February 17, 2007

2−10―07  バスタブの水栓

1bd80a7b.gif2年前(もう、そんなに経つのか!)建築家が見せてくれる備品のカタログが気に入らず、バスルームのシャワーや水栓等の細かい部品はすべて自分で探して注文することになった。人のアドバイスを聞いて、インターネットで辺りを付けて、それからBronxの専門店に出向いて分厚い専門カタログを前にひとつずつ注文した。

デザイン的に注文をつけ、その上予算はない。ましてインテリアデザイナーぶって分かった顔をしながら相談していたので、いくつか間違った注文をした。

ちゃんとサイズを確認して、専門店の人間も大丈夫といったにもかかわらず、バスタブのお湯を入れる水栓設備に私の注文したハンドルはつけられなかった。
その他のことでも大げんかしたので、もうこの店には頼めない、頼みたくない。
「ハンドルくらい、すぐ見つかるよ」とMikeもいうので、そのままにしておいた。まして、ハンドルなしでもお湯はでるし。でも実際、素人がデザインもののハンドルだけを単品で買うのは、ちょっと難しかった。

竣工から一年(!)、それはほったらかしにされていた。毎週風呂には入るので、気にはなっていた。本当は、めんどうくさくなっていた。でも不細工なので困っていたのも事実。

ある日、仕事に行き詰まってコンピューターの前でぼんやりしていたら、メイル広告でキッチン、バスの部品のセールが飛び込んできた。もちろん、そのショップには探しているモノは無かったのだけれど、この際だ、ということで徹底的に検索してみた。

見つかった!ハンドル単品でふたつ!

家にはこういった「失敗が後回しになって、そのままほっておかれた箇所」が後数カ所残っている。まあ、気長に解決していくしか無いのだけど。


martiniflats1118 at 13:42│Comments(0)TrackBack(0)NY/田舎/暮らし/2007 | NY/田舎/haus

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