皆さん、こんにちは、marufroです。
土曜日のホーム最終戦。

大惨敗にて終了。

Jリーグの最終節の面白さすら半減させるという、おまけ付き。目の前でシャーレを掲げることを見ないで済んだことだけが救いでした。

それにしても

横浜強かったですね。
本当にタイトルにふさわしいチームに変貌を遂げてました。
自信を持ってプレーしてるのがよくわかりましたし、あの攻撃力は間違いなくJリーグトップでしょう。

一方のフロンターレ

信じられないほど軽いし、ミス多い。
そして攻守の意識バラバラ。修正できずに敗戦。

負けたのに悔しくなければ、怒りもわかない。
なんというか、情けないとか、悲しいとかの方かな。絶対に勝てたと思うけどなぁ。

とりあえず今シーズンのスタジアム観戦は終了です。
来週の最終節、しっかり札幌に勝って、あとは祈りましょう。

頑張れ、フロンターレ!!



両ライバルが最終節にタイトル懸けて激突。
いいな~(笑)

ソンリョン:ベンチにいてもしっかり準備してくれていたのが分かった。ただノーチャンス過ぎた。

守田:本職でもないのは分かるけど、先制点を取られたところはいただけない

彰悟:DFリーダーとしてもっと前線と意志疎通すべきだった立ち上がり。最後の失点は敗戦を受け入れなければいけなくなる痛恨のミス。悉くダメなプレーが目立った

山村:スピードで負けるのはしょうがないが、軽いプレーが散見。

車屋:左サイドで攻守に貢献してたがゆえに、結果がほしかった。

りょーた:通っていればビッグチャンスとなる意図あるパスを出そうとしたが、ミスが多すぎた。

碧:凡ミス多過ぎてチームのリズムを崩しすぎた

阿部ちゃん:アキとともに、バランス見ながらチームを牽引するも、見せ場は少なかった

アキ:力強く牽引もイラついてしまう局面も多かった。パフォーマンスは悪くないだけに、もったいない。

脇坂:碧と共通することは、確実性を高めること。感覚とのすりあわせがまだまだ必要

悠:悉くオフサイド。なんとも言えない結果に。前から行くのは良いけど、後ろの状況を彰悟と確認しながら行くべきだった。

ダミアン:与えられた時間で結果を出した。今のスタイルの延長でもなく、高さだけではないダミアンシフトを作っても良いと思う。

竜也:この試合で、唯一マリノスに脅威を与え続けた。ドリブルのキレは今季最高潮

知念:見せ場は作ったが、時間足りなかったね。

鬼さん:前半立ち上がりで、前線と最終ラインの間延びが発生。プレスがはまりづらいこと、中盤が空くことを認識したうえで、修正するべきだった。がっちり固めて守りつつ、ボールを握れば、主導権握れたのは明白。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村