インテリメガネ

メガネをかけたら見た目偏差値ギャップが三国一の(褒めてます)中居正広をリー様と呼ぶ友の会

2016年12月31日を忘れない

 お久しぶりです。真麻と申します。
 このブログを動かすのも何年ぶりでしょうか。最後のエントリーがウィアスマの時で5年以上も前でした。あれから皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
 今日は2016年12月31日です。こんな日が来るとは思っていなかった、です。ちょうど一年前の2015年12月31日ですら思わなかったことです。
 このブログの去就をずっと保留にしたままだった私ですが、今日は書かなきゃいけない日かなと思って出てまいりました。

 思えば今年の1月に突然、解散報道が持ち上がりました。今までに何度もあったことです。本人でも公式発表でもない外部から言われる『解散疑惑』に、私たちは慣れているつもりでした。久しぶりに来たな、と最初は思ったものです。しかしいつからだったでしょうか「これはいつものアレとは違う」と感じ始めたのは。自分のツイッターのログを見る限り、1月13日の朝に報道があり、14日にはもう「いつもと違う何か」を感じていました。それがこんにちまで繋がって来てしまったわけです。

 SMAPは2016年12月31日をもって解散されます。
 一年間、私達がどうにか回避できないだろうかとあがいていた未来は来てしまいました。どうにかならないだろうかとその真っ暗な道で手探りで探してきましたが、8月14日になってすぐの深夜、解散という報道がなされました。
 1月から8月までと8月から今日まで、時間の長さは全然違うのに後のほうが私には長い時間に思えました。たぶん人生の中でも濃密にいろんなことを考えて頭を使ったからではないか、と思います。
 
 SMAPは過去を振り返らない人たちでした。結成10週年やデビュー10周年と節目の機会はありました。でも本人たちがそれをアニバーサリーだとはどこか捉えていないような気が、私はしていました。ライブ中であればささやかなセレモニーはありましたが、インタビューなどで自分から何かを言い出すことはそうなかったように記憶しています。
 お祝いしたいのに、という気持ちはファンとしてありました。何か記念になることをしたい、おめでとうと言わせて欲しいと思いましたが、特別な機会はなかったように思います。これは後に彼らが「これはずっと通過点なので区切ったり振り返ったりする必要はない」と考えていたからということがわかります。
 ずっとずっと新しいことに挑戦してそれを私たちに見せてくれ、次は何をしてくれるのだろうという期待に答え続けてくれました。いくつになっても新しい姿を、挑戦する姿勢を示してくれました。決して現状で満足せず次々にファンを驚かせ、いつかそれが世間へと波及し彼らは「国民的アイドル」になっていきました。
 私がファンになってから24年間、何度「SMAPは今が全盛期だ」と言われたことでしょうか。一番古い記憶は95年頃です。夢がMORIMORIが後期に入ってがんばりましょうがヒットした頃でしょうか。その時すでにアイドルとしては前例のないことを次々にしていました。
 全盛期というのはつまりピークで、あとは落ちていくだけということになりますがそうではなかったことは皆さんも承知のことでしょう。20年も前に「全盛期だ」と言われたアイドルがその後20年一歩も落ちずに一線にいるということがどれだけ異例のことだったのか。
 
 私がSMAPファンになったと自分で言えるのは、君は君だよの頃です。SMAPという名前は多少知られていてもまだまだ個人識別が世間に浸透しているとは言えませんでした。私は元々ジャニーズが好きだったのでSMAPの結成時から知ってはいましたが、まさかファンになるとは思っていませんでした。
 ジャニーズのアイドルは「子供のもの」でした。小中学生が○○君かっこいい! と言ってテレビの前で応援する、そんなものだと世間はおもっていたと思います。コンサートに行く大人のファンもいましたが、あまり大手を振って言える趣味ではなく、若い人たちはバンドか俳優のファンでいる人が多かったなと思える時代です。高校生になった私がアイドル雑誌を買うのもどこか恥ずかしくて、いずれ自分も興味がなくなるのだろうと思っていました。
 私は今もSMAPが特別なアイドルだったとは思っていません。好きになったのは全くの偶然で、特別だったからファンになったとは思いません。惹かれるものがあったから好きになった、どんなコンテンツでもファンになる過程は同じです。
 ただその後の展開が読めなかった。90年代後半になれば毎年のように独立解散だと騒がれて気持ちが揺れました。でも「そうだよな、いつかはそうなるよな、いつまでもいてくれるわけじゃない」と思ってましたし、すでに何年もファンにでいられたことが奇跡だったと思いました。
 現役で活動し続け20代半ばを超えたアイドルグループは居ない時代です。大人になると彼らは人生を見つめ直して違う道を行くというのは予想されたことです。ずっと同じ情熱を持ったままCDを出し続けるなんて到底できないはず。でもSMAPはそれをやってくれていた。
 90年代以降、正直言ってあぶなかったことは何度かあったと思います。それこそ今よりももっと「不仲」である状態があったんじゃないかと、感じるものはありました。若く血気盛んであるというのもあったと思います。結果的にそれを乗り越えて続けたわけで、私達の知らない危機はきっともっと多かったはずです。
 
