June 23, 2018

お久しぶりですが、諸事情につき…

皆様、またまたお久しぶりとなってしまい申し訳ございません。
前回も記載いたしましたが、引き続きプライベートでごたごたしており、仕事はともかく(これがないと生きてゆけぬ…)、私生活では勉強どころではなくなってしまいました。今年いっぱいでなんとか収集つけたいところですが、私一人の問題ではないため何ともいえないところです。
なので、学校も、近々休学届を出そうかなと思っているところです。まさか1年でお休みの事態になるとは思わなかったのですが、勉強の意欲はまだまだあるので、少し落ち着いてからまた再開したいなと考えています。

このブログですが、そんなわけで、またさらに更新が滞ると思われます。
変わらず訪れて下さる方がいらっしゃる中で、本当に申し訳なく思っています。のっぴきならない事情ということで、まずはご理解頂けたら幸いです。


maropan3 at 20:38 

May 10, 2018

大変お久しぶりです!

皆様こんにちは。
お久しぶりもお久しぶり、まだブログ背景がホワイトデーだったなんて…さすがの私もびっくり仰天ですさっそく変えさせていただきました

実はこの2月下旬より色々ゴタゴタしており、ただ生活していくだけの毎日が続き、精神的余裕が全くありませんでした。それは突如降って湧いた出来事で、私には衝撃の出来事でした。

しばらくそういう生活の状態が続いたため、正直、勉強は全く進んでいません。否、進む進まない以前の問題で、勉強する余裕が無かったといった方が正解かもしれません。
履修して新しい教科書が届き、さてどのスクーリングへ行こうか、夏はどうしようかとわくわくしながら考えていました。しかしこの3か月勉学に触れていなかったため、それは完全に計画倒れとなってしまいました(既に前半の受講申し込みを締め切っているところが多い)…
まあ仕方がなかったのですけど… 勉強は完全に私の個人的事情であり、余暇で楽しんでいるものですから…

まあ色々文句もありますが、言ったところで今更前半部分の取り返しはつきません。
事態の収拾はまだついていないのですが、幸い少し落着いてきたところですので、またぼちぼち(本当に少しづつですが)テキストを開くところからはじめていきたいと思います。


それにしても… 人生本当にいつ何が起こるかわからないものですね。
余談ですが… 今回の身の回りに起こった出来事で痛感したのは、自分に稼げる力(能力云々ではなく生活力のこと)がある事はやはり最大の戦力になる、ということでした。
丸裸の40代が突然焼け野原に出されたとしたら…さあどうしよう?! …もう考えただけで身震いがしてきます。ああ、仕事していて本当によかった!私バンザイ!! 今回は心底そう思った次第です。
まさしく備えあって憂いなし。色々ある職場ですが(苦笑)、仕事もまだまだ頑張っていきたいと思います。


詳しい事情はここまでしか書けませんが、また色々やり始めたいと思います。
本当にたまにしか更新できませんが、来て下さる方、感謝感謝です

maropan3 at 18:46トークいろいろ 

March 10, 2018

4年次履修登録しました

なんだか急に暖かくなってきましたね(なのであわててブログ背景を変えてみました・笑)。つい先日まで各所で大雪が降っていたとは思えないほどです。周囲では花粉症の話を聞くようになってきました。春は春でまた色々大変です。

