みなさん、こんにちは、marufroです。

勝利の喜びも一晩経つと、エウソンの退団に持ってかれましたが、エウソン話題についてはまた別途ということで。

うーん、、悲しい。

閑話休題

土曜日の最終戦等々力、なんだか満員であることが日常になりつつある雰囲気。
素晴らしいですね。

さて、試合ですが、

最後にきました等々力劇場!

今年は良い意味で堅い試合が多かったので、劇的な勝ち方は少なかったわけですが、最後に残してただけなんですね。

磐田には悪いけど、これも勝負の世界。

誰にも止められないモードのアキの絶妙なターンで勝負つきましたね。

これで今季の最多得点、最小失点での優勝。
二位との勝点差は12という、誰にも文句はつけられない優勝でしょう!

他クラブが浮き沈みの激しい1年を繰り広げたなか、後半に向けて勢い増して、追われる側としてフィニッシュしたことはクラブとして良い経験でしたね。

来年について、社長は相当調子のってましたが(笑)、しっかりとシーズンを乗りきれる戦力に目処がついているからと信じてます。

エウソンの発表も、スタメン空いたよ、と世の中に示すためということも含まれていると信じてます。


まぁ、勝っても負けても、タイトルとれてもとれなくても、やっぱりこのクラブが好きだから応援し続けます。

連覇おめでとう、ありがとう、フロンターレ!
ストーブリーグも頑張れ、フロンターレ!

ソンリョン:失点シーンはしょうがない。他のシーンはしっかり門を閉ざした。

エウソン:失点シーンはもう少しやりようが。攻守にわたり奮闘。エウソン、今までありがとう

彰悟:失点前のスライディングは正しかったか、ここは見直してほしい。軽く見えた。終盤は前目のポジションをとって、さばききった。

奈良ちゃん:気迫の同点ゴール。守備も安定。闘将と言われる日も遠くないか。

車屋:無念の負傷交代。出ていかないでね!

碧:変なかたさはなかったし、良さも少しずつ出てきている。来シーズンに向けて良いフィニッシュ。

守田:ルーキーだけど、ルーキーのカバーをしながらの試合(笑)。少し雑なシーンが目立った。アイデアに対する一か八かをなくせばもっと凄い選手になる!

アキ:最後のあの時間にぶれずにあのターンでDFを置き去りに。恐怖の男

憲剛:チームのバランス考えながら、臨機応変に動き回る姿は素晴らしき手本。パス精度もやっぱり群を抜いてる。

竜也:気持ちが伝わってくるプレーの数々。
攻守にわたって存在感を示し続けた。阿部ちゃんとは違う形の完成形まで示してほしい。

知念:やはり悠とは違う上手さと力強さを発揮。コンスタントな結果を示し続けてほしい。

ノボリ:スクランブル出場。結果的には決勝点にもつながる交代に。攻守のバランスはさすが。

阿部ちゃん:与えられた状況を見ながらプレーできるから、本当に安心感を与えてくれる。

マナブ:不本意なシーズンだとは思うが、来年はチャンスが多い。このオフにどう過ごすか、懸ける期待も大きい。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