 不仲で解散することはもうないだろう、と思えるようになったのは2000年以降です。メンバー脱退という危機のあとも解散疑惑報道は出続けました。むしろ激化したかもしれません。
 森が脱退したときも木村が結婚したときも吾郎剛が逮捕されたときも、必ず彼らは会見を開いて自分の口から何かを伝えてきた。そのどれもが完全だったとは言いませんが、どんなに追い詰められても晒し者にされても逃げなかった。
 こうして語っていると「彼らの何を知っているんだ、身近に居たわけでもないくせに」と言われます。その通りです。だってアイドルとファンという関係なのですから、プライベートの彼らがどんな性格で何を思っているかなどわかりません。でも少なくとも彼がファンに接してきた言葉や態度はわかります。私の場合はそれが24年分です。国民的アイドルと呼ばれあらゆる世代の日本人が彼らの顔と名前がわかり、歌を口ずさむ。バラエティーでのキャラクターが番組を超えて人気が出る。ファンでない人もドラマを見る。どれもすごいことだと思います。でもそれ以外に彼らはちゃんとファンに向けて折々に思いを口にしてきてくれました。それは時には頼もしく思え、時には弱音も吐いたりしてとても人間臭いものでした。ファンに対してまるくなったなーとここ10年ぐらいは思いました。若い分尖っていたな、と感じていたのです。思えばそれでもファンに対して感謝の気持ちをいっぱいくれました。これからも一緒に歩こうと。そういうことを言うSMAPをファンではない人が「意外だ」と思うのなら、彼らがファンに対して誠実であったという一つの証拠です。ファンは決して一方通行じゃないという矜持なのです。
 かっこ悪いところもファンには見せてくれた。それに耐えることができず離れていったファンも確かに居ます。でもそれでまた新たにファンになった人が来る。そこがすごい人達なんです。
 アイドルとはファンにとっての王子様で夢を見させてくれて、目が覚めれば離れていくものでした。SMAPはファンとともに現実の時間を過ごし成長して、ときに苦難にあたり悩まされたりしました。
 それでもファンで居続けられたのは、次に新しいことをしてくれる彼らが見たいと思ったからだと私は思います。
 コンサートに行けばもっと見たくなります。ツアーが終われば次のツアーを楽しみにします。ドラマが告知されれば放送日が楽しみになりました。新しい曲、新しいCM、早く見たいと思い続けてファンで居続けました。
 あとはやはりあのメンバーの間に流れる空気や雰囲気が好きなのです。
 バンドのように好きで集まったわけでもない、年齢も性格も違う人間がほかの人の意志で集められた、その事実だけでその後30年近くも一緒にいるなんて思わないでしょう。
 彼らは「メンバーはメンバーで、友達でも家族でもない」と自分たちを評します。一見ドライに思えるような考えだと思います。私も最初にそれを聞いた時はなんだか冷たく聞こえるな、と感じました。しかし改めてファンの立場から彼らの中のことを考えうるかぎりで考えるとやはり「メンバー」としか思えないのです。
 それは早くから個人活動をしていたことにもよるのかな、と思います。通常グループはグループ単位でテレビに出たり歌を歌ったりしますが、SMAPはデビュー前後から個人の活動をしていました。一人でする仕事はグループを離れると頼る人も居なくなり厳しいものもあると思います。だけど一人で仕事をして、また帰ってくる。次は違う人が出ていって仕事をしてくる。帰ってくる。たまに全員がそろって、じゃあみんなの仕事もするかとなる。SMAPは家のようだと言ったメンバーも居ますが、個人の部屋をそれぞれ持った家なのかなと思います。あれだけ個性が強いといつも同じ部屋に入れられていると息が詰まっていたかもしれません。家族というより向かう方向は同じで一軒の家をシェアしている同志のような感じです。そういう仕事の仕方をするアイドルというのも今までなかなかなかったことでした。
 
 私は今回の解散は、この「家」が爆破されてしまうようなものだと思いました。いつもいつも家にいるわけじゃないけど、帰ってきたら自分の居場所がある。誰かしらが家の中にいる。何かがあって一人になりたいと思えば出かけられる。そんな大事な家を壊されてしまったのだと。
 おかしいと思うのは、もしも「もうこの家は嫌だ」と思う人が居たのなら家を出ればよかったことで、何も爆破までしなくてよかったんじゃないかと思うことです。全員が同じ熱量で「もうこの家は必要ない、見たくもない」と思っていたのならば別ですが。

 今日という日を迎えても明日から2017年が始まります。ファンとしてどうあるべきだろうとみなさんがそれぞれに考えていると思います。正解はありません。みなさんがそれぞれの理由でファンになったように、それぞれの理由と方法でこれからも彼らに寄り添っていけばいいことだと思います。
 当面の私ができること、したいことはまだわからないのですが、どうやらファン歴24年というのはまあまあ長い方らしいので、それなりに昔のSMAPの話を思い出せたことから初めて知る人達にできるだけ正確に伝わるよう、ネットに書いていこうかなと思います。
 彼らがあまり過去を振り返らないまますごいスピードで走り続けるもので、もう記憶の片隅に追いやった記憶も結構あります。気が向いたらたまにそれを掘り起こしてみようかなと思います。過去の話をされるのは、どうやらあの人達はあまり好きではなさそうですが。

 今日で全てが終わるのではないと思います。それは願望であり勘であり、24年彼らのファンであった自分のプライドです。SMAPから自分たちにこれまで向けられたものの積み重ねがファンでいられた理由です。私達は確かに沢山のものをもらってきました。こんな形で終わることに納得している彼らじゃないと私は思っています。
 これまで好きでいさせてくれてありがとう。いろんなものを見せてくれてありがとう。そばにあるのが当たり前で、これまでお礼を言ったことなんてなかったことを反省し、区切りとして感謝を伝えたいです。そしてこれからも私達の方法であなた達の支えになれたらと思います。おこがましいとは思いません。私達があなた達の武器になります。
 あなた達のタイミングでまた、私達に集合がかけられるその日まで。

二週間後

 オーラスが終わって2週間弱か…なんかもう半年ぐらいたった気がするのはまごうことなき気のせいなんだけど、どうしてそんな風に感じるのかしら……。

 オーラス挨拶+トリプルアンコールで大号泣してあわやコンタクトレンズを紛失するところでしたが、今年も無事にツアーが終わって本当によかった。この場合の無事ってのは

1、誰も怪我しない
2、誰も記者会見しない
3、誰も逮捕されない


 だからね。いや結構マジで!
 大した怪我もなく乗り切れたのは本当に良かった。近年ツアーやると大体怪我人出してるからさー。ちょっと安全対策ちゃんとしてくださいよーと思ったりしてたんですよ。あとから聞いて結構「ひいっ」と思ったのは、Popupの登場時のロープウェイみたいなやつが逆回転したって聞いた時。あぶねーじゃねーか。ワイヤーで釣り上げられるのだってちょっとひやひやすんのに。高いとこ好きな子たちなんだから気をつけてあげてくださいよと思ったもんです。
 で、今年は今のとこ大きな怪我の話は……怪我じゃないけど中居の腰痛話が初日前に出たぐらいか。あれおツイッターでたまたま広がったっていうね。ツイッター使い方によってはこあいね。
 鬼が爆笑するかもしれないけど、来年。来年はあると私は普通に思ってますよ。何の心配もなく。だからまたコンサ貯金しないとね。

