理系店長の車いすネット販売日記 "ほぼ毎日更新"

車いすをはじめとして、福祉用具等をオーダーメイドしてきた「(資)まるこ」代表の丸子敦嗣が、開発エンジニアの目から見た色々な疑問や日々の販売・修理業務を営業日にほぼ毎日綴るブログです。 2015年5月からダイエット目的に始めたランニングにはまっています。

スーパーバルブ

スーパーバルブの誤解

スーパーバルブと

普通の従来からある虫ゴム付きの
英式バルブは

互換性があります。


チューブの口金のサイズが違うとかは
ございません


先日も空気が入らなくなったスーパーバルブを持ってきたお客様

小さい丸穴から見えるはずのゴムと
くびれの部分にあったはずのゴムがなくなっています。
IMG_20161216_110702


正常なスーパーバルブ2種類
IMG_20161216_110835
※故障したスーパーバルブと同じものではありません

空気が入らない
すぐに抜けてしまう トラブルが起きましたら

従来からある虫ゴム付きの英式バルブに交換して下さい。
IMG_20161111_170336


形が同じに見えなくても

互換性がございますのでそのままお使い頂けます。


お問合わせが多いので文字を大きくしたり赤くしたりしてみました


それでは今日の荷物です。
[左] 軽量タイヤ(22×1、25-501)チューブ付
[右] 駐車ブレーキCカバー付き(黒)
IMG_20161217_090423IMG_20161217_145241


旅ぐるまKA6(No.101ドットブルー)1台があります。
修理に出かけるので写真のUPが間に合いません。

来週は金曜日が祝日となっており年末年始までドバーッと連休を取る人がいるようです。

物流が混雑してきました。

余裕を持った発注をお願い致します。

来週もよろしくお願いいたします。

車いすの(資)まるこ【合資会社まるこ】
〒343-0806 埼玉県越谷市宮本町5-39-1パラシオン越谷109
E-mail  info@maruco.com(@は半角に打ち直して下さい。)
電話:048-960-2907 Fax:048-960-2917
http://www.maruco.com/ (弊社ホームページ)
フリーダイヤル 0120-663-922 月-土 8-18時 日・祝休

自分で交換&スーパーバルブ

昨日は営業時間を15時で切り上げたのですが

荷物の集荷時間まで少し時間があったので

MY自転車(16年物)の後輪タイヤを交換

本当は前後したかったのですが、時間の関係もあって

サイドウォールがヤバイ状態の後輪のみを交換
IMG_20161211_133103
パナレーサーなんですが、軽量タイプなのでサイドが弱点ですかね

交換するタイヤは、車椅子でお世話になっているCSTのセカンドブランド?(安めです)
IMG_20161211_140738


カッチリとしたサイドウォールで後輪用としては初めについていたIRC並みに良いです。


タイヤもやばかったのですが、一番やばかったのがこのスーパーバルブ
普通の虫ゴムより自然空気漏れが多くなったのでこれは普通の虫ゴム(英式バルブ)へ交換
IMG_20161212_184049

やはり中のゴムが白くなっています

使用期間は下のブログ(2015年2月)からなので1年10ヶ月
実験結果?
何もスペシャルではなかった・・・
出処は日本の某メーカー(商社?)

前のドイツ製は5年ですから・・・
虫ゴム並みの耐久性というところでしょうか(沢山実験してみなくてはわかりませんが)


それでは今日の荷物です。
[左] 車椅子用タイヤのみ(22×1.3/8)
[右]      〃      (20×1.3/8)
IMG_20161212_150722IMG_20161212_145452

車椅子用チューブのみ(22×1.3/8)
IMG_20161212_143950


交換が終わって昨日は11日だったので
レイクタウンのペットショップへ行って、黄色いレシートを
いつものなまずの里福祉会さんのBOXへINしてきました
IMG_20161211_194727


風が冷たく寒くなってきましたが、明日もよろしくお願い致します。

車いすの(資)まるこ【合資会社まるこ】
〒343-0806 埼玉県越谷市宮本町5-39-1パラシオン越谷109
E-mail  info@maruco.com(@は半角に打ち直して下さい。)
電話:048-960-2907 Fax:048-960-2917
http://www.maruco.com/ (弊社ホームページ)
フリーダイヤル 0120-663-922 月-土 8-18時 日・祝休


スーパーバルブの誤解

「自転車と車いすのバルブが違う」と言われ

自転車屋さんが車椅子の修理をしたがらない原因を作ったともされる

スーパーバルブ
IMG_20161111_170214


形式は2種類あります。(多分)

でこれの欠点は、修理が不能ということです。

※機能というか効能が虫ゴムタイプと比べて10倍持つとか言われていますがそんなに持ちません。(経験上)

