2年住んでた祖師ケ谷大蔵を引越した。
特に便利って訳じゃないけど、一応世田谷だし、各駅しか止まらないけど電車に乗れば下北まで10分、新宿までは20分。
うまい飲み屋はないけど、うまい飯屋は結構あるし、なんとなく住みやすい街で結構気に入っていた。1番気に入っていたのは、都内でもめちゃくちゃ有名なハッテン場の銭湯があるところで、私もよくそこに通っていた。もちろん私はハッテンしてない。

image


新しく住む街は中野富士見町という街で本当に何もない。最初は中野に住みたかったのだが、家の条件を色々考えていたらあれよあれよと言う間に遠退き、中野富士見町になっていた。中野から徒歩20分、全然中野じゃねぇ。

いざ引っ越したはいいが、テレビだったりパソコンだったりコンポだったりの娯楽機器すべてが同棲していた彼女の所有物だったので、私の家には全く娯楽がない。
唯一娯楽機器は、何年も前に使っていたボロボロのWindowsXPに入っているキングクリムゾンのライブ盤の音源のみである。

image


やる事もないし、無音も寂しいのでキングクリムゾンのライブ盤をかけ続ける毎日。
引越しで片付けてたら、うどんの乾麺が死ぬほど出てきたので、毎日キングクリムゾン聴きながらうどんを食べていたのだが4日目ぐらいで「何か掴めるかも!」という漠然とした感覚が生まれ、プログレとうどんの共通点を見つけそうになった。絶対に心が危なかったので、ボーナス払いで無理してテレビを買った。

いざテレビを購入して、ウキウキで見てたのだが、10分ほど見たところですぐに消した。「俺テレビすきじゃなかったわ」と割と大きめの独り言を言った。それからテレビはあまりつけていない。うどんをやめてキングクリムゾンを聴くだけにした。まだ「何か」は掴んでいない。