BRIDGE ~石井希尚(MARRE)の歴史/時事ネタブログ

右でも左でもないど真ん中 世界に広げよう日本のこころ

11月2日、エチオピア最後の皇帝ハイレ・セラシエ1世の戴冠式の記念日。 
皇帝の業績を継承するための非営利団体「皇帝ハイレ・セラシエ・メモリアル・アソシエーション」から招待をうけ彼らのオフィスを訪問した。
images

皇帝の直系子孫にお会いしたいと、大使館経由で依頼していたものが実現したのだ。
大使館からも、お世話になっている担当官が同席してくれた。
会議室に通され、そこで彼らから、アソシエイションについての説明を受けた。
しばらくすると、皇帝の直径のお孫さんの一人でアソシエイションの理事の方がお見えになった。
Lig Mikeale Mengesha Seyumというお名前だ。
三笠宮殿下に似ていて気品がある。(下の写真の右。左は従兄弟)
IMG_1613
IMG_1625
皇帝の隣に写っているのが本人


今上陛下が皇太子だった頃、ハネムーンで訪れた地がこのエチオピアだったのだが、そのとき、皇太子夫妻をご案内したのが彼のご両親であった。
その時の写真も残っている。
我々が大使館で見た写真に写っていたのだ。
「あ、この皇太子の隣のこの人、私の父ですよ!」と。
未だにご存命だそうだ。
S__13426696

日本大使館に飾ってあるこの写真の左の人物が、彼の父親だ。



●エチオピア皇帝を感動させた日本
皇帝は1923年、皇太子の頃に初めて来日した。
そして、伝統を残しつつ近代化を成し遂げた日本に感動し、未だ近代化を成し遂げていない自国の発展のためのモデルこそ日本であると確信した。
 
多部族が混在するエチオピアを統一し発展の礎を築いたハイレ・セラシエ一世は、日本にならい、当時の大日本帝國憲法元に、自国の憲法を定したのだ。
そして教育こそが大事なのだと、日本式の教育を取り入れ、エチオピエアを発展させた。
エチオピアは、アフリカで唯一ヨーロッパの植民地にならなかった国だ。
一時期、イタリアの侵攻を許したが、彼らはエチオピア人の誇りを盾に戦いを挑み、見事イタリヤを打ち負かし、独立を維持したのだ。

その背後に日本があった。
ハイレ・セラシエ皇帝が日本を訪れ、日本をその目で見たいと思ったのは、日本が当時有色人種の星だったからだ。
それは日露戦争での日本の勝利である。
dfed3b15b6da923e7fc5f9dd409fd694
 

●消滅したエチオピア王統
だが、専制君主制の国の矛盾が国内では貧富の格差や経済の低迷というマイナス要因を生み出し、最終堤には軍事クーデターにより1974年崩壊した。
日本のようにはならなかったのだ。 
皇帝は捕らえられ、一族はいな処刑された。
古代イスラエルのソロモン王とシバの女王から3000年間、脈々と受け継がれてきた世界最古の王統は消滅した。



●末裔たちの今
しかし、三笠宮殿下に似ている彼は、当時20代でカナダに留学していたので難を逃れた。
しばらくすると、彼の従兄が現れた。
Leauel Bedemaryam Mekonen Hailselasaというお名前だ。
Wabishebele Hotelというホテルを経営している。
(上から2つ目の写真左)

彼は軍事クーデターが起こったとき17歳だった。
そしてそのなんと15年も投獄されていたのだ。
ロイヤルファミリーだということで特別扱いもされず、死刑囚たちと同じ部屋にいれられ、いつ殺されるかわからない恐怖を15年間耐え続けた。