さて。
もたもたしている間に4年次の履修登録が始まりました。3年次編入だと1年でどれをやるかという選択ではなく、必要単位を登録するための履修登録となってしまいます(とりあえず登録しておけば履修は後でもいいため)。
今年の履修登録で大きく変わったことといえば、卒業論文が選択制になったことです。選択制になったことで、必要単位をすべて満たした段階で自動的に卒業となってしまうシステムになりました(もちろん卒論重視で計画することは可能です)。
去年の履修では必須科目だったため、私は最後の卒論からある意味逆引きの形で履修登録をしていきました。これが今年から卒論が外れたことによって、履修計画が大幅に変わることとなりました。
私の場合色々な法律が学びたいという目的で入学しているため、卒論はなくても全く問題はありません(これについては異論反論あると思いますが…)。なので、選択制になったのなら「無し」を選択して、その単位分他の法律を学ぶ方を選びました。
実は卒論は8単位もあったため、他の科目で満たすのであれば最低4科目がプラスされることとなります。
考えてみたら、通信で4科目って結構大変ですよねぇ…汗 
1年目で色々失敗して2年で卒業はできない換算になったので、2年目は今から計画して今年より「は」頑張っていこうと思います。

maropan3 at 20:11履修/準備 

February 18, 2018

まだまだ春は遠く

皆様こんにちは。
私のブログは更新スパンが長いため(スミマセン…)ともすると更新時のブログ背景がトンチンカンになりがちなのですが、今年はまだまだ現背景で違和感がない感じです。早く暖かくなるといいですね。

さてわたくしですが、仕事はじめあたりから微妙な風邪をひき→そのままインフルエンザにかかり→咳だけが残り咳喘息に悪化。今も吸入薬で治療中とイマイチな体調の毎日を送っています。
確か去年も今頃、微妙な風邪を引き金に咳喘息になりました。年齢のせいもあると思いますが、最近は回復力が格段に落ちているように感じています。色々気を付けないといけないなと思います。

1月よりずっと体調が良くないため、とにかくよく眠ることを優先していました。なので、期末もあり勉強は中断中です。ここまで来たら一旦リセットして、まずは残っているレポートの再提出を優先に、新学期を迎えたいと思います。
(何はともあれ、来年の授業料は振込いたしました! 金80,000円なり〜 汗)


下火になってきたとはいえ、まだまだインフルエンザが流行中です。私も未だにどこでかかったのかわからないままです(私の家族も、職場でもご家族様ふくめ、誰も罹患していない)。皆様も、手洗い・うがい・体力保持に努めて、温かくしておすごしくださいませ。
(コメントを寄せて下さった方、お大事になさってください)
ではでは。
近況だけですが、これにて〜




maropan3 at 20:55トークいろいろ 

February 02, 2018

年金は水物、だ!

みなさまこんにちは。
毎日毎日、報道は極寒日本列島の話題が中心ですね。それにしても今年はちょっと異常です。
そしてインフルエンザも猛威をふるっていますが… これもまさしく、どこで誰がかかってもおかしくない状態です。皆様もお体ご自愛なさってくださいね。

さて。寒い中家にいると必然的にネットに目がいくわけですが…
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6270139

今週初めくらいに某コメント数ランキングで上位にあがっていた記事です。結構世のみなさんは気にされていたようですね。
色々コメントされたものを話半分で見ていますが(ネットで書かれているものは意見であって事実ではない。これはいろいろな記事に共通ですが)、気になったものもいくつかありました。

そのひとつが、『何年か前に相談に行った時と話が違う』という怒り半分(おそらく)の投稿です。過去の年金記事にも似たような投稿があり、私にはこれがとても気になりました。

年金の怖いところは、法律自体が「水物」だということです。
ここでいうと社労士受験生や関係者の方が一番よくご存じかと思いますが、年金は毎年毎年少しづつ法改正がなされています。今現行の法律が5年後も同じかといったら、答えは『NO』なわけです。(ゆえに受験教材だって毎年大幅改定されます)
例えば国年の納付で言うと、最近まで後納制度は10年期間がありました。が、今はそれも5年です。そしてこれも今年秋までの時限期間となっています。
そして免除もまたしかり、です。
結構最近まで免除は法定免除・全額免除くらいしかなく、学特(学生納付特例)はあっても今より免除対象のハードルが高いものでした。でも今は(一部の)学校でも申請ができるようになりましたし、多段階免除も増え(半免とか1/4免とか)、さらに若年者猶予(もはや50歳まで若年対象)、失業すれば特例免除もあります。
なので、こういう色々なバリエーションが出来ている昨今、相談しようにも、どのタイミングで・どういう相談か?によってアドバイスが変わってきてしまうことが考えられるのです。
年金の相談は、ごく短いスパンでの(極端に言えば「今現時点での」)アドバイスになっている、と思っていた方がトラブルはないと思われます。一度された相談の有効期限は「永遠」ではないのです。
(全く同様の未納条件の2人が同じタイミングで同じ相談をして片や違うアドバイスを受けたのであれば、そこは問題として良いと思いますが)


