September 18, 2016

4年後、2020年…

来年ではなく、10年後でもない…
それまでの時間は、大人だからこそ「なりたい自分」を意識したい!
"4年後、2020年… どんな自分になっていたい?"

と書かれた某女性ファッション誌の表紙を見てから、この謳い文句がずっと気になっている私でございます。


皆様、ちょっぴりお久しぶりでございます。
ちなみにタイトルの本誌、女性誌なのでファッション関係の内容主体でした。
でもこのタイトル、すごく気になりませんか?

私はぱっと見た時、 えっ、4年後? と一瞬面食らってしまいました。
多少のブランクがあるとはいえ、ここしばらくずっと受験のことばかりだったので、数年後の想像とか展望とかいうものがすっかり抜け落ちていることに気づきました。
振り返れば、そういうものを一番考えていたのは30歳前後でしょうか… 繰り返される毎日の中で漫然となってしまって、いつしかそういう余裕も無くなってしまったのかも?しれません。
でももうそんなに若くないからこそ、少し立ち止まって色々考えなければならないのかなあと思いました。

早い方は来年の受験に向けスタートを切られたようですね。
ここから11月の発表までまだ時間がありますから、まだ気持ちの整理がつかない方ももう少しゆっくり考えていて良いのでは…と思います(無理なさらずに)。
全員がというのはなかなか難しいですが、皆さんそれぞれ、納得してこの先へのスタートを切れればいいですよね。

maropan3 at 09:32 

September 03, 2016

試験から一週間たちました

皆様こんにちは。
試験から一週間たちましたね。
試験は日曜日だったので、そのままの流れで、翌日からいつもの仕事や生活だったという方も多いのではないかと思います。これが最初の週末ですから、ここでどっと疲れが出てくるかもしれません。十分に体を労って頂ければと思います。

試験後、受験生の方の試験の感想をネットで拝見させて頂いています。
やはりというか、私の長年の経験上というか、合格間違いナシとかぶっちぎりで余裕などの記事内容は拝読できていません(そういった方の記事もどこかにあるのかもしれませんが)。それだけこの試験がヘビーであり、合格ラインや基準点救済の選定が複雑ですぐ今後の想像ができない、そういう難しい試験の証拠なのだと思いました。

科目が多く複雑で法改正も多い、ほぼ一年ずっと勉強していかないといけない…今までずっと神経が張り詰めた緊張状態だったと思います。
受験された皆様、本当に本当にお疲れ様でした。
それでも今後のこと、試験の結果のこと、色々思うところがあると思います。そんな中でもどこかにホッとできるものがあって、受験された皆様が安らぐことが出来ていればいいな…と切に願います。
9月に入って少しづつ季節が変わっていきますが、どうかお体ご自愛なさってお過ごし下さいませ。

maropan3 at 09:35 

August 27, 2016

いよいよ明日…❗❗❗

いよいよ試験は明日となりました。
持ち物の準備はOKでしょうか?
心穏やかとはいかないと思いますが、今日は早めに寝て明日に備えて頂ければと思います。


皆様ファイトです…✨


maropan3 at 20:46 

August 21, 2016

あと一週間!

