IMG_0245
皆大好き炭水化物

炭水化物が太る理由とはなんなのか


【炭水化物等のでんぷん質】
➡唾液に含まれたり膵臓から分泌される
αーアミラーゼによってブドウ糖に分解される ブドウ糖は「インシュリン」によって細胞にとりこまれて生体活動のためのエネルギーになる

太るメカニズム
入ってきたブドウ糖の量が多い(炭水化物を食べ過ぎると)
➡生体活動で使い切れない
ブドウ糖が中性脂肪になり脂肪細胞に蓄えられてしまう
結果、体内の脂肪が増加
ぽっこりお腹や余分な贅肉の原因に。。。
健康面でも美容面でも重要視される「脂肪」 お腹の周りの余分な「脂肪」

「脂肪」とはなんなのか? 人間の体内には脂肪が4種類ある 1エネルギー源となる中性脂肪 細胞膜をつくりホルモンの材料になるコレステロール 脂質の主成分となる脂肪酸(飽和脂肪酸は脂肪として蓄積されやすい) 主に細胞膜をつくる役目のリン酸
この中でダイエットで減らさなければならないのが中性脂肪 ➡中性脂肪が皮下の下についたり内臓につくと皮下脂肪や内臓脂肪になる 体内のエネルギーが不足する
➡体は飢餓状態
➡中性脂肪を分解エネルギーを作り出す
中性脂肪をリパーゼという脂肪分解酵素でグリセリンと脂肪酸に分解 グリセリンは糖新生でブドウ糖に作り替えられてインシュリンにより細胞に運ばれエネルギーとして消費される 脂肪酸は拘束から解放された状態なので
「遊離脂肪酸」という燃焼しやすい状態に しかし(油)なので水への親和性が低い
そのままでは血液の中を移動することができない
アルブミンという乗り物に乗り血液の中を移動
エネルギーを必要としている細胞まで運ばれ燃焼される
➡これが脂肪燃焼の原理

だから炭水化物の取り過ぎが肥満の原因になる

炭水化物の取り過ぎ注意すれば痩せやすいということですね~(*^^)v