ネットで色々コメントを見る度、昔講義で井出先生(IDE社労士塾長)が “日本人は自分で学習して知ろうという姿勢に欠けている。教えてくれなかったという受動的な人が多すぎる” という内容のコメントを思い出します。
他人のコメントひとつとっても、色々考えさせられる今日このごろでした。



maropan3 at 15:28コメント(0)トークいろいろ 

January 08, 2018

1年目学費・経費総括(3年次編入)

さて突然ですが、忘備録です。
私が大学の通信教育部に入学して早9か月が経ちました。
ここで、2017年度(今年度)の学習にかかった学費・経費を記したいと思います。(まだ3月まで今年度がありますが、私はもうスクーリングがないので、これ以上のお金はかかりません)

☆受験関係(願書代・証明写真・戸籍抄本・卒業大学の証明2通・手数料・送料)
3,320円
☆初年度学費(手数料・送料込)
111,314円

☆追加授業料(スクーリング代・手数料込)
31,810円

☆教科書代(履修登録科目のみ・手数料込)
14,540円

☆六法など辞典代
9,837円

☆他学習用書籍代
1,7402円

☆スクーリング交通費
8,480円

★夏季スクーリング3日分(授業料を除く、宿泊費・交通費・食費など3日間の費用)
45,262円

1年間合計 = 241,965円

大体1年目は想像通り…でした。(でももっと根詰めて勉強すべきだったので、そしたら、その分まだまだ経費が掛かりましたね・汗)確か社労士の勉強をしていた時も、なんだかんだで同じくらいかかっていたと思うので、そんなに驚く金額ではありませんでした。
1か月だとだいたい2万円前後ですね。でも、勉強でなくて他にジムに行ったり習い事をしたりしても、これくらい使うのではないでしょうか?どこに価値を置くかによりますが、私の中ではこれは決して高い金額ではありません。でも安いというわけでもないので、いずれ何かの実になるようにしたいですね!


maropan3 at 20:12学費・経費 

January 07, 2018

あけました!2018年

皆様新年あけましておめでとうございます!
つたないブログですが、本年もよろしくお願いいたします☆

今年の正月休みは取っていなかった夏休みと合体させたため、大型連休となりました。どこか行こう!と思ったのですが家族が風邪をこじらせ(病院も開いてないし…)、続いて私も風邪をひいてしまいました。結果自分の実家以外はずっと家にいたのですが、まあ、家でのんびりまったり〜…そんな正月もいいものでした。

それでも5日に一日だけ職場に行きました。年末消化しきれなかった仕事がてんこ盛りで、早く帰るつもりがまたもや大残業でした。一気に現実に引き戻された感じがしました…(汗)。
そんなこんなで、この職場も早9年目に突入となりました(だんだんベテラン域に近づいた自分が怖い)。今年も変わらず厳しい職場環境ですが、自分の糧になると信じてコツコツやっていこうと思っています。

勉強ももちろん!こなしていきたいです。学習するのに何冊も書籍を買えないので、私は2つの公立図書館を併用しています。一旦借りたら勉強スケジュールも返却期間との闘いとなります。スクーリングなども今年は多目に計画していきたいと思います。(何はともあれ、3月まではレポートに専念!とします)

皆様の今年の目標は何でしょうか?
何をするにも体が資本です!皆様の健康とご多幸をお祈り申し上げます☆




maropan3 at 20:41トークいろいろ 

December 29, 2017

だってやるしかないのだ!2017年反省会

皆様こんにちは。
師走とはよく言ったもので、早いもので今年もあとわずか。2018年、新しい年がやってきます。皆様のこの1年はどのような1年だったでしょうか?