このスーパーバルブは

空気が抜けてしまったり

空気を入れられなくなってしまっても

素人には修理は不可能と思って下さい。

従来からあるタイプのバルブは

こんな感じで虫ゴムが破れると空気が漏れ始めます。
IMG_20161111_170402


そういう場合は、虫ゴムをスパっと抜いて
IMG_20161111_170325

新しい虫ゴムを取付(被せて)して下さい。

完成
IMG_20161111_170336


従来からあるタイプのバルブは修理可能ですが

スーパーバルブは修理ができないというお話でした。


それでは今日の荷物です。
[左] 肘当てAスタンダードパッド7inソフトキャスター車輪
[右] 軽量タイヤ22x1(25-501)チューブセット
IMG_20161111_121103IMG_20161111_134720


明日は少し暖かくなるようです。

寒いのは苦手です。

先週から続く微熱?が下がりません(健康診断がピンチかもしれません)


車いすの(資)まるこ【合資会社まるこ】
〒343-0806 埼玉県越谷市宮本町5-39-1パラシオン越谷109
E-mail  info@maruco.com(@は半角に打ち直して下さい。)
電話:048-960-2907 Fax:048-960-2917
http://www.maruco.com/ (弊社ホームページ)
フリーダイヤル 0120-663-922 月-土 8-18時 日・祝休

実験結果?

今日も青空が広がり、日差しは春のような一日でした。


タイトルの件 通勤は基本徒歩なのですが、始業に間に合わないときは自転車で通勤いたします。

その自転車のタイヤが最近パンク気味というか、少し空気が抜け気味でした。

冷え込みがキツい朝はしょうが無いかと思って空気を入れてから乗っていましたが

毎回毎回抜け気味なので、思い切ってバルブを交換

そうしましたら空気の抜けが収まりました。

使っていたバルブは5年間無交換のスーパーバルブ

ドイツ製の一番良いものです。
DSC_3849
取り外した直後はお尻の部分が凍ったように白くなっていましたのでゴムが硬くなって、空気が抜けやすくなってしまったようです。

5年持ったのはドイツ製だからこそ、今の車いすメーカーが使っている中国製は・・・

次のバルブもテストをかねて、ちょっとスペシャル(非売品)なスーパーバルブを入れています。

何かあったらレポートします。


今日の荷物です。

安価で丈夫な KV22-40SB  佐川急便さんの代引きです。
DSC_3848
代引き送料は実費ですが今回は関東でしたので税込2,160円です。

タイヤ・チューブ付 22×1.3/8(37-501)
DSC_3847



ニューソフトキャスター車輪6インチ
DSC_3846
一番安価なので、値段だけでお決めになると取付が出来ない場合があります。
カワムラサイクルの車椅子用です。

今週もお疲れ様でした。来週月曜日も朝8時より営業致します。

車いすの(資)まるこ【合資会社まるこ】
〒343-0806 埼玉県越谷市宮本町5-39-1パラシオン越谷109
E-mail  info@maruco.com(@は全角です。半角に打ち直して下さい。)
電話:048-960-2907 Fax:048-960-2917
http://www.maruco.com/ (弊社ホームページ)
フリーダイヤル 0120-663-922 月-土 8-18時 日・祝休


 白神文彦の情報は「続きを読む」からどうぞ続きを読む

YAMAHAがスーパーバルブ

DSC_3659


遂にというか何故にと言うべきか、YAMAHAが来月よりスーパーバルブの採用を決めました。

当店は一販売店ですので従うしかございません(苦笑)

製造元がドイツの場合は信用がおけるのですが、ドイツから輸入している会社に聞いてみたところ

ヤマハさんへ卸している事実はない用です。

何かの折に営業に聞いてみますが、

中国製の場合良いのは最初だけで、そのうち空気が入らなくなったりします。

当店での販売台数は手動車椅子に比べればぐっと少ないのでフォローできる台数ではありますが

説明をして付け替えるか、スペアとして虫ゴム式のバルブを渡すのが良いかと思います。

<スーパーバルブに関する過去の記事は下記です。>
スーパーバルブの功罪
スーパーバルブは使ってはいけない〜5(最終回)
スーパーバルブは使ってはいけない〜4
スーパーバルブは使ってはいけない〜3
スーパーバルブは使ってはいけない〜2
スーパーバルブは使ってはいけない〜1


今日の荷物です。

ヤマハのスポークカバーです。
DSC_3660
http://www.maruco.com/SHOP/395585/629222/list.html

肘当て(アームレスト)AスタンダードパッドとC舟形です。
DSC_3661
http://www.maruco.com/SHOP/333703/436337/list.html