 上海の件に関してはミソがついたという言い方はよろしくないのかもしれないけど、タイミングが悪いというかめぐり合わせが悪いというか……正直、もう上海公演はないんじゃないかと思ってしまう……沖縄とか徳島のあれとか思い出すと。

 さて今日は金曜なのでちょろっと配信で喋りますよ。金スマがSPのようなので23時半すぎぐらいからかな。

ふぁいなるーーーーー(国内では)

 いよいよこの日がやってまいりました。
 どなた様も心穏やかにファイナル(国内)を迎えましょう。
 本当にいろいろあったけど、今年は大きな怪我もなくみんなファイナルを迎えられて本当によかった。国内だけど(しつこい
 今夜はたぶん泣きながら丸の内線乗ってるだろうな…(遠い目
 待ってろすまっぷううううう

 下の通り、0時からネタバレ配信もやりますので、お暇のある方、ぜひ遊びに来てくださいー

 ニコ生の配信ページはこちら
 http://live.nicovideo.jp/watch/co236155

大阪とか、東京とか

 終わってだいぶ経ちますが、大阪公演おつかれさまでした! 言うてる間に東京公演がすぐそこですが…私は17日より参加します。さすがに5days遠征参加する気概はなかった…帰ってきたら会社の机なくなるわ。
 んで大阪公演のレポですが、だいたい配信でお話してしまいました(汗)最近ブログに文章として残すのがだんだん苦手になってきてるような……レポのためのメモをそのままうpできれば問題な…誰も読めないか。
 とりあえず大阪公演は
・男いじり
・中居と剛によるガチムチパンツレスリング(若干誇張)
 これしか覚えてねえMC。私の脳CPUは8ビットのままです。

 もう終わっちゃうんだなあ寂しいなあ。来年もきっとあるよね。20周年だもんね。やらないと今回のアルバムにナンバリングしなかった意味ないもんね!20周年に020アルバム出すためだと信じてる!!
 あと、来年やらなくて再来年になると、そしてうっかり秋ツアーとかになるとあの人が四十路になってるわけで……うっかり今回が30代最後ツアーとかになってしまうわけで……。
 みんなつっこみまくってると思うけど、ファミクラからの親心定期入れに対して「今年は19周年だよ」ってのはもう何回言われたんだろうか。

 とりあえず国内オーラスである東京ファイナル後にいつもの雑談配信やります。
 今回はたぶん、3人雑談。
 一般会員の方は予約するとタイムシフトが一回(だったかな)見れるので、してもらうとグーかもしれません。
 ファイナル公演は何故か毎回泣いてるので(恥)、グダグダ配信になる可能性がありますがそれも笑って聴いてやってくれると嬉しいです。


今日こそ

 大阪最終日でごんす。4連戦中の私の状態

1日目 元気 1階席
2日目 半死 アリーナ
3日目 若干持ち直し 2階席

 こんな感じです。2日目が半死だったのはアリーナの熱気にやられた説。やっぱアリーナはすげーわ。あと真上に風船のあれがあったので、ああ・・・と思っていたら案の定風船地獄になりました。取り放題ってレベルじゃねーぞ。足の踏み場と尻の置き場がないぐらい風船が降ってきて、そんなことしてる場合ではないと思いつつひたすら前方にアタック繰り返してた。それでもどんどん降ってくるので大変だった。
 今回は座席の位置がまんべんなく座れて、京セラドームの魅力堪能って感じです。全部一塁側だけどね!なんだろう、私今年一塁側ばっかりなんだ。今で10回見て2回ぐらいしか三塁側になってない。まあそういうことってあるよね。

 大阪でレポらしいレポをほとんどできてなくてすいません。いや本当に体がきついの。公演終わって家に帰るとだいたい1時なのでPCつける気力がない。一日目だけ配信しましたが「これは無理だ」と感じたので一昨日昨日とお休みしております。あと、レポメモ取らずに純粋にコンサを楽しんでおります。だから印象に残ったとこだけ話すと、たぶん大体中居レポになっちゃうんだよなあ私の場合。ああちくしょうなんであんなにかわいいんだよあのおっさんは。ていうかね、私中居オタじゃないですか。もちろんスマみんな好きよ。木村のことは始終かわいいかわいいってうるさいし、コンサで名前呼ぶの吾郎さんだけだし、剛にお手振りもらうと前後不覚になるし、慎吾のダンスで胸は熱くなるし、でもでも一度でいいから
気の済むまで中居を褒めちぎったトークをしてみたい。
 勝手にすればええやんけと思われるでしょうけど、これが結構私にとってハードル高いんですよ。自分の心にあるもの表にぶちまけたら多分みんな引くだろうなってわかってるので。なんていうのか、本物なだけに自重してるっていうのかね。
 しかしこの間、私が中居オタと知った職場の人が「でも中居くんって歌下手だけよね」とにやにやしながら言って来てたのでつい「最近は上手くなってきてるよ」とマジレスしてしまった。このマジレスが本気っぽくて嫌なんだ。「あはは、そうだねー」って流せばよかったのに。ああ…。

 今日は最終日参戦してきます。早く終わるのでもしかしたら配信できるかもね。やるなら11時ぐらいから!


