パニック障害を克服し完治させる事は可能です!

パニック障害を克服する為には有る程度の長い期間を必要とします。
それは一旦自律神経が乱れるとそれを正常に戻す脳細胞の回復に時間がかかるからです。


パニック障害の主な原因はストレスや呼吸、
生活習慣、外的ショックなど様々なものがありますが、
 実は意外なところにも大きな要因があります。

それは交感神経と副交感神経を円滑にコントロールする
“首”に問題がある場合です。

これはかなり意外な事実だと思いますが、
多くの人は肩こりなどで首の筋肉を酷使しているため
自律神経に支障をきたしてしまうのです。

するとパニック障害やうつ病が発生しますが、
首の筋肉の異常を治すことによって
これらの症状を改善していくことが可能なのです。

詳しくはコチラのサイトで紹介していきます。

パニック障害を自力で完治させる方法

パニック障害にはいくつかの治療方法があります。
私自身も色々な方法を試してきました。
今回は一般的に言われている治療法を紹介していきたいと思います。


以下ウィキペディアの記述によると

精神療法において最も基礎的で重要なものが、「疾患に対する医師の説明」「心理教育」である。パニック障害は、発作の不可解さと、発作に対する不安感によって悪化していく疾患であり、医師が明確に症状について説明し、心理教育を行うことが全ての治療の基礎となる。

ということなのでやはり 薬と心の
両面から改善していくことが必要だということです。

特に根本的な治療には精神療法が重要なようです。
これは確かに私の経験上においても大切だと確信しています。

予期不安や広場不安などは
薬では根本的な治療にはなりませんから
メンタル療法は必要でしょうね。

精神療法の中で、有効性について最もよく研究されているのが、認知行動療法である。認知行動療法では、「恐れている状況への暴露」「身体感覚についての解釈の再構築」「呼吸法」などの訓練・練習が行われ、基本的には不安に振り回されず、不安から逃れず、不安に立ち向かう練習を行う。系統的な認知行動療法を行う施設は日本には多くはないが、臨床医は、認知行動療法的な患者指導を行っている場合が多い。

なるほど。ただ私の経験上
すぐにこのような治療を行ってくれるところが少なかったですね。
そういう面においてはこちらのプログラムは
自力でパニック障害を治す意味においても
有効だと思います。

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム
 

パニック障害と類似している病気として不安障害というものがあります。
これらは一体どう違うのでしょうか。

私自身も病院では不安障害と診断されました。
しかしパニック発作が頻繁に起こっていたので
自分としてはパニック障害だと思っていたのですが、
一体どういうことなのでしょうか。

ということでウィキペディアで調べてみました。
以下不安障害についての文章です。

不安とは、明確な対象を持たない恐怖の事を指し、その恐怖に対して自己が対処できない時に発生する感情の一種である。不安が強く、行動や心理的障害をもたらす症状を総称して不安障害と呼ぶ。

ということはパニック障害は不安障害の一部だったということですね。
またこのようなことも書かれていました。 

不安障害はかつての神経症に該当する。精神症状として強い不安、イライラ感、恐怖感、緊張感が現れるほか、発汗、動悸、頻脈、胸痛、頭痛、下痢などといった身体症状として現れる事がある。

これもパニック障害の症状と共通していますね。
ということはこれらの病気は個人差によって
症状が違うだけで根本的には同じと部類ということですね。

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

このページのトップヘ