと上がる面白い当たりとなりましたが、残念ながらライトの守備範囲でスリーアウト。さらなる追い打ちとはなりませんでした。

7回からは、ウィリアムスが登場。ここでのジェフのピッチングは天晴れでした。福留、ウッズ、立浪のクリーンナップを見事に三者連続三振に斬り、まったく追撃を許しません。さらに8回は球児が登板。代打アレックスをまず空振り三振に、英智、谷繁もライトフライに打ち取り、これまた3人で斬ります。谷繁の当たりは、スペンサーが結構危うい守備となりましたが、なんとか捕球してくれました。いやー、よかった。

そして、阪神は9回から守護神久保田を投入。先頭森野を簡単にファーストゴロ、荒木を三振、井端もセカンドゴロと今日も完璧な3人のストッパーでゲームセット!!!!
ってか、こんないいところで放送終了するなよ!!ひぃぃぃぃぃ。

いやー、ほんと阪神は強いですね。昨日一休みして、余裕を持って今日中日を下し、これで9カード連続勝ち越しを決め、球団記録樹立となります。これは本当にすごいことです。ソフトバンクみたいに、大型連勝というのもすごいですが、これだけ勝ち越しを続けるというのも、ほんとにすごいことですよね。天晴れ、タイガース。
これで、貯金を再び18、2位中日とのゲーム差も再び8と拡げ、火曜日からのヤクルト2連戦で独走態勢を完全なものにしておきましょう!いや、ほんと強いぞ、タイガース!!