 以下ラッキーさんの微ネタバレ続きを読む

大阪4連戦中

 家→仕事→ドーム 家→仕事→ドーム 家→仕事→ドーム 家→仕事→ドーム
 これが私のこの4日のスケジュールです。あ、昨日は仕事なかったんだった。
 昨日は開演前に交換の方とお譲りする方に会い、グッズも行ってみるかと並ぶ気でいたら全然並ばなくて入れたり、一時間前だけどくそ暑いし中に入っておくかと入ったら入ったで毎度毎度大阪Dのアリーナの狭さに驚く。全国のドームめぐりしてると大阪が一番狭いなあってしみじみ思う。メインステからバクステまでの距離が短い。
 大阪Dはスから参加してるけど、実はアリーナに降りたのが一回しかない。笑うぐらいアリーナが来ない。それもこれも狭いから!(真顔
 だからアリーナで飲食できるのかわからない。たぶん無理なんだろうな。食はともかく水ぐらいは許してくれないだろうか…。水もなしだとマジでキツイ…。

 さー今日もがんばろー


 ちょいネタバレ
 ↓


 昨日(3日)のネタバレとしては、MCの次のfunky Ludeを中居と吾郎でやってくれと慎吾が無茶振りをし、ほんとにやるのかよ!と思ったら本当に三人が帰ったのがおもしろかった。その後中居はいつもの調子っぱずれで歌い、横で吾郎が怪しいヒップホップを踊るという怪しい図に。
 あと中居がソロでこけた。つまずいたとかのレベルじゃなくて柔道の受身みたいにすっころんだ。カメラからフレームアウトする勢いで。初見の人ならあれ演出?って思うかもしれない。立ち上がって元の位置に戻ったら顔のアップになって口元が苦笑してたけど。

ネタバレ配信やるよー

いつものニコ生コミュで。
今日はカメラとかないので画面は真っ暗です。

いってきまうす

 今日は名古屋公演です。私も今から出発します。
 今日は完全に一人ぼっちなので、もし現地で同じく一人ぼっちの方がいたら声かけてやってください。
 Twitterで呼んでくれてもいいし、marsa14@xxne.jpまでメール下さってもおkです。(携帯転送メールです)

 おっさんマガジンのことも詳しく書きたかったけど、たぶん現地に着いたら暇なのでエントリーします。
 あれはもうすばらしすぎるね!見てしまったその日に「この男前どもに明日会えるだと……」と胸が熱くなった。ほんとに夢のようだね!

 今日の配信は未定っす。やるなら真っ暗配信だと思うし、やっぱり12時ごろから。
 ご期待せずにお待ちください。

 ではいってきますよー!

セトリが覚えられん(※ライブネタバレあり)

 ついさっき福岡から帰ってきたと思ったらもう名古屋か……当然のように私も休みなしですよ。会社は休みまくりですが。夏が終わったら会社の机がなくなってそうだ。

 既に札幌福岡と5回参加したのですが、どうもセットリストが頭に入らない。一昨年まではこんなことなかったのに……はっ、これが加齢!?と戦いて、今までやらなかった「セトリどおりのプレイリスト」を作って日々垂れ流すことにしました。これで多少覚えるだろう……多分。会場で「次は○○だな」とわからないのは結構私はキツイ。もう何回も見てるのに。それでなくても今回のライブ長いのにさー。もうこの際言っちゃうけど、年々長くなりすぎなんだよー。そんなに長くなくていいよ。長ければ長いほどイイという方もいるかもしれませんが、私は正直3時間ぐらいでも充分だよ。昔はよかった的なことは言いたくないが、あの鳥ツアーは3時間なかったんだぜ? 
 思うにアンコールがもはや鉄板過ぎる。トロッコ移動もバクステリボンリフターも中央連結もここ数年何も変わらん。中央ステージからバクステまで歩いていったり、もう一回すればいい。曲の構成もなんか似たり寄ったりじゃねえか。オリスマKANSHAはもちろん好きだが、毎度アンコールでしなくてもいいと思ってしまう。たまには「え、アンコでそれ歌うの!?」って曲やってほしい。あと、何回か言ったけど

 $10→青いイナズマの流れがモダスマと一緒過ぎる。
 モダスマと言えば、頭上の風船入れもまったく一緒じゃないか。私の気のせいか。

 ライブは楽しいし嬉しい。行ける事が何より幸せ。やってくれることが幸せ。十何回と来るリピーターがブーブーいうような内容じゃねえんだよと言われたらおしまいだが、しかし……!

 アンコールで思い出したけど、今年アンコールの声がかなり小さい気がするんですが、気のせいですが。

福岡一日目 中居ボースデー

 おはようございます。こんな時間からPCさわってます。
 昨日無事に福岡初日が終了しました。セトリや衣装の変更もなく、公演時間も4時間近くと大長編ライブに変わりはなく、今年の彼らは命削りながらライブやる決心を固めているようです…。

 こっからちょいネタバレ。
 ↓
 ↓




 もう速報で回ってるとおり、中居バースデーやりました。
 MCにて、札幌から久しぶりだから練習したの?という話に。
中居「昨日しました。歌のね。いやいや踊りもやったよ。香取君もやったんでしょ?」
慎吾「うん、一人でやってた。中居くんが来るっていうんで、やべえ帰らないとって(笑)中居くんと二人だけで中居くんの誕生日に会うのは気まずいなーって」
 このあたりで客ザワザワ。
木村「じゃあ中居は自分の誕生日は一人ですごしてたんだ?」
中居「ううん、アシスタントのダンサーの子とかが祝ってくれたよ。すごい小さいケーキでね(笑)」
木村「大きさはどうでもいいじゃん」
 アシスタントのダンサーという響きが不思議でやたら覚えてる。ダンサーにアシスタントがあるのか…。
 そして慎吾がはつらつとした声で
「じゃあおっきいケーキがありますよ」
 な、なんだってー!
ああ慎吾はこのために中居のBDの流れに持っていこうとしたのね、とようやくここで気づく。
 木村「うそ、ほんとに?」と知らなかったっぽい反応をするので、他メンバーも知らなかった様子。
 メインステージ中央に長方形の大きなケーキ登場。
 中居、ハッピーバースデーの調べに乗せて一人で「たのしーなー今日は〜♪」と歌いだす。
 木村「ではせっかくなんで、生伴奏でみんなで歌ってもらってもいい?」
 会場でハッピーバースデー大合唱。お約束にも「ユ〜↑」とあげた人が。
 中居「で、で。これいつ消すの?あ、お、おめでとう!」
 自分のタイミングでろうそくを吹き消す中居。
中居「24になりました。……っていう冗談を言う歳になりました」
慎吾「40になるとはねえー」
中居「おい、まだだよ」
 一通りおめでとーってやった後、ケーキ撤収。
慎吾「ツヨポン、顔いっちゃえ!」(いくの?だったかな?)
 いきませんでした。

