2007年04月23日

ランドナーを考える

ランドナーが、ランドナーを知らない世代に流行っている・・

と、いった記事がTOEIのランドナー、アラヤのランドナー&スポルティーフ、ラレーのクラブモデルの写真・説明とともに若者向けの雑誌に掲載されていました。

そーなんだ。

1970〜80年代のサイクリングブームで流行った日本独特のツーリング車、ルネ・エルスやアレックス・サンジュのランドゥーヌを日本風にして作られた?自転車、

ランドナー。

この辺は私より詳しい方がたくさんいらっしゃるでしょうから割愛しますが

その後、MTBブームとなりランドナー系は、ほぼ廃れてしまいました。マスプロメーカーのランドナーは多くはありません。現在はロードバイクブームらしく多くのローディを見かけます。

エンペラー当時のことは良く知らないのですが(当時は自転車に興味なかったもので(笑))、私が自転車を始めた4年程前に

←丸石エンペラーツーリングマスターを手に入れたときは「今の時代にランドナーを買うの?」と、結構、珍しがられました。

ルマンそのすぐ後に、ひょんなことから昭和57年製の

←「MIYATA LeMANS ランドナー」を新車状態で手に入れ現在所有ランドナーは二台。いや、古い片倉シルクのフレーム、パーツもありますから三台なのかもしれません。片倉シルクのことを調べたこともあります。

輪行ツーリングをしたかったんですよ、エンペラーを買った時は。見た目も雰囲気も好きなんです。実際は輪行機会が少なかったのと、重くて(13kg超)、輪行する気になれず、余り乗らないまま、どっぷりとロードバイクにはまってしまいました。

現在は時々引っ張り出して乗るだけで床の間自転車と化しています(汗)。タンケンライトを探したりしましたね。

所有台数(現在7台(笑))が多くなりすぎると、乗らない自転車が出てきますね。今の使い方だとランドナーは不用なのですが、どうも処分する気になれなくて、ずっと所有しています。

いずれ乗る気がします。もう少し歳を取るとガツガツしたロードバイクではなく、ゆったりとツーリングするランドナーに戻りそうです。

TOEIは憧れのメーカーのひとつですね。あの作りの良さを見ると惚れ惚れしますよ。

何度が行きましたが神田のアルプスは、いずれ欲しいな・・と思っていたのですが、閉店してしまって誠に残念です。アルプスのフレームはTOEIが作っている・・ということを聞いたことがあります(本当?)が、アルプスの作りも素晴らしいです。

ブームの予感?

のんびり、何日かかけて長距離ツーリングしたいですね。



この記事へのコメント

1. Posted by かめねこ   2007年04月24日 09:05
martyさんはじめまして、ブログ楽しく拝見してます
エンペラーツーリングマスター所有されていたんですね
ぼくも十年以上前に購入して長距離の旅などに活用して
その頑丈さと長距離を快適に過ごせる乗り心地の良さに
とってもお気に入りのバイクなんですが、
今現在は小径車とロードにばかりかまけて
やっぱり床の間バイクとかしています
でもそのうち復活させるぞ〜!

ところで次回ヤマ行こオフ参加されるんですね
一緒に走れるの楽しみにしてます
2. Posted by marty   2007年04月25日 06:08
かめねこさん、はじめまして!いらっしゃいまし〜

かめねこさん、エンペラーオーナーなんですか?
10年以上前と言うこと、大先輩ですね。

安価で出来が良くお買い得だと思ってます。今は受注生産らしいです。

ヤマ行こオフ、参加します!ご一緒出来ること、楽しみにしてます!
晴れるとイイですね〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