BlogPaint


今週もお疲れ様でした。雨・雪・風結構荒れた天候が多かったですね。

試乗は室内で行っていますが、雨が降っていると億劫になりがちですので晴れると良いと思います。

それではまた来週 来週月曜日も朝8時より営業致します。

車いすの(資)まるこ【合資会社まるこ】
〒343-0806 埼玉県越谷市宮本町5-39-1パラシオン越谷109
E-mail  info@maruco.com(@は全角です。半角に打ち直して下さい。)
電話:048-960-2907 Fax:048-960-2917
http://www.maruco.com/ (弊社ホームページ)
フリーダイヤル 0120-663-922 月-土 8-18時 日・祝休

スーパーバルブの功罪

今日もうだるような暑さ・・・そんな中お客様のご来店頂き有難う御座いました。

お一方はご注文頂いた車椅子を取りに来て頂き有難う御座いました。助かりました。

飛び入りでブレーキが壊れたとのことで都内から該当部品を探しに来て頂きました。

在庫は御座いませんが来週お越し頂くまでにご用意致します。
 
 オーダーメイド車椅子によく使われているタイプです。カタログ写真でスミマセンが販売ページです



お昼頃車椅子を持ってきて下さいました埼玉県内からお越し頂きましたお客様、、お疲れ様でした

このスーパーバルブがついた車椅子を持ってこられまして、、、
DSC_2412

そうです、ちょっと前に連載で書いた使ってはいけない「スーパーバルブ」です。

 ※一番読んで頂いている記事です。1から5まで書きましたがアクセス数ベスト5です。「スーパーバルブ」で記事検索すると一気に読めます。


症状は、空気が抜けて何度空気を入れても翌日にはぺしゃんこになってしまうので

自転車屋さんに持っていったが、チューブに穴はあいておらず、バルブだろうと言うことでしたが、

こんなバルブ見たことが無いので直せないと言われ途方に暮れ当店に来られたという経緯です。


パンク修理をやっているような古い自転車屋さんほどスーパーバルブは見たことが無いのかもしれません。


実際お客様から「車椅子は特殊だから修理できないと言われました」と聞いたことは何度かあります。


そのたび毎に、買ったお店を聞き「インターネットです」といわれるので、バルブの写真を撮って送ってもらうと

全て「スーパーバルブ」でした。


私は「バルブ全部を交換して下さい」「ホームセンターやダイソーで売っていますので虫ゴムタイプのバルブを買って下さい」とお伝えし解決してきました。


スーパーバルブを買って交換しても良いのですがまた同じ事が起きるとトラブルシューティングに時間がかかってしまいます。虫ゴムが原因の場合は破れますので一目瞭然です。チューブを引っ張り出して穴チェックをしなくても、まず虫ゴムを交換して様子を見ると言うことが出来ます。



車椅子のは違うと自転車屋さんにレッテルを貼られるほど広まってしまったスーパーバルブですが、通常のバルブへ交換して頂ければ問題御座いませんので

自転車屋さんどうか修理を御願い致します。

高齢化が進み老々介護のケースが多くなってきておりますので車椅子のパンク修理は自転車屋さんが頼みの綱なのです。

宜しく御願い致しますm(._.)m


それでは本日のお荷物はま〜たまたまたタイヤです
BlogPaint

明日の午前中に届きますので宜しく御願い致します。


それではまた来週。今週もお疲れ様でした続きを読む

スーパーバルブは使ってはいけない〜5(最終回)

ここまで4回にわたってスーパーバルブの弱点を書いてきましたが、

  • 外から見て故障原因が分かりにくい部品は使わない

  • 製造元がが分からない部品は使わない

  • 虫ゴムは消耗品と割り切る。消耗部品は早めに交換する。


この3つを守って頂ければ良いかと思います。

一見便利に思えたスーパーバルブは虫ゴムより十倍長持ちするどころか虫ゴムより早くダメになってしまうこともある部品でした。

この部品を広めたのは私らしいのです。

しかし使用を止めたのも一番早かったのですが今更ながらブログに書いているのは、止めたことを大々的にお伝えすることを怠ってしまったという自分への自戒の念もあります。

ある日突然空気が入らなくなった時、虫ゴムが付いていないバルブが付いていた場合はほぼそのバルブ(スーパーバルブ)の故障です。

その際は虫ゴム式のバルブを購入して交換してください。

※高圧の空気を吹き込んだり細い棒などで突っつけば治ることもありますが、潔く交換し、定期的に虫ゴムを交換して頂いた方がよろしいかと思います。


5回にわたってつたない文章を読んで頂き有難う御座いました。

それではまた。

スーパーバルブは使ってはいけない〜4

誰でも分かることでしょうけど、修理で一番大事なのは原因の場所を見つけることです。

昨日のブログのように虫ゴム式のバルブと違って、スーパーバルブ(プランジャー式バルブ、スペシャルバルブ)は外観からは故障と分かりにくいのが欠点の一つ。

2つ、スーパーバルブはあまり世間一般には知られていない部品です。8年程前、当店がスーパーバルブを使用したあとドリームサポートさんのウルトラシール(現在名ドリームシール)の付属品として2005年位に販売されていました。その当時の記事はコチラ