 アルバムの話から次の曲へ、と(台本どおりに)行こうとしたら
中居「あっ、あの話しなきゃ!」
 とあわててスマップマガジンやら各メンバーの映画の仕事やらの告知を始める。が、調子が狂ってたみたいで慎吾以外話題がとっちらかる。あわて気味に進めようとしてたのが面白かった…。ほんとにサプライズだったんだろうなー。それぞれ自分の話じゃなくて他メンバーの話をしようと必死になってた。
 私は貝になりたくないのくだりもおもしろかったなー。中居が久しぶりに巻き舌で「いい加減にしろオルァ、バカにしてんのかゴルァ」と剛に詰め寄ってたのに萌えた(←


 9割近く「ボースデーなんてやらねえよ、夏」って気分だったのですごく驚きました。プラス、慎吾のプロデュースっぷりに惚れ惚れしました。花束もシャンパンもなくケーキだけだったのでスタッフだけに話してたんだろうなー。
 あ、そうそう!この日のアンコールの最後の最後、床下収納で帰っていく時に普段なら何も言わずに皇族お手ふり(脇を閉めて肩の高さで振るあのやり方)だけの中居が
「きょうはたのしいたんじょうびになりましたーありがとうー」
 …って言って帰った…。
 ひらがななのは「お前!今のひらがなで言ってかわいさ演出したやろ!」と私が言いがかりをつけたからです。
 最後の最後でデレやがって……ちくしょう……。

 というわけで福岡初日中居BD簡単レポでした。

明日から福岡

 書きたいことも言いたいこともたくさんありますが
 とりあえず福岡行ってくる!!

 昨日はあわや熱中症で病院送りになったり、今日は今日とて父親が駅で倒れて病院送りと何かと不運が続きましたが、なんとか福岡公演も参加できる・・・。本当は明日の仕事、急がしいいんだ…えへ…で、でも札幌から帰ってきてから休まず仕事したんだよ! こんな状態で遠征とかアホかと思いますが、だましだましやっていきます。

 福岡は三日間だけ見てきます。実は予定もよくわかってない。行けば何とかなるだろー的ないきあたりばったりです。初日から18:30開始なので終わるのは一体何時になるやらと思います。
 あ、いつものネタバレ配信もやりますよー。でも三日のうちどの日かはまだわかりません。なんと言っても終演がいつになるか……なので、何時からかもわかりません……。
 とりあえず
 20・21・22日のどこか、AM0:00〜1:00ぐらいから
 いつものニコ生配信やると思います。といっても初日ほどレポすることないと思うから短めだと思います。よかったらお付き合いください。

 それは今夜はこの辺で。おやすみなさいー!

自分的メモで独り言です

・パスポート
 出入国には必ず必要。申請から受領までさいていでも一週間はかかる。申請書類には戸籍謄本など、居住地によっては取り寄せないといけないものもあるので要注意。申請は基本的に本人が窓口へ必要書類を持っていくこと。
 つまり書類をそろえ→各都道府県の旅券申請窓口を調べ→自らそこへ出向く→しばらく待つ→取りに行く。仕事二回休むんか。

・交通手段
 これは各旅行会社を利用したツアーを申し込むのが無難かも。往復の航空券とホテル宿泊がセットで。ツアー内容によっては観光や食事つきといったコースもありますが、時間帯などを充分考慮すること。海外に来てオール自由行動という勇者になるかどうかは財布次第。
 ちなみに各旅行会社平均を見ても10月8日9日出発だけ何故か値段設定高め。

・チケット(恐らく最大の難関)
 公式問い合わせ先→http://www.228.com.cn/index.html 公式アナウンスのチケット等の問い合わせ先だが、全文チャイナ語。EnglishやJapaneseページなどない。
 電話問い合わせ先は確か「日本語対応可」とされていたが、もちろんこれは国際電話。なおSkypeから電話をかけると割安。

・上海の知識
・中国最大人口の都市(東京より多い)
・面積は東京都の3倍
・現在のレート1元=約12.7円
・平均月収は4万円。年収にすると約40〜50万円(3万5000元)
・平均時給は12.5元(約160円)
・感覚的に日本との差4〜5倍

 ここで「チケット」の欄を思い出して欲しい。今回の上海公演のチケットは段階別に分けられている。最安値は180元、最高値は1680元だ。これはつまり日本円に直すとおよそ2286〜21336円ということになる。日本公演のチケットが1枚8000円だと考えると最高値21336円は「うわー高い」という感覚である。だがこれがステージ近くの座席なら「まあそういうのもありかも?」と思われる方もいるだろう。
 だが待って欲しい。これはあくまでも「元を円に直した結果」である。
 先ほどの前提では上海の物価は日本のおよそ4分の1から5分の1である。つまり上海市民の皆さんにとってはざっくりと「月収の半分以上の値段のチケット」というわけである。日本(東京)の平均月収が24万円ほどらしいので日本人の感覚で言うと「12万円以上」ということになる。
 誰が買うねん。
 昨今、中国国内では貧富の差が益々離れている。富裕層と貧困層の格差が激しいわけだが、もちろん富裕層なぞほんの一握り。上海という大都市に住む国民ですら平均月収に届かない方がたくさんいる。ということは、この「1680元のチケット」というものがいかなるものかおぼろげながら見えてきはしないだろうか。

 そして会場となる「上海体育場」(最大収容人数8万人)
 北京オリンピックにも使われた会場で、スタンドの収容人数は約65000人。日本での最大収容人数を誇る日産スタジアムで7万人強なので、ほぼ同クラスと言えるだろう。
 そんな敷居の高さ、チケット価格、そんな会場で二日間…だと……。
 札幌公演で発表された時、慎吾がポツリと「札幌からも来てね」と言っていたが、あれはきっと本音。

