今日はすごかったみたいですね。
記事は明日書きます。
優勝来たか

昨日は忙しくて書けなかったので、今日追記します。

いやー、それにしても「わやくちゃ」でしたね、昨日の広島は・・・。
さてさて、じゃあゆっくり振り返ってみようかな。

阪神の先発は2桁勝利を目前に控えた安藤。初回、一死から山崎にツーベースを打たれるなど、二死3塁のピンチを招くが、まずは無失点で切り抜けた。しかし、2回に先制を許すことになります。先頭前田にライト線ツーベース、新井にレフト前ヒットを打たれ無死1,3塁となり、続く栗原のショートゴロの間に1点を先制されます。なおも二死2,3塁のピンチを招いたが、ここは緒方を空振り三振に斬って取り、ここは1点のみで凌ぎます。

関本値千金同点タイムリーツーベースしかし今日の阪神は、2回裏、前回2安打に抑えられた大島を捉えます。先頭今岡が四球を選んだ後、2者が凡退し、このまま抑えられると大島が調子を上げかねないところでしたが、この場面で関本がセンターフェンス直撃の同点タイムリースリーベース放ちます。この一打は非常に大きかった。ほんとに大島の緊張の糸を切るような、素晴らしい一撃。この関本のタイムリーから、阪神へと流れが動きます。
安藤すごいぞ、逆転タイムリーツーベース!そして、次のバッターはピッチャー安藤。そう、安藤といえば先日札幌での横浜戦でプロ入り初の打点を記録したばかり。今日もバッターボックスで、内気が見て取れるようでした。その安藤はちょっと集中力の乱れが感じられる大島から、うまくバットに乗せてレフトに線に弾き返すタイムリーツーベースを放ち、関本を迎え入れ、2−1と逆転に成功します。さらに赤星も三塁手の頭上を越えるタイムリーで続き、3−1とリードを拡げます。

スペンサー、タイムリー!さらに3回裏、すでに魂が抜けてしまったような状態の大島は制球が全く定まらず、先頭のシーツ、続く金本と連続四球を与え、無死1,2塁とします。今岡凡退の後、スペンサーがセンター前タイムリーヒットを放ち、4−1とリードを拡げます。広島ベンチはここで大島をマウンドから降ろしました。阪神は前回のリベンジを果たし、さらに代わったルーキー森にも襲いかかります。

矢野スリーラン!続くバッター矢野は、高めに浮いた球を見事に捉え、自身最多となる15号3ランを放ち、7−1と阪神が大量リードを築きます。





大量リードをもらった安藤は4回、一死から新井にセンター前にヒットを打たれ、栗原の打席でワイルドピッチ。一死2塁となり、栗原にタイムリーを許し、2点目を献上します。しかし後続を断って切り抜けます。

兄貴完璧35号!さらに阪神はその裏、先頭シーツがヒットで出塁すると、金本がセンターバックスクリーンに、自己最多となる35号2ランホームランをたたき込み、9−2とさらにその差を広げます。




矢野に激震!頭部に死球!!一死後、スペンサーに四球を与えた森はやや集中力を欠き、制球を乱します。矢野の打席でおもいっきり暴投。そしてなんと矢野の頭部に死球をぶつけ、危険球退場となった。しばらく起き上がることができなかった矢野ですが、なんとか自ら歩いてベンチへ下がることができたので、すこしほっとしましたが、ほんま最近危険球とか多いよなー。どないなっとんねん。プロやったらもっとコントロール良くないとあかんやろ、たのむでほんま。大事を取り、代走に野口を送ります。

安藤今日2本目のタイムリー!さらに代わった天野から関本がライト前にヒット、これを二塁ランナーのスペンサーがホームを狙う。そしてベース前でブロックしている捕手倉に激しいタックル! スペンサーはタッチアウト、だが倉はそのままノックアウト!これを見た両軍ベンチを飛び出しもみ合いに。倉は動くことが出来ない様子で、結局タンカで運ばれ退場した。これで両軍とも序盤で捕手が交代するということになった。試合再開後、阪神は安藤がこの日2本目となるタイムリーをセンター前に打ち、さらに相手のまずいプレーもあり、11−2とした。

関本タイムリースリーベース!阪神打線は攻撃をゆるめず、6回にも追加点を奪います。一死2塁の場面でまずは関本が左翼へタイムリースリーベースを放ちます。今日の関本は非常にはつらつプレーという気がしました。最初の同点タイムリーでチームに流れを呼び寄せましたが、自分自身の調子の向上のきっかけにもなったかのようですね。


濱中タイムリー!次のバッターは今日2打席連続タイムリーの安藤。しかし、今日は大量リードということもあり、ここで安藤はお役ご免。代打には濱中が登場。その濱中はきっちりとレフト前にタイムリーを放ち、さらに追加点、これで13−2とリードを拡げます。



さらにさらに7回は広島の守備が草野球以下の状態でエラーを連発します。そして最後のトドメはシーツのセンターオーバーの19号3ラン!これでついに21−2となった。

今日は大量リードもあって「JFK」を温存。7回は橋本、8回は江草、9回は桟原がそれぞれ3者凡退に斬って取った。これで阪神は68年ぶりに球団記録を更新する球団最多21得点を挙げ大勝、中日が讀賣に負けたため、勝率1位のマジック15が点灯した。最短Vは20日。

この勢いで、広島を無難に3タテと行きたいところですね。
今日も勝つぞ、タイガース!!!