よっしゃー!
立ち上がり、杉山がいきなりピンチを招き先制され、ちょっといやなムードにはなったけど、よく1点で凌いでくれた。
そのおかげで、昨日と同じように1回の裏すぐに逆転しました。昨日はアンディの逆転ホームラン、そして今日は兄貴の逆転ホームラン。
取られたらすぐに取り返す。野球はこれが大事です。それが実践できた昨日と今日。きっちりと連勝しました。

今日は杉山と上原の投げ合いで始まりました。冒頭でも書いたとおり、初回にいきなりゲームは動き、2−1とまずは阪神リードで始まります。

しばらく両チーム点が入らないまま迎えた4回表。ツーアウトから高橋由伸にツーベースを打たれ、仁志が四球を選び、二死1,2塁。この場面で村田がレフト前にヒットを放つが、金本の好返球でホームタッチアウト、讀賣の反撃を食い止めました。

そしてその裏。先頭シーツが安打で出塁しチャンスを掴むが、続く金本の二塁打でホームを狙い、惜しくもタッチアウト。なんか直前の讀賣と同じように本塁タッチアウトとなり、これで無失点となると、讀賣に流れが行きそうな場面ですが、続く今岡が四球で出塁し一死1,2塁とすると、桧山がしぶといバッティングでセンター前に運び、タイムリーで貴重な1点を追加。3−1とリードを拡げます。

6回表、先頭の小久保がツーベースで出塁、一死後高橋由伸がタイムリーを放ち、1点を返され3−2となります。

しかしその裏、先頭の金本が猛打賞となる3本目のヒットで出塁すると、今岡がうまく一二塁間を破るヒットで続き、無死1,2塁。ここで、前の打席タイムリーを打っているひ〜やん登場。調子も上向いてきてて、タイムリーを期待する場面。しかしここで岡田監督は、桧山にバントのサイン。これを桧山が見事に決め、一死2,3塁とチャンスを拡げます。これはなかなか勇気のいる采配ですね。まぁ杉山も代え時と言うことまで見据えての采配なんでしょうけど、バント失敗したらいろいろと言われていたかもしれませんね。この采配、プレーは今日の大きなポイントとなりました。次のバッターは矢野。ここのところ、ちょっと調子を落としている矢野ですが、なんとかボールに食らいつき、粘りに粘って最後は前進守備の間をしぶとく抜けてセンター前の2点タイムリーとなります。この追加点は本当に大きな追加点となりました。これで5−2と阪神のリードは3点に広がりました。

7回裏、先頭の鳥谷が岡島から見事に左中間スタンドに運ぶ第6号ホームランでダメを押します。鳥谷、見事なバッティングでした。

ピッチャーは7回からはJ・Kのリレーです。昨日に引き続き、藤川は扁桃炎でお休み。しかし、讀賣相手なら二人でも十分すぎます。いずれの回もランナーは出しますが、見事に抑え、弱体讀賣を手玉に取りました。結局6−2で阪神の勝利!

これで、讀賣に連勝し、貯金は21となりました。しかしながら、中日は今日も逆転勝ちで6連勝。ゲーム差は1.5のまま。明日一日おいて、今シーズンの最大の山場の一つとなる、首位攻防が待っています。波に乗る中日に対し、どんな戦いをするのか、本当に見物です。なんとかここを勝ち越して、優勝まで一気に行きたいところですね。

がんばれ、タイガース!!