(※本文は主観による想像と憶測が多分に含まれていますので、あまり厳しいツッコミはご容赦ください)

この夏一番のホラー

 こちらでお願いしていたチケット交換のお知らせは、おかげさまでお話が全て決まりました。ありがとうございました。

 さて世の中はお盆も近づいてまいりまして、福岡公演も近づいてまいりまして、そんな中で私福岡行きの手段を何一つ講じてないことに気づきました。
 もちろん帰りの手段も講じておりません。決めているのは宿のみ。まあどうにかなるんじゃね? という楽観的な気持ちになるのも何度も足を踏み入れた地ならではでしょうか。
 福岡は三日間参加できることになったので、三日間のうちどこかで(もしかしたら毎日)ネタバレ雑談したいなあと思っています。と、思ったけど初日のような需要はないよねー。セトリも衣装もネタバレ済みだし、もし札幌との変更点などがありましたらネタバレやるかもです。カットされてる曲がありそうな気がしなくもないんだよなー。

 今年は近年まれに見る猛暑でありますが、こないだのスマスマ本恋でこの夏一番のホラーを感じました。なに、何あれこわい。兄貴こわい。居候のろくでなしなのにこわい。別に人間が豹変したとかじゃなくて、あんなことしそうな兄貴なのに暗闇に立ってたのがこわすぎ。常々さ、えらい監督さんとかが「中居に狂気を感じる」とか言ってたのをどこは「はーん」と思ってたけど、中居の持つ狂気ってああいうことじゃね? それともただのオタの欲目なの? こわすぎて次の朝も見返したけどやっぱりこわかった。おかげでずいぶん涼しくなれた…。
 あ、そのかわりと言っちゃあなんだけど、全般的にヘアスタイルのオカルト度は下がっていたね。なんか「まあありえるかな」って形になってた。ちょっと前までありえなかったからね。シングルジャケットの髪型なんてヘアメイクさん三人ぐらい犠牲になってるんじゃね?
 と、こんなこと書いてるとまたのろわれちゃうんだ私。あぶあぶ。



 最後に宣伝。
 すっかりニコ生主となっている私ですが、このたび縁あってお知り合いの生主さんたちとの合唱に参加させていただきました。何ぶん始めての経験であたふたとしましたが、どうやら私の役目もなんとか果たせたかのように見えます。よかったら見てやってください。


 ちなみに私のアバター(イラスト)を描いてくださった方が、私のイメージからアバターの服にSMAPと入れてくださいました。
 動画内ではわかりませんが、この企画の発起人:ヴォンジンさんが配布してらっしゃるMP3版ファイルに同梱されているイラストでははっきりわかるという…。 DL先

なあ…知ってるか?関空から上海って1時間ちょっとで行けるんだぜ

 復路は3時間だけどな。
 いや、全く許容範囲内だろう…片道6時間ぐらいかかるのかと思った。何の問題もない。問題がなさ過ぎて問題が出てくるほどに。

 8月1日の公演で「上海でパーティーやります☆」って言われた時の会場の空気は正直微妙なところがあった。なんというか「……は?」みたいな。万博の件があったしあまりに突拍子がないというほどでもないけど、誰もが忘れかけた頃だったので「また上海?」みたいな。
 あれから考えたんだけどさ、今年の春ごろに中華のサイトで「上海でコンサートやります」的なニセモノが現れたの思い出した。あの時は無茶いうんじゃねー!と笑ったものですが、まさかこんな日が来るとはね……。
 いやいいんだ。海外進出なんて今までなかったのがおかしかったぐらいだ(アジア圏に限る)。しかしなんて言うかね、こうあからさまに「大人の事情」が透けて見えるのは見えないふりをしたいところです。後輩Gがとっくの昔に海外公演なんて普通にやってる頃、頑なに国内に引きこもってたのはいろいろ理由があったと思うんだ。需要もオファーもあっただろうに今までやってこなかったってのは。
 コンサートまで人見知り(国見知り)全開の彼らがいきなり上海なんてところでパーティーやります!って、そりゃオタも戸惑いますよ。オタもある意味国見知りなんだから。え、台湾とか韓国とかの近場からじゃないんだ……っていう気持ちがね。

 私は祖母が上海の人で父も上海で生まれ育ったので、縁もゆかりもないわけじゃない。死ぬまでにお父ちゃんと行きたいなとは思ってた場所です。だからある意味チャンスなのかなーとも勝手に思う(お父ちゃんは連れて行けないが)。そういう理由もあって今ちょっと揺れておりますよ。ルーツと言われても正直私は生まれも育ちも国籍も100%日本人だけど、全くの無関心ってわけでもないんですな。その地でじいちゃんばあちゃんが出会わなかったら私生まれてないよなー、そこからずっと上海にいたら父ちゃんは母ちゃんと出会ってないよなとか考えたこともある。
 私がこの歳までスマオタで、初海外スマコンが上海で、死ぬまでに行ってみたいと思ってた場所で、と思うと変な感情が勝手に盛り上がってきそうな自分がちょっとキモイ。

 まあチケットの取り方がなにやら鬼のように面倒そうなので私は素直にリタイアしそうです。ただね……

何故FINALを移動させた。

 9月19日がオーラスじゃなかったのかよー。客電が落ちてババンと「FINAL」とドヤ画面出すんじゃないのかよ。追加公演でおまけにオーラスを海外ですかそうですか。あーあーあー。何だこの気持ち。
 東京公演なぞ他四日行けなくてもいいから19日だけは入らせて欲しいと空に祈ったんだぞこの歳になって。自慢にもならんが99年からずっとオーラス参加続けてきたんだぞ。なのに何回かは冒頭の「FINAL」画面をペンラ探してる間に見逃したりしてるんだぞ。4時間公演でクタクタになってもすぐ夜行バスに乗って地元に戻り、家に帰らないでそのまま出勤することさえ厭わなかったんだぞ。がんばってきたなんで思わない、自分が好きでやってきたことだ。色々と幸せだったんだあの時間は。今年もこれで終わりかっていうのと、来年もやってくれるかなっていう期待と不安を抱えて迎えるツアーファイナルの高揚感は何ものにも変えられないんだ私の中では。また一年がんばろうってその日一日で考えたりする。次のツアーも参加したい、できれば最後まで見たいってつまらん意地と見栄だとわかっていてもこんなゴミクズみたいなスマオタにもプライドはあるんだ。ブーンブンシャカブンブンブーン。