「神を信じる信仰だけが支えだった。それによって乗り越えたのだ」

彼は真顔でそういう。
この国で信仰は重要なものだと。
協会オフィスと、彼の経営しているホテルで、3時間近くかなり濃密で深い話をさせていただいた。
 

●国づくりに命をかける使命
彼らは二人は熱く国づくりについて語ってくれる。
ひどい目にあっても今も国づくりのために一生懸命だ。
彼らは教育こそが命だとという皇帝の意思をついで、奨学金制度をつくりエチオピアの20校以上の大学と共同でプロジェクトを進めている。
軍事クーデターから時間もたっているし、今は民主的な政権が誕生したことで、以前よりも、皇帝の業績を語ることができるようになってきたという。
彼らは教育によって、在りし日の皇帝の素晴らしさを継承していくために命をかけている。
日本ではまだ彼らを支援する団体がいない。
そんなこともあって、彼らは我々に大きな期待をかけているのがわかった。

印象的だったのは、彼らは決して政治的に政権に返り咲こうとか、権力を手にしようなどと思っていないということだ。
日本大使館の職員によれば「公には発言できない」ということなのだろう。

彼らは自分たちの活動は政治とは関係ないと強調する。
エチオピアの未来にとって大切なのは人材であり教育なのだと力説し、貧しい子供たちは教育を受けられない人たちを無くしていくことがこの国の未来だと訴える。
三笠宮殿下にそっくりな風貌から語られる言葉を聞きながら、まるで日本の皇族の方とお話しさせていただいているような感動があった。

彼らは現政権を刺激しすぎないように地道に活動を展開し続けてきた。
皇帝を知らない世代が75%の今、自国の正しい歴史を正確に伝えていくことが求められているのだと。
彼らの活動は、戦後の教育によって全否定されてしまった戦前の価値観の良いものは正しく継承していくべきだと思い、エンターテイメントによって発信している我々の活動と志を同じくするとい点で、非常に深い一致を見た。
IMG_1643
 

●エチオピアで輝く日本皇室の心
権力とはかけなれたたころで、かつて自分の家族がきづいてきた国を愛し、一民間人として国のために建設的なビジョンを持ち、政治権力の座にかえりつこううと努力するのではなく、教育事業に一命を賭している姿をみて、日本の政治家たち皆が彼に学ぶべきだと思った。
いや政治家だけではない。我々民間人がどういう心で何をなすげきかを、かつては王族であったのに、今や民間人の立場で、民間人にできることをその身を持って模範として示してくれている姿に深く感銘した。

彼らは言う。
「日本とエチオピアの関係は100年近く前から良好だった。その関係を決して衰退させてはいけない。我々が正しく歴史を継承することによって、両国の友好関係を不動のものとしていきたい」

彼の思いは今はなき皇帝の意思を継承することだ。
皇帝は教育こそ命であると確信していた。
それは伝統を失うことなく近代化を成し遂げる鍵なのだと。
そのモデルは日本だ。
皇帝の意思は、今、彼らの働きに継承されている。
それは、皇帝を感銘させた日本を継承していくことでもある。
我々は「ぜひともに手を携えていきましょう」と熱い握手を交わし合った。







    このエントリーをはてなブックマークに追加

10月29日(日)~30日(月)
一年半前から準備してきたHEAVENESE エチオピアツアー!
いよよ始まりました。
外務省後援による民間音楽外交です!
 
22885765_1499018356812367_4722543455045846241_n
エチオピアツアーが後援いてくれているので専用カウンターを用意してくれて一座での団体チェックイン。
なんといっても、エチオピアでは揃わない機材があるので、これだけ大量に持ち込むのは初めてのこと。
3日後に出発の後発隊は、太鼓を10台もってきます!

S__27214033
 
アディスアベバ国際空港では、ナショナルテアトルのダンサーが踊りで迎えてくれました。
22894286_10213930534648285_6932545775595896441_n

首都アディダス・アベバ市内を走ると、前から聞いていたとおり、強烈な排気ガス。車検がないんだろうね。
黒煙を吐き出す車が、ブイブイはいっていて、その中に顔をつっこんでる状態ですからね。
気分が悪くなるのと目が痛くてたまらない感じです。
マスクをつけていても砂埃喉がいたくなってきます。
特に喉が弱いので。これは予想以上でした。

高いマンションのようなものが乱立しているので、建設ラッシュのようにも見えるのですが、壊しているようにも見えるし、工事をしている気配もないので、工事は止まっているのかなと想像したりしています。
建築はほぼすべて中国企業ですね。