受験生の皆様
いよいよあと一週間ですね。今の私からは応援しかできませんが、今週という時間がまだあります!ファイトファイトです

そして私の経験から一つ。これから是非ともお願いしたいのが、食事上の注意です。
昔からこのブログを読んで頂いている方はご存知かと思いますが、私はかつて、試験前日の夕食による食中りをおこし、当日会場で医務室に通いながら試験を受けたという苦い経験があります。
勿論その夕食も、生物や食べ慣れない物を取った訳ではありません。
炊きたてのご飯、お湯をかけるだけのスープ、賞味期限十分・封を切り立ての豆の煮物、回鍋肉…というのがその日のメニューでした。
何が原因だったのかハッキリはわかりませんが、消去法でいくと回鍋肉だと思っています。半生タイプの材料がパウチされているキットで、野菜を一品加えるだけで出来るという、よくスーパーで売っているアレです。その中には赤みを帯びた肉も入っていて、少し気にはなったのですが、加熱されているとパッケージで謳っていたので、そのまま調理しました。でも今思えば、調理の際の再加熱を甘く見ていたのだと思います。
以来、受験日前しばらくは、夕食は市販のダイエットフードを利用していました。
普段と変わった食事はしない、しても注意はしすぎるほど払った方が無難です。
大事な試験を棒にふらないためにもです。
体調と食事も密接な関係にあると思うので、本当に本当に、気をつけて頂きたいと思います。

皆様ファイトです

maropan3 at 20:44 

August 15, 2016

試験まであと2週間です

みなさん大〜変お久しぶりでございます
結局PCは復帰しないまま時は過ぎ、タブレットの不自由さもあって益々更新から足が遠のいてしまいました… なんて… すみません。 職場では36協定違反するくらい一応忙しく働いておりますので、どうかご勘弁下さいませ

なんだかんだで本試験まで2週間ですね。
今年は関東は気候は平年並みですが、西日本は極端に暑いようですね。
試験は選択式が午前中・択一式が午後に戻るなど、去年とは少し違う体力・気力の配分が必要になりそうです。
お盆休みが16日までという方も多いと思います。これからが本番、少しの間まず試験のことを頭に思い浮かべながら、変わったことは控えつつ、平常モードで過ごしていっていただければと思います。

本当に本当にあと少しです…
後悔なく、とはなかなかいかないものですが(長い受験生活の経験上)、それに近付けるように頑張って下さい…
応援させて頂きます
フレーフレー受験生
maropan3 at 23:41 

June 26, 2016

法改正チェック!

皆様お久しぶりです!
実は我が家のPCが突如壊れまして… 色々やってみたもののとうとう復帰せず、夫が趣味使っていた臨時PCが稼働中です。
しかしこれが難点で。もともと夫の所有物だったため、私が自由にログイン使用できないんですよ…
仕方なくこれもタブレットからの更新です
ただでさえトロい更新がもっと遅く… スミマセン

さてワタクシ、今年は受験しないからといって、受験科目にノータッチというわけではございません。
さすがに法改正はチェックしておかないとマズいと思っていまして… 市販の受験雑誌を読みました。
皆さんのブログなどで見聞きしていましたが、今年はかなり盛り沢山の内容ですね。
中でも年金が多いなあという印象です。
国年だと付加年金も遡及納付可能だし、免除もどんどん複雑になってるし… 追納も納付結局期間延長。
厚年も共済統合で微妙なすり合わせによる改正があったり。
他の科目も一度前の記憶から辿っていかないと『???』というものばかり。
過去問出題率ももう25%切っているとのことなので、法改正の出題比重も大きくなりそう?!ですね。
これらを見ていて、ただでさえ科目が多いのに、もう受験休んでいたら追いついていけなさそうな雰囲気です。
やはり離れすぎないよう、知識のブラッシュアップは必要ですね!(まだまだ諦めてはいませんよ!)

そして受験生活もいよいよ佳境となりますね。
暑くなってきて何より体調管理が大変ですが、皆様、お体ご自愛なさって下さいませ。
ではでは、また。

maropan3 at 22:56 

May 13, 2016

見〜ちゃった…(ニヤリ)

職場の後輩が、今年の社労士試験の募集要項を見ているところを…

皆様こんにちは
上記後輩の姿を目撃し、すかさず近寄って聞いてみました
「受けるの〜??どうよ〜」「イヤイヤ〜、どんなもんかなあって見てるだけですよ〜
(…いや、絶対今年受けるでしょ、アナタ(私の心の声)。だって私も受験経験者だったもの、わかるわかる(苦笑))
なんて心でバンバンツッコミながら、頑張ってね!エールを送って勝手に去ってきました(笑)。