 ああ……すごくキモイ……自分が。
 

札幌道中記とシングルのこと

 だいぶ時間がたちましたが札幌公演おつかれさまでした!数日使ってやっと人間の暮らしに戻りつつあります。

 「今年の北海道は暑い」とは聞いていたので、例年の涼しさは感じられないのかなーと若干覚悟して踏んだ北の大地。
 神戸から新千歳に降り立った私たちの第一声。
「どこがやねん!!」
 いきなり脈絡もなくつっこむ私たちもどうかと思いますが、正直な気持ちです。
 それでも札幌駅に着いてから太陽の下を歩くと「少し暑いな」とは感じました。でも「少し」です。日陰に入るとオゥ、クール!です。暑いなんて誤報じゃないの?と思いましたが、地元のコンビニに入ったら地元らしき男の子の集団が「今日はなまら暑くてたまんねえ」とぼやいてたのでやっぱり暑いらしい。しかしこんなところで三日間も過ごして私は35℃がデフォルトの神戸に帰れるのだろうか…。
 ちなみに二日目は少しお天気が下り坂。だいぶ曇りがちで寒さすら覚える。駅前の電光掲示板見たら「22℃」とか……。それでも札幌の方たちにとっては「涼しいね」らしいです。寒さのあまりユ○クロに飛び込んで長袖の上着買ったっちゅーねん。

 札幌に着いた私たちがすぐに目指したのは回転寿司屋。5年前にたまたま入ってめっちゃ美味しかったお寿司屋さんにどうしても行きたかったのです。並び始めが12時ごろだったのでえらい行列でしたが、並んでまで食べる価値がそこにはある。と思う。単においしいだけなら並ばなくてもは入れるお店もあるでしょう。だがそこは回転しててめっちゃ安いんだ!安いのに美味い!これ大事! なんたって明石の穴子を知り尽くしてる私がそこの煮穴子に感動したんだぜ。そこそこ美味いものは食べてきてると自負してるけど、やっぱ北海道は格が違うわー。

 ネタバレ雑談配信の方にはたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。初日は帰るのが遅くなってホテルの部屋に着いたのが23:57ぐらいだったのよ。準備も何もあったもんじゃねえ。本当はもっと前に帰ってきて取ったメモの整理ぐらいやってから放送しようと思ってたのよ……本当に。あんなgdgdになるつもりなんてなかった。あとで放送を見返したらかなりコメントをスルーしちゃってたね。ごめんなさいね本当に。でも申し訳ないけど進行はこちらのペースでやらせてもらいますお。そうでないと進められる自信がないですほんとうに。次のネタバレ配信やるかどうかわからんですが。
 
 じすいずらぶのこと
 予約もなんもしてなかったので特典ものはもらえませんでしたが、私にしては珍しく3枚一気買いしましたよ。いつもの私ならCD屋ハシゴしてバラバラで買ってたね。しかしバックステージご招待とか実は何の興味もわいてない。どうでもいいってわけじゃなくて当たるわけねーし! って思うしねー。ラッキーさんで鍛えられてるからねー(´ω`)当たっても後日のスマスマとかで放送されちゃうんじゃねーかと思うと当たっても悩みそうな気がする。そして50名全員は来ないだろう。来て半分?宝くじですら受け取らない人いるし、当たったら一旦CD送ってこいとか、よっぽどのスマオタでないとやらんのじゃないかい。
 中身について。じすいずらぶ。初聞きの時はどこのぶらっくでほわいとだよと思ったものですが、何回も聞くとよくなってきた(ありがちです)。しかし私は3:57からの声にメロメロだ。
 グラマラスは先にライブで聴いたので、ああこれかー!と。しかしあれですな、ライブで初聴きすると「あれ、こんなだったっけ…?」ってちょっと思う。だってライブで見て聴く方がこの曲は絶対いい。100倍いいよ。その逆がバンバカよね。CDで「……」って思ってもライブで化けたもんね。視覚情報って大事だなあ。
 SecretSummerは少年隊のBabyBabyBabyっぽいよね。定番ぽい夏の曲。今回のアルバム含め新曲の中では貴重な夏うたなのに、ライブでの使いどころがややもったいないと感じる今日この頃。
 ジャケット違いの3種発売なんて慣れないことやっちゃって一体どうなるのと思ってましたが、よく売れてるようですな。やっぱり3種合計の売上が記録になるのか。とは言ってもシリアルがついててもスマオタの皆さんは3枚以上買う人は程いないだろうな。たとえ100枚買えば当たる確率が100倍!ってわかっていても。むしろ3種発売という妙なやる気を出してしまったビ○ターに慄いてる部分がある。そんな子じゃなかったのに。確かに常々「もうちょっとやる気出してよ」とは思っていたけど、それは「1年に1枚のシングルをせめて2枚に」とか「コンサートのない年でもアルバムを」とか、そんなささやかな願いだったと思うんだ。しかしやる気を出した結果がこれだよ。いやまだ結果が出てないよ。一週間後にはどうなってるんだ。

 上海の件は別で叫ばせてもらおうかな。
 とにかく発表の時点での会場は「キャー!」とか「ええええええ」もなくて「えっ…?(間)」て感じだったような気がする。そりゃ戸惑うよなーいろいろと。「重大な発表」とか前フリするのもやめろほんとうに。会場のほぼ全員よくない想像よぎらせたじゃねーか(客だけじゃなくて剛まで)。その後のドヤ顔もやめろ。誰とは言わないが(ほぼ言ってます

