2017年09月25日

頼むでしかし

170925渋滞を発生させないでくれ。
  
Posted by marugaryman at 22:29Comments(0)

2017年09月24日

三原市場

170924
  
Posted by marugaryman at 21:56Comments(0)

2017年09月22日

港湾食堂

170922雨やな。

フェリーターミナル内での走行は、安全確認を怠ったらあかんで。ましてや下船作業中なら尚更や。
昨夜、敦賀の新日本海フェリーターミナル内で起こった事故について、現場にいた多くのドライバーらは、心の中でこう呟いたんとちゃうか。

このクソ忙しいのに、何してくれてんねん。

ほんま、気をつけなあかんで。
  
Posted by marugaryman at 12:53Comments(6)

2017年09月18日

『世界をわからないものに育てること』

170918本
『世界をわからないものに育てること――文学・思想論集』

加藤典洋 著

理に落ちてしまうまえに、そのとき生まれた一瞬の驚きに立ち止まり、世界をわからないものに育てる―そういう時間をつくりあげてゆくことが、いまを生きる私たちにとって大切なのではないだろうか。『巨匠とマルガリータ』から『永遠の0』『東京プリズン』まで―同時代と歴史に沈潜し、文学の“現在”を浮き彫りにする。 (「BOOK」データベースより)


・ 阪神淡路大震災がライトのベルの勃興に一役買う役割を果たした

そうなのか?
  
Posted by marugaryman at 18:01Comments(2)本を読もう 2017

2017年09月17日

蟻って

170917蟻ウエストがめっちゃ細いな。と思ったら、後ろ足の後ろにあるからウエストとちゃうやん。尻の付け根か。尻の付け根ってなんやねん。これは尻やなくて尻尾と呼んだ方がええんとちゃうか。蟻は尻尾から糞をするんか。気持ち悪いな。
よう見たら後ろ足の付け根もめっちゃ細いやんけ。こんなんでよう走れるな。

テツ氏は、予定していた仕事がキャンセルになったため、思わぬ休日を手に入れたらしい。
  
Posted by marugaryman at 08:01Comments(3)

2017年09月15日

神戸中央市場

170915神戸中央市場
  
Posted by marugaryman at 13:07Comments(2)

2017年09月14日

バラ積み

170914テツ氏は大阪府内をうろうろしているらしい。

某市場で他社の運転手から

○○さんはいつもバラ積み満載ですよね。凄いっすね。尊敬します!

などと言われた。好きでやってるわけじゃないけどね。こんな昭和なスタイル、いつになったら終わる時代が来るのだろう。
  
Posted by marugaryman at 16:53Comments(5)

2017年09月12日

大和川増水

170912大和川このおじさん危ないな。
  
Posted by marugaryman at 12:15Comments(3)

2017年09月09日

オクラ

170909おくら
  
Posted by marugaryman at 00:49Comments(5)

2017年09月08日

豚バラ軟骨

170908豚バラ軟骨テツ氏は、ばりばりと軟骨を噛み砕く音を店内に響かせながら、カルシウム摂取の任務を粛々と遂行したらしい。
  
Posted by marugaryman at 17:38Comments(2)

2017年09月05日

2008D

170905 2008Dこんにちは、鉄です。
テツさんは米子で筋トレをしているらしい。
  
Posted by marugaryman at 13:07Comments(4)

2017年09月04日

『夜のピクニック』

170904本
『夜のピクニック』

恩田陸 著

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。 (「BOOK」データベースより)


なんでもないことでも瑞々しく新鮮に感じるのは10代ならではだと思う。青春やね。面白かった。

長い距離を延々と歩きたくなった。

  
Posted by marugaryman at 18:46Comments(2)本を読もう 2017

2017年08月30日

『走れメロス 他8篇』

170830本
『走れメロス 他8篇』

太宰治 著

人間の信頼と友情の美しさを、簡潔な力強い文体で表現した『走れメロス』など、安定した実生活のもとで多彩な芸術的開花を示した中期の代表的短編集。「富士には、月見草がよく似合う」とある一節によって有名な『富岳百景』、著者が得意とした女性の独白体の形式による傑作『女生徒』、10年間の東京生活を回顧した『東京八景』ほか、『駈込み訴え』『ダス・ゲマイネ』など全9編。 (「BOOK」データベースより)


走りたくなった。

『ダス・ゲマイネ』 『富岳百景』 『女生徒』 が良い。
  
Posted by marugaryman at 12:54Comments(4)本を読もう 2017

2017年08月29日

ミサイルといえば

170829肉肉だな。
  
Posted by marugaryman at 20:36Comments(4)肉だな

2017年08月28日

お姉さんヒッチハイカー

170828ヒッチハイカー『なつきとしほ ヒッチハイク旅』 と書いてあった。
テレビか何かの企画かね? ヒッチハイカーらしさを感じないのだが。
場所が場所だけに、呑み屋のキャッチかと思ったわ。
  
Posted by marugaryman at 13:17Comments(5)

2017年08月27日

体力低下

170827にゃんこ機械の体が欲しいよ、メーテル。
  
Posted by marugaryman at 17:32Comments(3)

2017年08月23日

『六人の超音波科学者』

170823本
『六人の超音波科学者 Six Supersonic Scientists』

森博嗣 著

六人の科学者が集う土井超音波研究所。そこに通じる唯一の橋が爆破され、山中深くに築かれた研究所は陸の孤島となった。仮面の博士が主催する、所内でのパーティの最中に死体が発見される。招待されていた瀬在丸紅子たちは真相の究明に乗り出すが…。森ミステリィの怜悧な論理が冴えるVシリーズ第七弾。 (「BOOK」データベースより)


巻頭の登場人物一覧を見て六人の共通点に気付いた自分を自画自賛している。

無響室に入ってみたくなった。
  
Posted by marugaryman at 12:31Comments(2)本を読もう 2017

2017年08月22日

岡山

170822岡山狭いっちゅうねん。
木の枝擦りまくりやんけ。
  
Posted by marugaryman at 11:40Comments(4)

2017年08月20日

上蓋

170820トマトトマトに限った話ではないが、上蓋の無い箱を採用するメリットとは何か? ダンボール代の節約や、箱ごと店頭に陳列できる手軽さなどか。
積み下ろしし辛いし、直接傷付きやすいし、衛生上問題有りそうだし、盗難の危険性も増しそうだし。デメリットの方が多いように思うぞ。
  
Posted by marugaryman at 16:30Comments(3)

2017年08月19日

このトンネルは

170819トンネル事故が多いな。

テツ氏は多忙らしい。
  
Posted by marugaryman at 16:06Comments(3)