でも、とにかく作りかけのものが多し、足場は木製で、今にもくずれそうですが、地震がないので大丈夫ということです。

そうかと思うと、いたるところにトタンのバラックが立ち並んでいます。
商店なのだけれども、難民キャンプのようにも見えます。
まるで写真やドラマでみる終戦後の闇市の様相を呈しています。。
車の通りは多く8割がトヨタだが、車検がないのでしょう。
オンボロで黒煙を吐き出している車ばかりです。
だからとにかく排気ガスがひどい。
その中を、窓をあけて走るからとにかく臭いがひどい。

道路は混乱状態で、人が中央分離帯に座っていたり、
車がいても平気で間をすりぬけて反対側に渡ろうとしたり、信号もほとんどないので無法状態です。パトカーもみかけません。車線もありません。あってもかすかにみえるだけで意味がありません。

歩道の至ところに人が座っていて(車道にも)
何をしているのかわかりません。
いろんな方法で金を稼いでいる、ということですが、車を止めれば、子供が洗車は?と寄ってきます。
380849642_9dddc8b488_z
首都アディスアベバ_171031_0018
Addis_Abeba01_(Sam_Effron)

それにしても、もちろん、エチオピア敬意を表していうのですが、
なんというか日本の皆さんにはどういったら伝わるのか、という一言を考えると、復興途中の被災地、というような感じでしょうか。

瓦礫、ゴミ、壊れたビル(あるいは作っている)、あたりに座っている人々、
道なき道。
これがアフリカ最大の経済を誇る国なのかと圧倒されます。
ただ、異様にエネルギッシュです。

人についていえば、エチオピアにくれば、古き良き日本人に会えます。
カフェの店員の細やかな優しさ。
ああ、もてなしってこうでなければいけないよな。
そういう暖かさがあります。
誰もが親切です。
girl-647714_1920


    このエントリーをはてなブックマークに追加

東京へのEMP攻撃なら、北朝鮮は戦争に勝てるかもしれない
8月10日、こういうタイトルでアメリカの政治専門メディアが記事を掲載した。
書いたのは、Peter Pry博士
電磁パルスについての専門家である。
実はこれは、すでに何年も前から警告されてきたことでもある。
その危機が今、現実味を帯びてきている。ざっと訳してみた。
元記事を読む
電磁パルス攻撃
north_korea_kim_jong_un

北朝鮮は、核弾頭を装備したミサイルと、電磁パルス(EMP)攻撃を行うことのできる衛星を所有している。
EMP(電磁パルス)とは高高度核爆発(地上30キロメートル以上)によって生じる強力な電磁波のことで、地上での大破壊を招く爆発や、放射線による熱線を発生させない。
このためEMPは、政治的に使用が認められうる核攻撃であると多くの人々によって認識されている。
space-2302573_960_720
 
EMP自体は人体には無害で、電子系統だけを破壊する
しかしそれは、結果として電気や通信網、その他の人命を守る重要なインフラを破壊することになるので、直接的な町の破壊よりも、長期的にはるかに多くの人々を死に至らしめることができる。

北朝鮮は日本と韓国に対してEMP攻撃を実行することで、三つの外交政策上の目標を達成することができるであろう。
第一に南を吸収し統一すること。
第二に、第二次世界大戦の復讐。
そして第三に、北朝鮮の「大国」としての地位の確立である。


北朝鮮が韓国を征服するには日本との戦争は不可欠だ。
それは、日本が、韓国防衛を担うアメリカの同盟国であるからだ。
そのために「東京への復讐」は日本を攻撃する際のもっとも好都合な根拠である。 


キム・ジョンウンの戦略は、核兵器の脅威を沸騰させることで、韓国と日本に対する米国の安全保障上の力を無力化させ、米国とその同盟国を服従させることにある。

このシナリオでは、北朝鮮は、東京上空96キロメートルで核兵器を爆発させる。
EMP(電磁パルス)の範囲は首都東京から半径1,080キロメートルにわたり、本州のほとんどのエリアを網羅することとなる。