某女性週刊誌より

・一人二公演予約可になったのが異例
・だから一人で二公演行けちゃうんです
・会員でチケットさばいてしまおうという考えからそうした
・昔はネットオークションで5万円という法外な値段になってたのに、今年はなってない
・それはみんなにチケットが行き渡ってるからでしょう
・でも同じファンが何回もコンサートに行ったら一般の人が離れていくのでは?
・【総括】SMAP落ち目

 OK、みんな言いたいことはよくわかってる。だがまず一呼吸おくんだ。いいか? ヤツらの手に乗ったら負けだぞ?よし、落ち着いたな。じゃあ一つ一ついこうか。

 ・一人二公演申し込みはウラスマでもうやったわks
 ・好きな会場同士じゃなくてA日程とB日程で別れてしか申し込めないと書けよks
 ・札幌と他会場という組み合わせすら、二会場とも当選した人なんて絶滅危惧種レベルだks
 ・むしろウチは一人で二公演落ちましたが何か?
 ・ネットオークションで5万円って、ずいぶん良心的ですねー(棒
 ・みんなに行き渡ってるならどうして私にチケットないんだks
 ・大量に一般が食いついてきたのはMIJぐらいからだks

 捏造で落とし込み記事書くなら
 とうとうジャケット三種類シングルに手を染めたことと、今年のスマップドリンクが守りに入って普通の味すぎてドリスマみたいに「まずい」「微妙」などの話題に上らない、というしょんぼり感満載について書けよ。
 普通で残念とかオタにまで言われたんだぞ。どんな期待もたれてたんだよ。ちなみに言ったのは私だが。

 そんなわけでもうすぐ札幌ー札幌ーまだ用意何もしてない。双眼鏡出してこなくちゃ。

 ツアー初日ネタバレ配信については以下のページへ。
 時間の都合で見れねえよ!って方は、今のうちにタイムシフト予約しとくと後から見れるです。

B日程13公演当落確認一気に全解放とかやめろよマジで。

navi

 死亡説が流れかねないほどのご無沙汰です。真麻です。おひさしぶりです。こんばんはです。
 アレやコレやとブログをまともに書けないでいたら季節が変わっていました。2010年が後半に入っていました。
 そうこうしてるうちに書きたいネタも山ほどあるというのに時間だけが流れていきましたが、さすがにそろそろ書かなあかんやろと引きこもったおうちからのそのそと出てまいりました。もし「チッまだ更新してねえのかよ」と覗きに来て下さってた方がいらっしゃいましたら本当にすみません。ありがとうございます。

 気がつけばツアー初日一週間前です。もう一週間かとも思い、まだ一週間もあるのかとも思い。つまり準備はなにもしてません。しかしですね、わたくし(と友人)札幌に落選しました。ある意味レアです。とは言え札幌はいつでも札幌なので、正直絶望はしてませんでした。座席にこだわりはない人間なので、たぶんなんとかなるよねと変な安心があったのですがとりあえず初日は一般発売で確保できました。しかおスタンド割と前列。どういうことなの…FC会員の意味って何なの…? しかしこれがコン事務クオリティというやつなのでしょう。
 札幌落ちたのがじわじわ来て「もうその口でオーラス申し込んじゃえよ」となったのですが、そのオーラスも落選する有様。地元・大阪に集中して申し込むも続々と届く落選の知らせ…。さすがに私たちも何かを感じ始めました。やべえ…こいつはやべえよ…。
 その後、B日程の当落確認を一気に解放するという暴挙に出たコン○務のおかげで電話が丸二日ほど繋がりにくく、たった数口の名義を確認が終わるまで三日を要しました。で、結果は勝率4割と言ったところでしょうか。

 「SMAPは落ち目」とか言ってた奴ちょっと屋上に来いよ。

 各会場これだけ日程確保しててもこれってどうなのよ。いやよく考えたら希望の多さが週末に集中してるのかもしれないけど、東京でオーラス9月祝日前の日曜とか激戦になるに決まってるやろ!だったらせめてハコを日産か国立にしろや! と思ったのは内緒です。そのまるで逆を行った「12月・札幌・平日」だった前回のオーラスはアレがソレだったしな。したらしたでどうなってたかわからないけど。
 ともあれ今年のツアースタートはもう目前です。まだアルバム覚えてないけど! 着ていく服も買ってないけど! 双眼鏡出してきてないけど! 頑張って行ってくるぜ!

 あ、それと声を大にして言いたいんですけど、今あのおっさんたちとってもいい感じですよね。がんばってお仕事してるなあっていうのもあるし、あんなに働かされてるのにギリギリ感がないよね。見せてないだけかもしれないけど。ビジュアルもとってもいい。あのままツアー初日を迎えてくれるのがとても嬉しい。
 ただ中居オタとして気がかりなのは肌の色一択です。髪? 帽子率100%だから問題ありません(すでに諦めムード)。黒いのか白いのか……せめて黄色人種としての肌の色を保って欲しい。

 そしてツアー初日・札幌公演31日終了後のAM0時から、ニコ生で現地からの「ネタバレ雑談配信」をやります。
 セットリストから衣装からコンサートの感想やらとネタバレをばんばんやっていきますので、聴いてもいいかなーって方はぜひお越しください。NOネタバレ!な方はどうぞ近づかないでください。
 予約枠を取り次第、ここにお知らせしていきます。

毒トマト反省会やります

いろいろあって、今回はユーストリームで。

http://www.ustream.tv/channel/marsa-lala

21時過ぎぐらいから

【速報】(でもないけど)

札幌落ちた\(^o^)/





ひさしぶりのエントリがこれかよ・・・・。





すいません、書きたいことは山ほどあるんですがもうちょっと待ってね・・・!!

とりあえずさくっと雑談

 最近の体たらくその他もろもろお話します。
 さっき決めた今夜のテーマは【90年代】です。

http://com.nicovideo.jp/community/co236155

 ここから「視聴する」でお聞きいただけます。(コミュニティ限定)
Profile
・真麻(marsa)
・中居右翼。
メモ的落書き板
・ニコニコ生放送コミュニティ
 「インテリメガネ」
・ご意見・通信はこちらまで










Recent Comments
楽天市場
  • ライブドアブログ