さて2017年。私の2017年は職場に振り回された1年でした。
一体何が悪いのかよくわかりませんが、事務所全体で次々と問題が起こり、メチャクチャな1年となってしまいました。(うちの事務所への異動を拒否する人が出るくらい悪いです…)
原因は色々あると思うのですが、根本的なところは『自分さえよければ』『使えるものを使って何が悪い』『都合が悪いものには蓋(または「逃げてしまえ」)』という人が多数存在したところにあると私は考えます。
何でしょうね… 広い意味でその行為が合法的だと、逆にそれはダメだとか言うことが出来ない事ってありますよね。でも仕事は一人でしているものではありませんから、自分が離脱した時に他の人が困らないか?を考えることも重要なのではないかと思うのです(自分が嫌なことでもそれが仕事であり、それでお金を貰っているのですから)。
でもそれを声高に言うと、〇〇ハラスメントだとか言われるご時世でもあります。じゃあ残った人が結局頑張るしかないのか?などど前向きに思ってみたりもしますが、心が狭い私はそれに理不尽さを感じるのですよね…(正直皆にもっと頑張るか!なんてとても言えないです)。
そんな感じだったからか、前回検診で何も無かった胃にポリープが10個も出来てしまいました(苦笑・良性ですのでご心配なく)。振り返れば今年はちょっとしんどかったのかもしれません…。でも辞めようとは微塵も思っていないので、理不尽もまた勉強・明けない夜はない!と希望を持ちながら、2018年もつき進んでいこうと思います。

忙しさに感けてすっかりおざなりですが、私は一応大学生でもあります(笑)。
11月の認定試験でコケて(予定をキャンセルしてまで臨んだつもりが…)以来、勉強ペースも立て直しを迫られ、現在色々保留中です。1月からはしばらくレポートに専念するようにして、各スクーリングは新学期からまたチャレンジしようと考えています。
社労士受験生の時もそうだったのですが、時々、「やりたいことがまだある」事が嬉しく思ったりします。結果が伴わず思うところに全く向かえていない私ですが、最終的に思うゴールにたどり着ければと思います。


あまり更新のないブログですが、定期的に訪れて下さる方、本当にありがとうございます。また、時折コメントを入れて下さる方、ありがとうございます。
皆様良いお年を!来年もよろしくお願いいたします!

maropan3 at 17:32トークいろいろ 

December 14, 2017

色々な人がいます…

皆様大変お久しぶりでございます!
前回の記事が合格発表でしたね…(もう12月も半ばですけど)。 なんと、20日あまりでお正月なんですね(汗)!
そして世間では風邪やらウイルスやら色々病気が流行っていますが、皆様、体調は大丈夫でしょうか。 


さてさて唐突ですが。
私が社会人になって結構な年月が経ちますが、年々、自分の中の常識とかけ離れた行動をする方々が増えているように感じています。
何が?というと。 例えば、ですが…

※具体的に事例は書けないので、「ファミレスで飲食する」の体で説明させていただきます。

まず、料理を注文します。その時、自分が後々幾ら払うことになるのかは、大体想像ができていると思います。
そして1度注文を終えたあと、更に追加注文をしたとします。当然ですが、当初の想像よりも多い金額で、最終的な金額は請求されきます(レシートが2枚になったります)。
普通に考えれば、追加で注文をしたのだから、当初よりも高い金額になってもその代金は支払うのが当然と思われます(実際食べているわけだし)。
ところが、「そうではない」考えの方々もいらっしゃるのです。
その理屈はこうです ↓
「そもそも、追加注文した時点で、最初の注文以上にお金がかかることを説明されていない」