5月も半ばですから、もう基本の履修科目はひととおり終わった頃ですね。
中間模試が射程圏内に入ってきて、模試までどう予定を立てようかとか、そういった時期なんだろうな… なんて、戦線離脱した者として少し寂しく思ったりしています。
GW中に単科講座が終わっているところも多いようですが、今年は法改正がとても多いですね。
法改正が多いので、=私の仕事も多くなりました。この春先は思ったより行政不服審査法の影響があったので、ここら辺って試験に出るのかなあなんて思ったりもしていました。

受験生の皆様、これからが本番です。頑張って下さいね。

maropan3 at 16:17 

April 24, 2016

言うは易し 行うは難し

九州地区の地震で被害にあわれた方々、お見舞い申し上げます。
過去の震災と比べる例がないような余震など、遠く関東からでも事の甚大さが伺えます。
日々の暮らしに困るような事態になっていることは容易に想像できます。もっと自分に何ができるのかなあと思いながらも、毎日続く報道を見ています。
自然の驚異が早く治まると同時に、何より、これ以上大切な命が失われないことを祈っています。



さてさて。
私が今の職場に勤務しはじめて、6年半になります。
色々彷徨って今は公共機関に勤務していますが、こんなに役所って法律に雁字搦めなんだと思うことが未だに沢山あります。

中でも、法律がわからないために、問いへの返答に時間がかかってしまうケースが、実は多々あります。
例えば会社での労働問題をもちかけられても、ひとつの法律での概念だけ説明すればよいとは言えず、社労士受験でも勉強する多くの法律や、もっと浅く広くという意味では、民法・租税法までからんでくるケースがあったりするわけで、そこで多くの時間がとられることがあったりします。
私たち公共機関の者は法律家ではないので、あらゆる法律を万遍なく・正確に網羅しているわけではありません。しかしセーフティネットに近い形で役所が存在している以上、法律以外のことを行使したり、間違った条文解釈で説明してはならず(間違えた後「ごめんなさい」と頭を下げれば済む立場ではない ←ここが私が今の職場に来て非常に驚いたところ)、そういう常に崖っぷちの状態で更に無責任に相手に説明できない立場から、簡単であろうと思われるものでも解答に時間がかかってしまう…ということを日々繰り返しています。遅くなって申し訳ない…と思いながらも…です。

そういう感じで毎日いると、今社労士受験を中断していますが、また再開するまでに何か勉強しておかなきゃなあと思うわけです。
他の資格取得を考えたり、別の方法もないかと考えたり…
私はもう若くはないので(汗)、正直言うと、今後の人生で役に立たないであろう勉強はしたくありません(役にたたない勉強などない、と怒られそうですが)。
なので、今年くらいで、今後どうするか色々探し当てていかなきゃなあと思っています。

(こんなこと、もうちょっと若いうちに(20代くらいが理想)気づいておけばよかったんですよね。
まあこれも私らしい??ですよね(苦笑))

maropan3 at 20:17 

March 17, 2016

後輩の栄転に思う

皆様こんにちは〜
しかし今日は本当に温かいですね〜。しかし花粉がバンバン飛んでる気配が
そんなにひどくはない花粉症持ちの私でも、今日はちょっと頭が痛いですね。重篤な症状の方はきっともっと辛いと思います…。お大事になさってくださいね。

さて、春といえば入社・退社の季節。
そんな中私の部署でも、3月末で退職するとのことで、後輩から正式な挨拶がありました。
実は勤務しながらずっと勉強をしていて、某試験を受験し合格、4月からそちらの採用に至ったということでした。
その報告は私たちにとってはとっても嬉しい出来事でした。なので皆退職云々そっちのけで大喜びでした。

しかし家に帰りハッと我に返る私…。

後輩は、私とちょうど同じ時期に勉強をしていたはずなのです。しかも業務とは関係ないものを複数科目。
それにあの時期の仕事量はかなり多く、毎日が大残業。家に帰ってももうヘトヘトだったはずなのです。
でも後輩は合格、私は不合格(同じ試験ではないですが)。