一般的でない部品ですので、スーパーバルブを知っている人が施設・病院等で車椅子を管理していれば良いのですが、結構「車椅子のタイヤが変、虫ゴムが付いていない」という電話を頂きます。

まれに虫ゴムが全部チューブの側に飛んで入っていって丸裸に近くなってしまうこともありますが、全く付いていない状態にはなりませんのでトラブルで電話がかかってくるのはスーパーバルブです。

スーパーバルブは病院の修繕係の人にも知られていない部品だと言うことです。

DSC_1531


話はそれて前に戻りますが、虫ゴム式のバルブにはメーカーの刻印が有るのです。
左と真ん中の2本が W 右が V Wがホワイトなんちゃら?(うろ覚えですみません。)でVは全然覚えていません。


虫ゴムの方は切れてしまったら虫ゴムをかってきて短く切って差し込めば良いのですが、スーパーバルブは使い捨て(本体ごとの交換が必要)になりますのでダイソーで2個210円、ホームセンターで高い物は420円とかします。

DSC_1532


写真のような虫ゴムを一巻き持っていれば何十台と修理が出来ます。

自転車に乗った事があって空気を自分で入れてきた人なら知っている虫ゴムの方がタイヤの空気のトラブルがあったときに原因の追及がしやすいのは分かって頂けたでしょうか?


またまた続きますが明日で多分終わります

スーパーバルブは使ってはいけない〜3

某メーカーさんが知らないうちに標準仕様にしていたスーパーバルブ(プランジャー式バルブ、スペシャルバルブとも言います。)「空気が入らない」 「空気が抜ける」というトラブルがあった模様で別仕様で依頼をしなければ付かなくなりました。

「空気が入らない」というトラブルは内部の固着による物なのです。コンプレッサーなどで高圧の空気を入れれば復活する場合もありますが一昨日の日記の写真をUPします。

左がOKなもの、その他は空気が入らなくなった物
DSC_1530


見た目は変わりません。 変わらないいうことは、空気が入らなくなった原因の追及がしにくいと言うことです。

スーパーバルブがダメになる物だと分かっていれば良いのですが、このスーパーバルブという製品は、「虫ゴム式より10倍長持ち!」なんていうキャッチフレーズで売られていますのでまさかここが壊れるなんて思わない人が殆どです。

DSC_1539


この虫ゴムのようにゴムが切れていれば
「あーここから空気が漏れて空気を入れても次の日にはぺしゃんこになってしまうんだなぁ」と殆どの人が理解が出来ると思うのです。

また続きます。

スーパーバルブは使ってはいけない〜2

工業製品としての致命的な欠陥とはなにか?

何か?

昨日の写真をもう一度じっ-と見てください。

じーっと見ると欠陥が見えてきます〜見えてきま〜す

催眠術ではないのでさらっと書きますと、スーパーバルブは、パッケージから出すとどこの製品なのか分からないのです。

つまり製造元が製品に刻印されていないのです。

なので製造者責任がないというか、問う事が出来ないことになります。

実際某車いすメーカーで採用したスーパーバルブはどうだったかというと、、、、

続きます。




スーパーバルブは使ってはいけない〜1

車いすのネット販売業者や、施設職員等でもてはやされて久しい、チューブへ空気を入れる所のスーパーバルブ(別名プランジャータイプの虫ゴム)と呼ばれるこの部品

DSC_1530


出来るだけ使わないようにした方が無難です。

なぜなら
この3本のスーパーバルブ同じように見えますが出所は全部違います。

違うと分かっているのは私が作ったオーダーメイドの車いすに取付けてトラブったので、部品のメーカー(購入先)によって違いが出るのかお客様の了解を得てテストをしたものだからです。

結果は一番左端のドイツ製の物だけノートラブル。

真ん中と右端は価格からしておそらく中国製と思われるスーパーバルブです。

スーパーバルブは工業製品として致命的な欠陥があるのです。

それは、、、

明日に続きます。
記事検索
「車いすのまるこ」も使ってます
Profile
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
店長の趣味かも
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