師走の築地病院遍歴 最終回

2021年12月17日

病院遍歴 その10 主治医

まるちゃんの主治医は
0shujii01


0shujii02


なぜここを選んだかと言うと
0shujii03


0shujii04


0shujii05 改


0shujii06


そして
0shujii07


そのほかに
0shujii08


ただしそうは言っても
0shujii09


非常に厳しい修行の場でした
(笑)

0shujii10


0shujii11


0shujii12


0shujii13


0shujii14






よろしかったら ↓ 下の画像 ↓ ポチっと!
click ロス

Clap your hands!


maru_sampo at 20:21│Comments(7)まるHEALTH 

この記事へのコメント

1. Posted by ナタリーパパ   2021年12月18日 06:45
今日はガウガウ姉妹の月誕生日。まずはガウガウ姉妹生誕18年10か月をお祝いです。^^

かかりつけ医というと、本当に長いお付き合いなのでたくさんの思い出がありますよね。一方でかかりつけ医だからこそ、やっぱり最期のときのことが一番強く印象に残りますよね。
ナタリーのかかりつけ医は例の「太った獅童先生」でしたが、やはり予約はあって無きが如しで。さらには診療後の調剤やお会計も長々と待つ状態だったので、このところは「夕方に出来上がったら電話しますから」と、いったん家に帰って、電話が来たところで薬を取りに、そしてお支払いに改めて行ってました。これも近所だからできたことなんですけど、ところが「夕方」というと一般的には4時とか5時をイメージするのに、これが7時、8時が「夕方」になったりするもので。^^^;;
極めつけは、最後のお支払いだったんですけど、「計算がまとまりましたらお電話します」とのことで。ところが3日たっても、一週間たっても、10日たっても、そして1か月たっても連絡がこない。何度か督促はしたんですけど「まだまとまってなくて」と。もしかして、こちらでは49日過ぎてから請求するような慣習なのかな?とも思ったものの、49日過ぎても請求がなくて。
なにせ、最後は3日間入院して、ずっと点滴で、酸素も麻酔もあって、いわばずっと集中治療室状態でエンゼルケアもしてもらったので、いくらかかるか戦々恐々状態だし、お支払いしないとご挨拶にもいけないしと。結局、2か月過ぎてからようやく請求が来て、で、お値段はというと「普段の月イチ診療」と変わらないようなお値段。ありがたいような、あっけにとられたような。
とはいえ、いい先生に巡り合えたと、本当に感謝しています。^^
2. Posted by mimi   2021年12月18日 17:22
tammyさん
まるちゃんの病院、車で1時間弱かけて通われていたんですね。まるちゃんの先の先まで見越して代替医療、鍼、ホメオパシーここまで揃えている病院をきちんと早くに見つけていたtammyさんを尊敬致します。私にはそこが足りなかった…要は「最後をどうしたいか」そこをイメージして病院選びをしていなかった。そこが自分と合わなければ信用して大切な家族をお願いする事はできません。tammyさんは「動物ファースト」の先生と時に意見を交わしながらも長年の信頼関係を築けたこと本当に素晴らしいと思います。それもtammyさんだったからこそ築けたのだと思います。まるちゃんは本当に幸せでしたね。tammyさんのブログを読み、私の足りない沢山の事を気付かされます。ミミに出来なかった事、納得できなかった治療、色々な後悔している思いを胸に私は頑張らないといけません。病院遍歴、書いて頂いてありがとうございました😊
3. Posted by tammy   2021年12月18日 17:29
ナタリーパパ♪
そうです!そうです!ガウガウ姉妹の月誕生日ですね。いつものフレシネで乾杯しています(^^

まるの病院でも診察終わった方が「家に置いて戻ってきますね」って言っていて、そんな近所なの!と心底羨ましいと思いました。
まさにナタリー家だったんですね(笑)。
1か月たっても支払い請求が来ない…督促しても来ない…ものすごく怖いかも(苦笑)。まさに戦々恐々(笑)。
ナタリーちゃんがナタリーパパとママが信頼する素晴らしい先生に最後まで診てもらえて、本当に本当によかったです。姉妹達がそれぞれの家庭で大事に大切に愛されて天寿をまっとうしたこと知れて、なんて素晴らしいご縁だったんだろうと思わずにはいられません。

我が家も時々言われるようになったのですが…
ナタリー家は新しいわんことの生活はどうですか?我が家はもう飼うことはないと思っていましたが、また迎えることも否定しない気持ちになりました。とは言え予定は未定ですけれど。
でも、夫婦で一番何がしたいと言われれば海外旅行です。でも、これまた今もこの先も?予定は未定で自由が制限されている世の中を、冷静に考えると驚愕します。って締めがこれでスイマセン。
4. Posted by ナタリーパパ   2021年12月18日 18:55
tammyさん、

