昨年の12月26日、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」が公布・施行された。

http://www.fsa.go.jp/news/18/syouken/20061226-1.html

なお、公布の日から施行されるが、以下のとおり経過規定が設けられている。

(1)繰延資産の範囲等の変更に係る規定

この府令の施行の日以後に提出する有価証券届出書等に記載される、財務諸表等及び中間財務諸表等で、平成18年9月30日以後に終了する事業年度等及び中間会計期間等に係るものについて適用し、同日前に終了する事業年度等及び中間会計期間等に係るものについては、なお従前の例による。

ただし、会社法施行の日(平成18年5月1日)以後に終了する事業年度等及び中間会計期間等に係るもののうち、施行日以後に提出する有価証券届出書等に記載されるものについても適用することができる。

(2)たな卸資産の評価損等の表示方法の変更に係る規定

平成20年4月1日以後に開始する事業年度等に係る財務諸表等から適用する。ただし、同年3月31日以前に開始する事業年度等に係るものについても適用することができる。


一読後はワンクリック!人気Blogランキング