行きつけのバーのマスターにスーパー歌舞伎(市川右近主演、新・水滸伝)のチケットをいただいたので見てきました。
マスターの知り合いの方が置いていかれたそうなのですが、日がない(2日後の公演)とのことで、
たまたまタイミングよく飲みに行ったらお鉢が回ってきたという、とてもラッキーでした。
IMAG3504

スーパー歌舞伎も初めて、もちろん歌舞伎も初めて、そして新しくなった新歌舞伎座も初めてです。
IMAG3507IMAG3512

新しい新歌舞伎座は前の新歌舞伎座と比べてホールという感じがします。
椅子はすごく座りにくい(;´ω`)幕間にお寿司をいただきましたが、席に物を置いたりする余裕がなくて
とても食べづらかったです。
トイレは一方通行になってて、おば様方がいっせいに行っても混雑しないような作りになっていました。
ここは流石だと思いました。

スーパー歌舞伎は流石にすばらしかったです。
今回は現代語での公演なのでガイドがなくても平気でした。
衣装も絢爛豪華でさすが歌舞伎って感じで、上演中も「おもだかや!」の掛け声がかかったり、
見得を切ったり、拍手をしたり、客席に下りてきて立ち回りがあったり、アドリブがあったりと楽しませてくれるものでした。
女形も本物ははじめて見たのですが、春猿さんや笑也さんも美しかったのですが、
子供の世話係の役の美しい方がいらっしゃいました。あの方はなんてお名前なのかしら?
衣装の豪華さに比べ、舞台装置はシンプルで、ライトや色が効果的に使われていたのも印象的でした。
最後は歌舞伎らしく大団円。とても貴重な経験をしました。
マスターとお知り合いの方、楽しい時間をありがとう(・∀・)