今日もいい天気。昨日より涼しい感じがするので、絶好の野球日和なのかも。
今日の先発は大方の予想通り杉山。前回炎上したこともあり、なんとか今日はいいピッチングをしたいところです。一方広島は、前回球団記録となる21得点の立役者(?)大島です。阪神は今日も大量得点といきたいところです。

阪神は初回、広島先発大島から先頭赤星がセカンドへの内野安打で出塁しましたが、一死後、関本の打席で二盗に失敗。うーん、残念。関本は四球を選びましたが、結局得点には結びつかず。
2回は1死からスペンサーがセンター前ヒットで出塁しましたが、矢野がショートゴロ併殺打に倒れチャンスを生かすことが出来ません。
3回は一死から杉山が四球を選び、二死後、鳥谷がライト前ヒットで1,3塁とチャンスを広げますが、これまた得点できません。うーん、それなりにチャンスがあるだけに、あと一本がなかなか出なくて、少しフラストレーションの溜まるゲーム展開です。

一方阪神先発の杉山は1回、先頭松本高に四球を与え、山崎に送りバントを決められますが、3番嶋、4番新井を連続三振に斬り、得点を許しません。3回は先頭倉にヒットを許し、大島の送りバント、松本高のヒットで一死1,3塁のピンチを招きます。続く山崎はセーフティー気味にバントを試みますが、打球はピッチャー正面転がり、結局送りバントの形となり二死2,3塁に。嶋には四球を与え満塁とした後、4番新井を空振り三振に仕留め、序盤をなんとか無失点で切り抜けました。

ピンチの後にチャンスあり、という言葉にかなり期待をした4回表。先頭金本がライトスタンド方向に大飛球。飛距離は十分な打球でしたが、残念ながら右に切れるファール。その後、三振に打ち取られます。おしかったなー。二死後、スペンサーが四球で出塁しますが、続く矢野が三振に倒れ結局無得点に終わります。

その裏、一死から栗原が二塁打、続く森笠の四球で1,2塁とされたところで、バッターは倉。ここで倉の打球はレフト金本の手前に面白い当たりを飛ばす。これを金本がうまく吸い上げてキャッチし、飛び出したセカンドランナーの栗原を刺し、ダブルプレーでピンチを凌ぎます。うーん、これはどうなんでしょうね。VTRで見ると非常に微妙。ま、今まで審判の微妙な判定で苦汁を飲まされ続けてきたタイガース、たまにはおいしい思いもしないとね。そう考えると、審判ほんましっかりして欲しいです。

回は進んで6回表。一死から関本が1,2塁間を破るライト前ヒットで出塁します。さらに金本、今岡が連続四球を選び一死満塁の大チャンス。ここで広島は大島を諦め、横山を投入。この横山にスペンサー、矢野が連続三振に倒れ、このチャンスをものにすることが出来ません。

広島から見たら、今度は逆にピンチの後にチャンスあり。なんか嫌な感じがしました。一死後、新井、前田に連続安打を浴び、続く栗原には四球を与え、今日2回目の満塁のピンチとなります。なんとか踏ん張りたいところでしたが、森笠に手痛いタイムリーツーベースを打たれ、広島がこの試合2点を先制します。後続は断ち、なんとか失点はこの2点に凌ぎました。ピンチの後のチャンスを生かした広島と生かせなかった阪神との差が如実に表れた結果となりました。

ひ〜やん同点タイムリー(ヒットじゃないのね・・・)!7回表、先頭の藤本がショートの頭上をうまく越えるヒットで出塁。杉山に代えて代打片岡が登場しますが、ここはショートフライに倒れワンナウト。その後赤星が四球を選び、続く鳥谷が今日2本目のヒットを渋くセンター前に運び、一死満塁となり一打同点のチャンスを迎えます。この場面で岡田監督は、最近好調の桧山を代打に送ります。うーん、この場面は関本の勝負強さが見てみたかったような気がします。っていうか、ひ〜やんは先発でライトで出してくれよ!ま、それは置いておいて、ひ〜やんはこの場面、一塁の右をしぶとく抜けるヒット(と思ったら記録はファーストのエラーですか・・・。あれはヒットでもいいと思うんだけどなー。)で、藤本とセカンドランナーの俊足赤星を返しまずは同点とします。さらに一死1,3塁の場面で金本がセカンドゴロとなりますが、併殺崩れとなり1点追加し逆転に成功します。続く今岡はセカンドゴロに倒れ、さらに追加点とは行きませんでしたが、この回阪神は3点を奪い、3−2と見事逆転に成功します。