  → さて、私は何をしていたのだ??(自分に怒)


H27本試験から早7か月経とうとしています。結果、勉強をしていてもしていなくても、時間はあっと言う間に過ぎるのです。それも同じようにです。
私は社労士試験は今年は受験しません。正直来年もどうかわかりません。でもまだあきらめた訳ではないので、いつか受験はします(そこは確定)。
なのでこれから、少しお休みしている時間も、有効に時間を使おうと考えています。
社労士の勉強に近からず遠からずのところで(幸い私は仕事柄受験に近い部分にはいるので)、将来なんらかの役に立つ勉強が何かできればなあと思います。…まだぼんやり程度でしか考えてないのですが。
そう思ったらなんだかウキウキしてきます。ちょっとゲンキンですが、キーキー時間がないと文句をいいながら勉強するくらいの方が、私には向いているのかもしれません。

maropan3 at 17:09 

March 11, 2016

追悼 3.11

ここ数日気候は完全に冬へと逆戻りしました。今日は3月11日。5年前のあの震災の日も、確か同じように寒い日だったように記憶しています。せめてもの哀悼の意を示したく、2時46分から1分間黙とうをさせて頂きました。

家の中の修理を大工さんにお願いしている都合で、今更ながら『夏休み』を取得(取ってなかったんですよ…)、昨日から自宅に籠っています。
そんなわけで色々家具を動かしたところ、あの計画停電のスケジュール表を発見しました。
計画停電…体験された方はよく覚えていることでしょう。朝6時20分から夜10時まで、1日5グループづつにわけられ地域輪番制で行われた、あの停電です。そのグループ表がぽつんと出てきたのです。
あれから5年経ちましたが、ポイっとカンタンに捨てることは出来ませんでした。新聞の切れはしなので傷んではいるのですが、どうにも捨てる気にはなれませんでした。むしろ、捨ててはいけないような気がしたのです…上手に気持ちがいい表せずもどかしいのですが…。

しかしそう萎える気持ちばかりでなく、強制的に何度も停電させられたお蔭で、節電・エネルギーの意識・防災への心構えがかなり向上したのは確かです。
それは単に私個人だけでなく、市民全体の意識の向上と感じています。
節電の例ですと、私の職場では電球は未だに間引きされたままですし、あれから月間の対前年比の電力消費量のチェックも厳しく行われています。それは公共機関だけではなく、地域のスーパーもそうですし、コンビニもしかりです。
慣れとはすごいもので、多少暗くても文句など全く出てこないです。というか、それがもう当たり前だからです。信号や街灯すら灯らない寒くて真っ暗闇の夜を経験したら、電気があるだけ有り難いからです。文句を言おうとすらもはや思わないです。
なので(余談ですが)、たまに行く夜の東京がなんと明るくまぶしいことか…。 エネルギー削減を声高に叫ぶのであれば、「都心部ほど計画停電を経験するべきじゃなかったのか?!」と未だに思うくらいです。(暴言すみません)

話は逸れましたが、震災で苦しんでいる方は未だに沢山いらっしゃいます。
当事者でしかわからない部分には、私たちは少しの部分(あるいは気持ちの部分)しか寄り添えることができないですが(表現が冷たくてすみません)、その代り、私たちが震災から得たものは確かな教訓にして今後に役立てていかなければと思います。微力ながらもそういった意識を持つことも、震災を忘れないことの一つになるからです。
あの日、震源地から遠くも、わずか数か月間で滅多にない体験(大げさではない)を沢山しました。普通の生活に戻った今もそれは忘れることができない貴重な体験です。今の状態を当たり前と思わず、またいつ何かが襲ってくるやもしれないことを心の片隅におきながら、生活しなければと思います。

maropan3 at 16:55 
Profile
Recent Comments
Access




  • ライブドアブログ