イタリアのMorbidelli社の創業者であるGiancarlo Morbidelli氏が86歳で亡くなられました。

弊社が現在製造販売しておりますPoint to Point ボーリングマシンを最初に開発したイタリアでは天才といわれた方です。農家の長男として生まれ、Morbidelliを創業しただけでなく1970年代にはオートバイの世界で自分が作ったバイクで何度も世界チャンピオンになったり、息子のGianni MorbidelliをF1の世界に送り込んだり、世界初のV8のバイクを作ったり(しかも世界で初めてピニンファリーナがデザインをしたというオマケつき)と、その才能は正に天才だったと思います。

1990年代に、私自身も大変お世話になりました。常に物静かで紳士でしたが、メカニカルな話題になると情熱的に語る姿が思い出されます。

Giancarlo-Morbidelli-1-foto-dal-web-compressed


ある時に、レストランに連れて行って頂いた時に、愛車のジャガー(ターボを自分で後付け)
でイタリアの丘陵地を180Km近くで駆け上った時には、さすがに足が震えました。
その時に、何故フェラーリに乗らないのか聞いた所(フェラーリとの繋がりもあったので)狭いからとサラッと言う方でした。ワインを飲んだ後の帰り道は流石にゆっくりでした。
まだ大らかな時代でした。

昨日、このニュースを聞いてネットで検索したらやはりイタリアでもモーターサイクル系のサイトで多く取り上げられていました。その中で残念な発見は、彼が収集していた400台近い歴史的なモーターサイクルの博物館(PESARO)が昨年閉鎖され競売にかけられた事でした。
元々は、夏の家といわれた山の上の広大な自宅にあった物でした。
多分、維持管理に相当な費用が掛かっていたのでしょう。残念です。

参考までに下記のサイトを見てください。
在りし日の姿

1990年代にSCM-Marunaka-Japanが有った当時、ミナルディのメインスポンサーであったSCM GroupのF1マシンを展示したり、G.Morbidelli氏が開発したV8のバイクを展示したのを覚えていてくださっている方も多いのではないでしょうか?

large-672d3856f3f83482ed1c77c86790b9cb


EOSA6KKX4AATDvV

ミナルディのドライバーとして活躍した息子のGianni Morbidelli氏
Morbidelliの親会社のSCM社がメインスポンサー。


morbidelli-v8
世界初、V8のバイク。ピニンファリーナデザイン。
M383ボーリングマシンのカタログにこのヒョウのマークを使わせて貰いました。

20200213092438-0001


遠い日本でも足跡を残された偉大な人でした。ご冥福をお祈りいたします。

                             記:尾高