7回裏は、ジェフが登板。この回先頭の松本高を三振に斬りますが、続く山崎にはレフト前ヒット、相性のいい嶋に対しては簡単にツーストライクとするも、結局左中間にツーベースを打たれ、さらに4番新井に四球を与え、一死満塁。ほんま今日は満塁多いなぁ。続く前田を空振り三振に斬り、二死満塁。この場面でピッチャーは藤川に交代。これで今シーズン77登板目となり、福間の持つ球団記録に並びました。さ、球児に対するバッターは栗原。気合いが入ります。この場面はキレのある速球で空振り三振に斬って取り、J+Kでピンチを凌ぎました。ひやー、よかったよぉぉぉぉ。

8回表、先頭のスペンサーが四球で出塁し、矢野が送りバントを確実に決め、一死2塁。この場面で広島のピッチャーは永川から佐竹に交代。続くバッター藤本、片岡も内野ゴロに倒れ追加点を奪うことは出来ませんでした。

8回裏も阪神のマウンドは球児。しかし昨日に続いて野球放送は終了。ここからはネット観戦です・・・。この回先頭の森笠にセンター前ヒットを打たれ、ノーアウトでランナー1塁となります。続く倉は送りバントを試みるが球児がうまくフィールディングしセカンドを封殺、一死1塁となります。ここで代打野村がレフト線へツーベースを放ち一死2,3塁のピンチ。松本高の場面でワイルドピッチで2点を入れられ逆転を許す????ネット観戦だからよくわからんけど、どうなってるん?さらに松本高には四球を与え、一死1塁。しかし続く山崎をサードゴロに、そして嶋を三振に斬り、なんとか後続は断ちました。うーん、どういうことなん????何がおこったんかよぉわからんし、やきもきするぅぅぅぅ。なんでワイルドピッチで2点も入るん?そんなものすごい暴投やったんか????ぐへー。とにかく結果だけを見ると、この回2点を奪われ、3−4と逆転されてしまいました・・・。

さ、9回表は先頭の赤星からという好打順。とにかくここで1点でも取っておけば何とかなるでしょう。まずは切り込み隊長、おねがいします。広島のピッチャーはベイル。赤星はフルカウントから6球連続でファールで粘り、しびれをきらしたベイルの13球目で見事に四球を選びまずは出塁します。さすが赤星!!続く鳥谷は送りバントを決め、一死2塁。ここで代打濱中はストレートのフォアボールで貫禄勝ち(?)。一死1,2塁の場面で金本はファーストゴロに倒れ、二死1,3塁となります。ここで今岡が左中間スタンドに飛び込む逆転のスリーランホームランを放ちます。ぎゃー、まこっちゃーん。お前は最高じゃあぁぁぁぁ。これで一気に6−4と2点リードとなります。この場面をテレビで見られなかったのが本当に悔しいっす。この土壇場で大逆転が出来る、そら優勝しなきゃおかしいです。あかん、静かな部屋でパソコンを前にして大声を上げてしまった。まだ1人で興奮しています。ってか涙が出てきたよ。誠、お前は偉い!!続くスペンサー、代わった林からフルカウントの末レフト前ヒットで出塁。さっきの満塁の場面で打てよ、ってぼそっと言ってしまいましたが、まぁいいでしょう。続く矢野の打席、スペンサーに代わって出場した代走の秀太が盗塁を試みますが失敗し、この回終了。

そして今日も最後はもちろん久保田です。先頭の新井をセカンドゴロ、続く末永を空振り三振、栗原はライト前ヒットと今日も3人で締めることは出来ませんでしたが、森笠をサードゴロに打ち取りゲームセット。結局阪神は土壇場の大逆転で6−4と接戦をものにしました。

阪神は、8回裏に球児で逆転されるという絶体絶命のピンチでしたが、赤星の粘りから流れを手繰り寄せ、最後は9回ツーアウトの土壇場から打点王今岡のホームランで大逆転という、劇的な勝利で広島を3タテ、優勝へのマジックを一つ減らし、「M3」としました。中継が終わってからの激動の攻防、ほんと見たかったなぁ。

さ、今晩の中日の試合も気になりますが、いい気分で聖地に戻ることが出来ます。いよいよ胴上げ間近。がんばれ、タイガース!!