実質的に、日本の主要軍事基地と港湾はすべてEMP範囲となり、機能しなくなる。交通管制塔システムは破壊され、大規模停電が発生する。
このため航空機がクラッシュし、鉄道を含む交通は麻痺し、高速道路では停止した車が大渋滞を引き起こす。
通信システムは損傷をうけるか、あるいは破壊される。
airplane-1671967_1920

さらに悪いことに、日本の1億2600万人の人々は、生存の危機に直面することになる。
なぜならば、突如として水道水が停止したり、物流が麻痺することにより食糧の供給が停止するからだ。

EMPにより誘発された産業災害がいたるところで発生する。
ガスパイプラインが爆発し、都市や町に火災が発生する
製油所や化学プラントも爆発炎上し、有害な雲が空を覆い、有毒物質が流出する。

東京は、福島の経験から、全国的な大規模停電により、原子力発電所の原子炉が爆発し放射能による汚染が広がることを知っている。

EMP攻撃の結果として、日本の重要なインフラは麻痺し、韓国を援助するために米軍を輸送することができなくなる。
実際、日本の存立が危機にさらされると、東京は、さらなる北朝鮮のEMP攻撃を恐れ、日本から展開される米国による韓国支援のためのいかなる努力にも反対することになるだろう。


一方韓国のEMP範囲は、釜山の重要な港湾を含む国土の東半分を網羅する。
東海岸のすべての港湾、および東半分の全ての軍事基地および飛行場はEMPの影響下となる。

だが北朝鮮はEMPの範囲から外れる。
また、韓国の西側はEMPの影響範囲外となる。
首都ソウル、そしてソウルから南に向かって伸びている主要な道路(北挑戦にとって最善の侵攻ルート)などだ。

EMPの範囲に属さない米軍と韓国軍も通信障害や停電により麻痺状態に陥ることは明らかだ。EMP攻撃は、北朝鮮にとって、韓国征服の理想的な状況を作り出すことになるだろう。

そして北朝鮮の装甲車部隊と歩兵が、非武装中立地帯をぬけてソウルに向かい怒涛の侵攻を開始するのだ。

だがこのときに至って、米国の核ミサイルと爆撃が、北朝鮮の指導者が隠れているであろう地下施設や、核施設むかって火を吹くことになる。
そして、キム・ジョンウンは誤算に気づくことになるだろう。
米国は「見掛け倒し」ではないのだ。


だが、北朝鮮の最後のあがきは 超EMP弾頭をKMS-4衛星から米国にむけて発射することだ。
これにより米国も日本や韓国と同じような深刻なダメージを受ける。
航空機のクラッシュ、通信と交通停止。天然ガスのパイプラインの爆発。都市では暴風雨が発生する。 
firefighter-502775_1920
 
7日間で、米国の原子炉100基は福島化する。
一年後には、ほとんどのアメリカ人は餓死しているかもしれない。

この戦争によって、米国、日本、韓国、そして北朝鮮自身も、崩壊の危機に瀕することになる。
そして、勝者となるのはロシアと中国なのだ。
470747888
china-1184107_1920
 

大統領、米国の電力網防護を強化しEMP攻撃から守り、今こそ、北朝鮮の衛星を撃墜してくれ!
donald-trump-1757562_1920

Peter Vincent Pry博士。
EMP委員会委員長
下院外交委員会及びCIAにて奉職。
Dr-Peter-V-Pry-500x263



さて、この記事はもちろん、最悪のシナリオを描いているから、この通りにならないだろうし、この通りになってもらいたくもない。
けれども、重要なことは、専門家がこういう記事を寄稿し、それを大手政治メディアが報道しているという「アメリカの様子の変化」なんだな。

この記事をわざわざ僕に転送してくれたのは、アメリカの論客の一人で知日家のジャーナリストだ。
彼はトランプ政権の重要ポストにつく人々と親しく、トランプが大統領になる一年も前から、大統領就任を予言していた。

