今日は虎弟分の「ファーム日本選手権」の日。スカイマーク球場での対ロッテ戦ですが、こういうの位はテレビで放送して欲しいなぁ。・・・無理かなぁ・・・。
今季タイトル総なめの弟分は、今日勝って兄貴分より一足先に日本一になりたいところ。阪神の先発は能見で始まりました。

阪神は1回、相手のエラーで1点を先制しますが、2回、能見が大松にツーランホームランを浴び、逆転を許してしまします。

阪神打線は4回、二死2,3塁で、ウエスタン首位打者の赤松がレフト前に逆転の2点タイムリーを放ち、再びリードを奪います。さらに5回には一死から今度はウエスタンホームラン王の喜田がライトスタンドにソロホームランを放ち、リードを広げます。そしてツーアウトの後、先日一軍でプロ初ホームランを放っているリンリンがレフトスタンドにソロホームランを放ち、役者が仕事をした阪神が、この時点で5−2とリードを広げ、勢いに乗ったかに思えました。

しかし能見は6回、一死から竹原、辻に連続ツーベースを許し、3点目を失います。なんとかツーアウトを取りますが、今度は林に左中間を破るタイムリーツーベースを許し、1点差に迫られてしまい、続く代打曽我部に死球を当てたところで無念の降板。代わった金沢は代打塀内をファーストフライに打ち取り、なんとか凌ぎます。

しかし7回、3番手の前川が四球やワイルドピッチなどで二死3塁のピンチを招くと、竹原のタイムリーツーベースで同点とされ、辻のタイムリーでついに逆転を許してしまいます。さらに続く大松にもタイムリーを打たれ、前川はノックアウト。

なんとか反撃と行きたい阪神打線は8回、先頭リンリン、筒井壮の連打で無死1,2塁とするも、あと1本が出ずに無得点に終わります。
そしてついに9回。この回先頭の上坂がレフトへのツーベースを放ち、反撃の口火を切ると四死球などで一死満塁と一打同点のチャンスを迎えますが、高橋、筒井壮に快音が響かず、ここで力尽きます。結局阪神は5−7で敗れ、ファーム日本一を惜しくも逃してしまいました。

うーん、残念ですね。

なんかこれで日本シリーズの相手、SBでも千葉ロッテでもリベンジという感じになってきました。なんにしても、絶対に日本一になるぞ!!がんばれ、タイガース!!!