漢和辞典が無料

漢和辞典が無料

2漢和辞典無料は、友人から漢和辞典無料で使えると聞いた私が、オンラインで無料で使える漢和辞典を検索で探して、実際に使っている様子をつづるブログです。

漢和辞典無料で使えると知ったのは、つい1ヶ月ほど前でした。私が生協の書籍部で漢和辞典を買おうとしていると、友達が「webで漢和辞典無料で使えるのに、どうして買うの?」と聞いてきたからです。漢和辞典が無料で使えるのだと知って、私はその場で買うのを止めました(笑)。

友達が言うには、部首で検索もできるし、画数も分かるし、漢字の意味ももちろん分かる。たとえば「木へん」と入れると「木へん」の漢字が表示されるとも言いました。

私は、半信半疑でした。だってそんな便利なものがあったら、本屋さんで売れなくなるじゃないですか。「あっ、有料なんでしょ?」とも聞きました。すると友達はオンラインのものは無料だと答えました。そこで私は早速大学の研究室にもどり、検索で漢和辞典、しかも無料で使えるものを探し始めたのです。

まず「漢和辞典 wiki」で検索をしてウィキペディアで探してみました。すると何だか難しい説明がずらーっと出てきたので、読む気が失せました(笑)。それからヤフーでの検索を始めたのです・・・つづく。


maroon36001 at 17:00|Permalink

漢和辞典が無料

漢和辞典の無料サイト

3漢和辞典無料で使うために、私は漢和辞典無料サイトを探し始めました。

ヤフーで「漢和辞典 無料」といれキーを押しました。そうやってずらっと並んだサイトを、1位から順にチェックし始めたのです。けれども全然それらしき漢和辞典無料サイトは見つかりません。そして10位までいってあきらめました。

それから「漢和辞典」のみで検索をしてみました。すると検索窓のすぐ近くに、関連キーワードとして、「漢和辞典 オンライン」というのが表示されていました。そこでそれをクリックして、また1位から順に見ていったのです。

面倒くさいなーと思いながらいくつものサイトを見て行きました。すると漢和辞典に関係するサイトを紹介しているものがあったのです。無料も有料もごちゃまぜで、そして漢字にまつわるサイトというくくりだったので、違うかなーというものも多かったです。

その中で私が使えると思った漢和辞典無料サイトが、「infoseek マルチ辞書 http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?gr=kj」です。これが一番良いように思いました。

部首の名前、たとえば「木へん」と入れれば「木へん」に関する漢字が表示されます。読み方でも検索ができます。読み方や画数も指定することができます。現状で漢和辞典の無料サイトというと、今のところはこれが一番だと思っています。


maroon36001 at 17:00|Permalink

漢和辞典が無料

漢和辞典が無料でも

4漢和辞典無料サイトは便利です。漢和辞典無料で使えるというのは、嬉しいことです。

けれどもいくら漢和辞典無料で使えるといっても、欠点もあります。それは・・・持ち運びができないことです(笑)。

学生という立場上、いろいろなところで勉強をします。図書館とかマックとかミスドとか、その他もろもろです。そんなときには、やはりオンライン上の漢和辞典はいくら無料だといっても使えません(当たり前ですが)。かといって本の漢和辞典を持ち運ぶのもちょっと重くて嫌です。

そんな私が思い至ったのは「電子辞書」です。オンラインの漢和辞典無料で使うのもよいのですが、戸外では電子辞書が大変に便利です。部首や漢字の意味、そして画数や読み方ももちろん分かります。webが使えるところでは、漢和辞典の無料サイトを利用する。オンラインの環境でないところでは、電子辞書を使う。そんな使い分けが便利だと思います。

けれどもよく考えたら、いちど電子辞書を買ってしまえば、オンラインの環境でパソコンが使えても、せっかくかった多機能の自分の電子辞書を使った方が便利かもしれません・・・。何だかトンチンカンなことを言っていますが、いちどいろいろと試してみてください。


maroon36001 at 17:00|Permalink

漢和辞典が無料

プライバシーポリシーの説明

クッキー、ウェブビーコンを使っているページや広告がサイトの中にあります。

クッキーとは、サイトを訪問する人のコンピューターを識別するためのデーターです。クッキーを送付することによって、訪問する人のコンピュータを記録できます。しかしクッキーの使用により、訪問された人の使っているコンピュータの識別は可能になりますが、ある特定の個人を識別することはできません。クッキーを活用すると、以前に訪問された人が、再度サイトに来てページをご覧になるときの利便性を向上させられます。ちなみにクッキーは現在、数多くのサイトで使用されています。

ウェブビーコンは統計情報(サイトの利用のされ方やアクセスなど)を知るために使用されます。クッキーと一緒に働き、特定のページへのアクセスを知るために使われます。ウェブビーコンもクッキーと同様に、個人を識別することはできません。

訪問する人は、ブラウザーの設定の選択でクッキーを無効にすることができます。またすでにあるクッキーの削除もできます。ブラウザーに備わっているヘルプの、クッキーについての項目をご参照ください。クッキーの削除により、サイトの機能の一部が使えなくなることもありますので、その点はご了承ください。


maroon36001 at 21:27|Permalink