2011年06月03日

平成23年特許法等の改正

何かと話題の国会ですが、我々知財関係者が気になる特許法等の改正が衆議院を通過したようです。
日経新聞に出ていたようです。

衆議院のHPを見ると確かに成立しています。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

当初の大改正という噂からすると、それほどではないなという印象です。
気になる内容ですが、経産省の資料からすると、主として以下のようです。

(1) ライセンス契約の保護の強化
ライセンスを受けた者は、ライセンスを特許庁に登録しないと特許権等を譲り受けた者から差止請求等を受け、事業継続が不可能になるおそれがあるが、実務上、登録が困難となっている。そこで、登録をしなくても、このような差止請求等に対抗できるよう制度を整備する。

(2) 共同研究等の成果に関する発明者の適切な保護
共同研究・共同開発が一般化する中で、共同発明者の一部によって特許権が取得されてしまうケースなどが発生しているが、発明者保護の手段は特許権等を無効とする等に限られている。そこで、このような場合に、発明者が特許権等を取り戻すことができるよう制度を整備する。

(3) ユーザーの利便性向上
① 知的財産制度の利便性を向上させるため、中小企業等に対する特許料減免期間の3年から10年への延長、11年目以降の意匠登録料の見直し等を行う。
② 現行制度においては、発明者自身が学会等で発明を公にした場合でも、特許権等の取得が認められなくなる場合がある。そこで、発明者が自ら公表した場合であれば、その公表態様を問わず、発明が公になった後でも特許権等を取得し得るよう制度を整備する。

(4) 紛争の迅速・効率的な解決のための審判制度の見直し
① 無効審決の取消訴訟の提起後に、争いの対象となった特許権の内容を訂正する審判が請求され、事件が特許庁に差し戻されてしまうなど、紛争解決が非効率となる場合が生じている。そこで、無効審判の段階で訂正の機会を確保することにより、訴訟提起後は訂正審判の請求を禁止する等の見直しを行う。
② 無効審判の確定審決については審判請求人以外の者でも同一の事実及び証拠に基づいて争うことが認められない等の審判制度の問題について、審判請求人以外の者による審判請求を認める等の見直しを行う。

改正の説明会やら、改正本やらでバージョンアップを図ることとしましょう。

なお、受験生の皆様方におかれましては、平成23年の論文試験に関して、かの有名な最高裁判例である生ゴミ処理装置事件(最高裁H13.6.12)がまだ論文試験で出題されていないという事実から、出題するなら今年が最後だなという感じなので、念のために判例百選(23,24)などで復習された方が良いように思います。ここ数年特許を受ける権利の周辺(特33条~35条)に関しては出題されていないこともあり、一つの論点として出題されてもおかしくはないかなと。しかし、この辺りの問題を是正するために今年の法改正があるのであり、もはや出題されないとも思えますが...

(6/8追記)
特許庁のホームページに概要が出てました。
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/kaisei/kaisei2/tokkyohoutou_kaiei_230608.htm

(10/23追記)
説明会テキストがアップされました。
https://apollon.nta.co.jp/chitekizaisanken23_hokaisei/files/hokaisei_text.pdf



maruchan_73 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)業務日記 | 弁理士試験 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
プロフィール

サイコキネシス

Twitter
@maruchan_73
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