火曜10時の関西テレビ枠は沖縄では日付変わって
0時40分からしか放送しないのでアップするのが
ちょっと遅くなってしまうのが残念です。

さて、今回のタイトルは

『仕事をナメるな!お前はクビだ!』

サボテン、なぜレイチェル!?(笑)
部屋も兄弟それぞれ個性がありますね。
要くん、「肌荒れてんな〜」って言ってたけどそうですか!?
きれいでしたけど。でもなんだか今回の要くんいい感じです。


タイトルバック直前。
釈ちゃん、スタイルいい〜!!と思った瞬間!
録画がいきなりおわったのでビックリしました。
残量確認しないまま録画なんかするからですけど(汗


一日一膳(笑)良いことじゃなくて食べることなのね。
「小食だな」には爆笑しました。
確かにいっぱい食べそう。次男への「出てこい作戦」の時も
おいしそうな夕食をエサにしてましたしね。
つきへん取ればちゃんと「一日一善」になるんですねぇ。
後のシーンで赤でちゃんと直してありますね。


ごめん、後ろ姿でもわかるよ、寺ちゃん(笑)
ちょっと若作りな真矢さん。どうやら寺ちゃんが
「花園ゆり子」にかかりきりすぎて終わった感じ?
真矢ちゃんはまだ男だと知らないから怒りに満ちてるんだね。
兄弟4人と知った時、果たしてどうなるやら〜。


次男よ、女将さんに何をあげようとしているのだ!?
と思ってたら「マスク」しかも虎?タイガーマスク好き?

「おれたち兄弟だけだっていってんのよ
 お前何回失恋しているよ」

この堺さんの語尾につける「よ」がなんとなくツボ。
堺さんと池田さんの美しき兄弟愛(爆)
やっぱ池田さんいい♪


さて、前回の疑問だったみすず。
第1話のコメント欄にも書きましたが、長男と木の下で
会ってる謎の美少女は松岡瑠奈子さんでした。
どっかで見た事あるなと思ったら「のだめカンタービレ」の
鈴木姉妹の萌役の方でした。
ちょっと吉本多香美さんに似てる。
演技をちょいどうにかしていただきたいのですが
かわいいので、まぁいいや(笑)
この公園シーンの堺さん、素敵。


ところで広いマンションですね〜。
廊下だけでどっかの会社のロビーみたいだったんですけど。
寺ちゃん、なんで耳当て?(笑)しかも紫。しかも花持参。
「気持ちはいつも 乙女で いなきゃね」
いいキャラだわ〜v パチンコ屋にいた寺ちゃんと池田さん、
こっちの方があの家にいるより似合ってる(笑)


橋の上で新キャラ登場。
どうやら四男と知り合いらしいけど…。
過去に四男に何があったのかは追々出てくるとして。
長男と四男は雰囲気似てますね。並んで歩いてると特に。
女将の見てはいけない(?)シーン。
「たいやきでも買ってくか」と長男が即言うのが笑える。


やっちゃったー。
そりゃあ漫画の原稿のそばに水置くなんてダメですよー!
次男の言うこともっともです。
編集者なら最低限タイトルは知っとくべきですよね、普通。
真矢ちゃんの言う通り、同情の余地無し!
でも原稿ほっぽらかすのも悪いよね。
んで花持って来たのは田中ちゃんですよね。
自業自得な田中ちゃん、うなされてる〜。
真矢ちゃんの説教、なんだか私にも染みたわ〜。
真矢ちゃんも泣いた(笑)「忍法 アラベスク」。
ぜひとも読んでみたい♪


おっ、四男、いいね。家に入れてあげるとは。
土下座の際の釈ちゃんの座り方がちょっとフシギ。

「自分で決めたことじゃないから、ずっと不満でした。
 なんで私が少女マンガなんか担当しなきゃいけないのって。
 そんなの分かんないよって。それでもやるしかないのに。
 やる以上は頑張るしかないのに。」

この台詞って次男にも当てはまりますね。
ほんとは少女マンガなんか書きたくないのに、って。
釈ちゃんがあやまって、次男が素直にでてこないところがいい。
次男に対する長男と三男の態度の変わりようがウケる〜(≧∀≦)
兄弟喧嘩激しいし。末っ子にたしなめられるってどうよ?(笑)
長男と三男の走り方がこれまた大奥歩きでおもしろい。


【だ・か・ら、漫画一晩で書けるのかよーーーーー!!!】
と今回も思ったり。


今日のストーリーは第1回よりもおもしろかったと思います。
今後も期待♪


今週は寺島のアニキ週間ですv(勝手に)
水曜日は「グータン」
木曜日は「とんねるずのみなさんのおかげでした」出演。
楽しみ〜。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人気漫画家・花園ゆり子の担当になった月山夏世(釈由美子)は、新たな原稿を頼むため、花園の正体である片岡航(堺雅人)、修(池田鉄洋)、智(要潤)、陽(本郷奏多)の4兄弟が暮らすマンションへやってくる。しかし、兄弟は夏世に留守番と掃除を押し付けて、出掛けてしまう。
作業部屋をいやいや掃除する夏世だったが、気づかないうちに ちょっとしたミスで修が書いたばかりの漫画の原稿を台無しにしてしまう!しかもそれはライバル出版社・田中一郎(寺島進)の原稿だった!
ただ謝るしかない夏世に、修の怒りは収まらず、「今すぐ出て行け。二度とウチに出入りするな!」と、四兄弟からクビを宣告されてしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ヒミツの花園 公式HPより)

ヒミツの花園HP