我が家も初めからかかりつけ医の近所だったわけではないんです。富山に移住した当初は小さな賃貸アパートに暮らしていて(これはこれで新婚生活みたいで妙に楽しかったんですけど^^)、富山は扇状地平野のせいかどこまでも平野でアップダウンもなく、道は広いし公園もそこここにたくさんあって歩きやすく、さらにはなにせナタリーも若く元気だったので、東京で僕が働いている平日は、ナタリーママと2時間、3時間と散歩して過ごすのが普通だったんです。
そんな散歩の途中で見つけた動物病院がかかりつけ医で、海外の飲食店じゃないですけど、店構えというかその醸し出す雰囲気がよかったようで、まさにナタリーママというかナタリーが「足で見つけた」病院だったんです。その後、今住んでるマンションも、同じように毎日の散歩の中でナタリーが足で見つけた中古物件でした。かかりつけ医の近所だから決めた、というわけでもなかったんですけど、まあ、結果オーライということでしょうか。^^
新しいわんこ、本当に欲しいですね。我が家では仮に海外旅行に行けなくなったとしても、またわんこを飼いた〜いと思うくらいの気持ちはあるんですけど、やっぱりあと10歳若かったらなぁ〜というところです。さすがにこの歳になると、新しいわんこを最後まで責任を持って飼えるととうてい言えなくて。あ〜悲しいなぁ〜。ナタリー、なんで死んじゃったのかなぁ〜。^^;;
5. Posted by tammy   2021年12月18日 19:01
mimiさん♪
最初はまるがアレルギーで西洋医学じゃない他の治療法でと思って選んだ病院で、最後まで診てもらおうなんてこれっぽちも思っていませんでした。主人が私を尊重してくれたから出来たことでもあります←これは本当に感謝です。

全部正直に書いてしまっているけれど(笑)、ぜんぜん100%満足な病院じゃないです(キッパリ)。だけど、通ううちにどうして先生が獣医師になったか、代替医療を勉強しようと思ったかを知りました。その気持ちには100%賛同です。
17年以上通っているとそれが嘘ではないことがわかりました。それだけかなぁ(笑)。
でもやっぱり17年以上通っていたらいろいろ、いろいろあります。病院遍歴で書いた近所の若い先生の病院に移ったとしたらどうだったかな?と想像してみたりします。何より老犬のまるに負担が少ないから。
ん〜。でもやっぱりないかな(笑)。
でも今の獣医さんは医療技術はもちろん、飼い主の求めていることを的確に把握できる人が多くなっている印象を受けます。
偉そうな言い方だけれど、飼い主がもっと賢くなることも大切だと思います。

私は自分が犬を飼ったらやりたいと思うことばかりでした。
しつけのトレーニングもアジリティもアレルギー治療も、まるにとっては相当なストレスだったと今は思うのです。
だけど、私はやらずにはいられませんでした。
言葉をしゃべってくれたらどれほどいいだろう?
ペットって言葉、嫌だけどそうなんだと思う私です。

>>>続く
6. Posted by tammy   2021年12月18日 19:03
続き>>>

mimiさん。ミミちゃんと重ねた素晴らしく素敵な日々をわかめちゃんと。それだけで充分ですよ。
mimiさんが書いて下さったコメントに私たち夫婦がどれだけ肯定されたことか。自分たちと同じ思いの方がいると知れて、ブログを書き続けて本当に良かったと思っています。
もちろん他にも賛同してくださっている方がいることも。
mimiさんが書いて下さった言葉、そっくりそのままです。ミミちゃんは本当に幸せでしたね。
そして私たちは本当に幸せな飼い主です🥰
※月誕生日で3杯も飲んでしまったので感情的なコメントをお許しくださいね。
7. Posted by tammy   2021年12月18日 21:58
ナタリーパパ♪
結果オーライ。なんて素晴らしい!!
ナタリーパパが単身で過ごされた毎日。どんなにナタリーママ、ナタリーちゃんに会いたかったかと想像すると胸がいっぱいになります。
でもそれはナタリーママとナタリーちゃんもですね。
離れて暮らす時間は何気ない普通の毎日を一緒に過ごすことが何より素晴らしく幸せだと思った時間だったことでしょうね。
ナタリーパパ、愛のカタマリですもん💕

ナタリーちゃんもまるも、なんで死んじゃったのかなぁ〜。
お互いご縁があったら新しいわんこを迎えることもありますね。そう思うとちょっと嬉しいです。
ナタリーママ(パパもです(笑))とナタリーちゃんが築いた揺るぎない信頼関係、楽しく嬉しいいろんなことを他のわんことも思ったらこんなに嬉しいことはないです。と言うか、ぜひもう一度と思わずにはいられないです。もったいなさすぎる。
新しいわんこを迎えるときはぜひお知らせくださいね。親戚としてのお願いです(^^

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
師走の築地病院遍歴 最終回