また、こういうこともあります。

最初に注文を終えたあと「別のメニューに変更したい」と申し出があったため、最初のメニューはキャンセルし、新しい注文のメニューに切り替えました。
そして新しいメニューのものが運ばれた途端、その方はものすごい剣幕でお怒りになられました。
その理屈はこうです ↓
「最初のメニューについていた添え物が食べられなくなった。キャンセルをした時、それが食べられなくなることを説明してもらっていない」


最近、こういった方々の怒りの深層部分が、従来と違うように感じています。
今や「お金がないから払いたくない」という単純な理由ではなく(現に払うだけの分は持っている)、当人の気持ちの問題というか、奥底に持っていて吐き出せない不満とか、そういったものがあるきっかけで爆発しているのではないかと思います。
「上長を呼べ」「始末書を書け」と公衆の面前で怒鳴りちらすケースも多々あるのですが、多分それでも、ご本人の気持ちは心底晴れていないのではないか?と思ったりもします(例え相手が言うことを聞いたとしても…)。
波風立てないようにするのが良しとする風潮の世の中ですが、人の気持ちも、何だか難しいことになってきているように思う今日この頃です。


さてまあそんな感じで(?)、日々色々な方と対面しながら仕事をしております。
今年もあとわずか。これから年末年始に向かいますが、毎日が勉強と思いながら過ごしていきたいと思います。
それでは、また。皆様も体調管理には気を付けてお過ごしください。



maropan3 at 17:16トークいろいろ 

November 12, 2017

社労士試験合格発表がありました

皆様お久しぶりでございます

今年も社労士試験の合格発表日がやってまいりました。
今年の合格率は6.4%とのこと。
合格された方、おめでとうございます。



…さて… ここからは落ちこぼれ受験生のたわごとです…
(注意:愚痴が嫌いな人は飛ばしてください)



昨年よりは高く「は」なりましたが、難関試験であることには変わりがないようですね。
比較するのはかなりお門違いとは思いますが(あえて言いますが)、かの司法試験でさえ、確か20%越えくらいの合格率があったと思うのです。色々国家試験はあると思いますが、社労士試験の合格率の低さの理由は謎のままです。
また、毎度毎度繰り返される、合格者数ありき・その補正中心と思われるような救済措置… 1年間膨大な科目量を勉強している受験生を翻弄しっぱなしです。これも異論反論が多い中、全く改善されていませんよね。

私は受験を離れてしまいましたが、それでも、社労士試験とは何だろう?どこに向かっているのだろう??と不思議に思ってしまいます。
私が仕事をしている中で、社労士さんがいることでワンクッション置かれ、仕事が円滑に進むというケースが多々あります。特に問題が起こったり(その前兆だったり)すると、社労士さんの力というのは結構大きいと感じています。中には労務問題で社労士以外の士業の方々が出てくるケースもありますが、やはり餅は餅屋です。はっきり言って全然違います。また今は労働問題等も各種ありますから、その需要は年々高まってきているのは確かと思います。
そういう意味でも、社労士になりたい!即その資格を使いたい!と思っている人にもっと門戸を開くべきでは?と思うのです。そこのところは考慮されないのでしょうかね…??
(そして今年もまた労一で色々あったようですが…。毎年労一で不合格になる私としては、今また受験しようという気にはとてもなれないです)

まあ色々偉そうに書きましたが… 来年も私は受験はいたしません。
それより大学の単位取得スケジュールが大幅に狂ってしまって、計画の見直しを迫られている状況…とても社労士受験まで手がまわらないというのが現状です。
私はただ大人しく、今目の前にあるものをコツコツやっていくのみです。

それでは、また。
更新スパンが長く不定期なブログですが、お越しいただきありがとうございました。



maropan3 at 08:32トークいろいろ 
Profile

panko-maru

Recent Comments
Access




  • ライブドアブログ