さて、最近は職場が変わり
ブログそっちのけで仕事に
専念してきたのだが、本日
少し手が空いたので久しく
ブログを更新させて頂く。


まず第一になぜこのタイミングでブログを更新したのかというと
いま誰かに知ってほしいという感情が強かったからかもしれない。



事の発端は
自分が所有する物件の価格が
現在いくらで売れるのだろうかというところから始まった。


当時は、某不動産コンサルタント会社で勤めており
不動産に対する的確な知識が必要だったこともさながら
さらに自身が実業家として不動産を運営しなければ話に
ならないと感じ、結果アセット事業へコンバーション後
半年足らずで投資用不動産を持つことができた。



正直、物件は古いが、いかんせん好立地に存するため
不動産投資をする上で安牌な物件だと自負しているつもりだが
価格もそこまで上がっていないのが現実。


ではこのご時世、どんな物件が高く売却できているのかと
そこが気になってしまったのである。










さて、そろそろ本題に入る前に先にひとつ。
いろんな意味で語弊をうむと後々困るので

日本で一番高いマンション

ではなく
『日本一資産価値がありそうなマンション』とでもしておこう。笑

意味は後ほど説明できればとおもう。




とりあえず写真をご覧いただきたい。

【住宅用】

56800


66200


98000



【投資用】

32000


34300


35700


36000


これは、現時点での業者間情報の資料である。


ご覧頂ければお分かりかと思うが
上から順に価格が高くなっている。

もちろん、並大抵の金額でないのは
誰がみても歴然であろう。
立地も違えば広さも構造も高さも違う。


でも、あなたが投資家ならどの物件に
価値があるのかが一目でわかると思う。



つまりいうと、築浅が必ず価値が高いとは限らない
ということ。

もちろん、不動産投資にはいろいろな投資術があるので
一概に前記の内容は当てはまらないかもしれないが、
正直な事を話すと業者間で非常に厄介なことになりかねない。


やはりここから先の話は、気がむいたら書くことにする。






今後書いたとしても、おそらく恐怖ですぐに消してしまうだろうため
ご承知おきを。


クリック頂きありがとうございます!
ブログランキング