トランプ政権にはどのような人がいて、どういう行動原理でトランプが動いているかを熟知している彼は、アメリカが北朝鮮を挑発し、攻撃しないように世論を誘導するための記事を書いてくれている。
日本の味方だ。

さて、ものすごく大事なことは、メディアっていうのは、世論誘導の道具だってことさ。
あらゆる勢力がメディアを巧みに使って世論に働きかけている。
これは日本でも同じこと。

多くのアメリカ人は、北朝鮮問題なんてはっきり言って感心がなかった。
ところが、グアムという名前が出てきた瞬間に「あれ、やばいの?」と思い始めている。
その現れの一つがこの記事なんだよね。

トランプ大統領は、北朝鮮を攻撃しても「遠いところだから大丈夫」なんて言っている。

アメリカ人は、アメリカ本土が攻撃されることには絶えられない。
そういう可能性があるのだったら「先制攻撃してその芽を摘んでしまえ!」という世論は必ず高まっていくだろう。
そのとき、支持率回復を狙うトランプ大統領が、世論に後押しされて攻撃に出ないとは誰にも言えない。

今となっては、9.11だってブッシュ政権の自作自演だったということが分かっているし、大量破壊兵器なんてないのにイラクを攻撃したよね。
世界は一寸先は闇だ。
何が起こってもおかしくない。

この記事でもあるように、北朝鮮は「核保有国」としての国際的な地位を狙っている。
アメリカ本土を核弾頭で攻撃する能力を有すると、アメリカは北朝鮮の横暴に対して、口を出せなくなってしまう可能性が高まる。
今だって、カールビンソンを派遣したとはいえば、トランプ大統領お得意の口でなじる以外、具体的に踏み込んだ政策は一つも実行できていないだろ?

アメリカが軍事行動を起こすと、在韓や在日米軍基地が狙われる可能性があってアメリカの被害者が出るからだよ。
もちろん、多少の被害はしょうがない、ということで、本気で北朝鮮を叩けば、あっという間に勝負はつくといわれているよね。

でも、そんな簡単に自国民の被害を出すわけにはいかない。
だからアメリカもそんな簡単には動けない。
今はまだアメリカ本土にミサイル攻撃の可能性がないのに、この現実だよ。

ということは、もしアメリカ本土が北朝鮮の射程に入ってしまったららどうなるだろう。
アメリカとしては、今よりももっと足かせがかかって攻撃に踏み切れない。

そうすると、北朝鮮の横暴ぶりはますだろうね。
「ふふふ、俺様は偉いんだぞ」とキム将軍様が、やりたいほうだいやり始めるだろう。

北朝鮮にとって最大の目標の一つは「南北統一」だよ。
しかも、北が南を吸収するというのが彼らの狙いなわけだ。
つまり、北朝鮮はアメリカを攻撃したいんじゃなくて、朝鮮半島を支配したいわけ。
すると、韓国と日本と戦争をしないわけにはいかなくなる、というのがこの記事の趣旨だ。

その際、日本と韓国の後ろ盾こそが「アメリカ」なわけだ。
日本についていえば、日米安保条約があるから、アメリカは日本に対しての攻撃には「反撃」してくれるはずだ。

そう、はずだ。
でも、でもでもでもでも、ここがまずいところなんだけど、もしアメリカ本国が「狙われている」という段階になると、アメリカはさっきも言ったように、そう簡単に手出しをできなくなってくる。

つまり、日米同盟の「抑止力」が相対的に低下する!
というわけだ。
これこそ、北朝鮮の狙いだよ。

そうなったら、日本はアメリカ様の助けをあてにせず、自国を防衛しなければならない、という事態に直面するかもしれないわけ。

日本はこの間ずっと、前川問題や自衛隊の日報問題に終始している。
どうでもいいことのために時間をさいている暇はない。

9月16日(SAT)
外務省後援イベント!
唯一の音楽外交使節団による大和魂エデュテイメント「HEAVENESE BRIDGE」 
開場16:30
開演17:30
入場料¥3,500
Haneda Tiat Sky Hall (羽田空港第国際線ターミナル4F)
HEAVENESE Official Site

18700222_1362460673801470_6474287020271138734_n 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