2006年10月15日

一連の件に…

 何か本人の記者会見も見て、話を聞いて、皆のコメント見て…

 『うん』と思えそうになってきたと思う。

 

 

 感じたこと…


 私は、昼くらいに職場の先生に聞きました。最初は全く信用してなくて、変な噂話しでしょ〜なんて余り反応してなかったら、ネットからわざわざ印刷してきてくれました。それ読んでたら、泣けてきた…

 夜の正式発表を見て…なんとも言えない気持ちになった。コレは表現できない気持ち…夢か?現実か?って思ってはみたけど、現実です。この発表を何度も読み直してみたけど、やっぱりKAT-TUNからしばらく居なくなってしまうと言う事が書かれてましたね。騒がれている件に関しては全てでたらめですって書いていて欲しかったな〜なんて思ったけど…

 

 私の正直な気持ちは…何故に今?!こいつ何を考えているんだ?!ばかりだったと思う。理解しがたい出来事。いずれはこういうことが起こるかもとは思っていたけど、こんなに早くにこのグループに降りかかってくるなんて…ってどんなに考えても考えても謎すぎた。メンバーはどんな気持ちでいるんだろう?認めたのかとか、気になる部分が多々

 

 そして、夜中に来たメンバー6人のコメント…読んで、メンバーも色々格闘したんだろうな〜や一生懸命理解をしようと考えたんだろうな〜って読んでいて感じた。皆前向きな文章を送ってきてくれていたのに、自分は前向きになれていなかったと思います。何度も読んで読んで、受け入れられそうな気持ちになりました。

 

 そして、記者会見…やっと文章だけじゃなく、本人の口から話が聞けた。仁くんらしいと言えばらしいけど、「必ずKAT-TUNに戻ってきます」って言葉が聞きたかったな〜と。「それは分かりません」とかあんまり聞きたくないって思った。

 でも、仁くんはすごく自分の意思が強い子だと私は思ってるので、自分が納得できるまでは、妥協しないんだろうと思います。行くからには途中で諦めることなく、自分が決めたやりたい事をがんばってもらいたい、そして帰ってきてもらいたいと思います。

 しかし、記者会見に中丸くんと田口くんが出るとは思いもしなかった…(苦笑)でも、二人が話した言葉、メンバーの気持ちが仁くんに伝わるといいな〜って思いました。

 

 やっぱり、ファンもショックだとは思うけど、メンバーはもっとダメージを受けてるんじゃないかと…だって5年も変わらず6人で頑張ってデビュー出来てもっと頑張ろうって時だもんな〜でも、この辛い決断をした6人はすごいなと思う。やっぱりかっこいいと思う。

 しばらく、仁くんの歌声・セクシーダンスは見られなくなりますが、KAT-TUNとして残る5人を変わらず応援していき、仁くんを待っていたいと思います。

 

 変な文章で失礼しました…上手く伝えれない自分、情けない。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/maru_sato0705/50760911