2007年10月05日

イチゴショート最強説

e9ac5762.jpg御影高杉のイチゴのケーキである。
私はケーキの中でもイチゴショートが昔から特に好きであり、私の中でケーキの代名詞的存在、生クリームとイチゴの出会いfeaturingケーキのスポンジなんて組合せを誰がセッティングしたのか、表彰したいくらいである。


で、この御影高杉のイチゴのケーキは、先にブログに書いたミルフィーユと並んで、店で一、二を争う人気商品なのだと小池栄子似の店員さんが教えてくれた。私は、これが食べたくて御影高杉まで行ったので勿論注文する。先の二品と違い、これはテイクアウト可能なのだが、店で頼むと、フルーツとソースがおまけでついてきてちょっとお得である。


まず間近で見た感想は、でかい。他で市販されているケーキの下手すれば倍くらいあるのではないだろうか。そして、いちご、イチゴ、苺。これでもかというくらい、イチゴが入っていて、食べると必ずイチゴに当たる。スポンジはしっとりした口当たりで、ミルフィーユ同様、くどくならずに、すぐに胃の中に収納出来てメタボリック一直線である。
値段は567円と高めであるが、ケーキ二つ分の値段と考えたら結構お得かも知れない。ものは考えようである。高杉だけに高過ぎとはならないでいただきたい。

御影高杉のイチゴのケーキは、私が今まで食べたイチゴショートの中でもトップクラス。味もさる事ながら眼前に現れた時のインパクトが凄かった。
お勧めの商品なので、近くに来た際には是非立ち寄っていただきたい。


marokuriyama at 07:17コメント(0) この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星