2017年12月14日

8時間遅れ

171214てっちゃん定食8時間遅れでフェリーが着岸。しかし波が高いため下船作業が始まらない。市場4ヶ所降ろしなのに…
  
Posted by marugaryman at 05:04Comments(2)

2017年12月12日

『組長の妻、はじめます』

171212本
『組長の妻、はじめます。: 女ギャング亜弓姐さんの超ワル人生懺悔録』

廣末登 著

「懲りない女と笑ってください―」。逃走車中で痛恨の恥骨骨折もなんのその、激痛さえシャブでかき消し、手下を率いた荒稼ぎで毎日が大忙し。度々の指名手配ではヒットマンと逃避行あり、警官の威嚇射撃で殺されかけたり。御用となっても刑務所は毎度「満期上等!」で懲罰の独房常駐、隣はあの林真須美死刑囚―。そんな悪名高き彼女が、悪事から足を洗い、晴れて?極妻となるまでを涙と笑いで大告白!! (「BOOK」データベースより)


人を殺していないので、悪を極めたとは言えないと思う。本に書いてないだけかもしれないが。
  
Posted by marugaryman at 21:58Comments(0)本を読もう 2017

2017年12月11日

某チェーン店

171211リブロースがっかりだぜ。
  
Posted by marugaryman at 12:32Comments(2)

『斜陽』

171211本
『斜陽』

太宰治 著

敗戦後、元華族の母と離婚した“私”は財産を失い、伊豆の別荘へ行った。最後の貴婦人である母と、復員してきた麻薬中毒の弟・直治、無頼の作家上原、そして新しい恋に生きようとする29歳の私は、没落の途を、滅びるものなら、華麗に滅びたいと進んでいく。(「BOOK」データベースより)


直治の遺書は、文章の上手な中学生みたいだな。
  
Posted by marugaryman at 08:02Comments(0)本を読もう 2017

2017年12月10日

プリンタルト

171210プリンタルトなぜこんなに軽いのだ?と不思議になるくらい軽い。
  
Posted by marugaryman at 11:37Comments(3)

2017年12月09日

そんな季節

171209積雪タイヤを換えといて良かった。
  
Posted by marugaryman at 11:18Comments(4)

2017年12月07日

和歌山

171207レモン
  
Posted by marugaryman at 15:01Comments(3)

2017年12月06日

『朽ちる散る落ちる』

171206本
『朽ちる散る落ちる』

森博嗣 著

土井超音波研究所の地下に隠された謎の施設。絶対に出入り不可能な地下密室で奇妙な状態の死体が発見された。一方、数学者・小田原の示唆により紅子は周防教授に会う。彼は、地球に帰還した有人衛星の乗組員全員が殺されていたと語った。空前の地下密室と前代未聞の宇宙密室の秘密を暴くVシリーズ第9作。(「BOOK」データベースより)


犯人はどうやって衛星に乗り込んだんだ?
HOゲージが欲しくなった。

  
Posted by marugaryman at 11:27Comments(2)本を読もう 2017

2017年12月05日

タイヤ交換

171205領収書冬タイヤを履いた。
  
Posted by marugaryman at 14:21Comments(7)

2017年12月03日

広島

171203原爆ドーム
  
Posted by marugaryman at 19:00Comments(2)

2017年12月02日

まぐろ丼

171202まぐろ丼某鮪専門店で鮪丼を食べたのだが、スーパーで売っている刺身を白飯に載せただけのようなチープな味で、がっかりした。市場の近くだからといって美味しいとは限らないのだよ川崎さん。
  
Posted by marugaryman at 00:24Comments(2)

2017年12月01日

名古屋

171201すき焼きテツ氏は名古屋で冷凍食品を降ろしているらしい。
  
Posted by marugaryman at 10:50Comments(2)

2017年11月30日

なんとか

171130みかん最後はパレットのまま押し込むことが出来た。降ろす人もこの方が楽やろ。
  
Posted by marugaryman at 18:25Comments(0)

2017年11月29日

『変身』

171129本
『変身』

F・カフカ 著

ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったのか…。謎は究明されぬまま、ふだんと変わらない、ありふれた日常がすぎていく。事実のみを冷静につたえる、まるでレポートのような文体が読者に与えた衝撃は、様ざまな解釈を呼び起こした。海外文学最高傑作のひとつ。 (「BOOK」データベースより)


家族は先ず警察に連絡しろよ。
  
Posted by marugaryman at 21:06Comments(2)本を読もう 2017

2017年11月28日

171128有田昨夜0時半頃、国道27号線を走行していたテツ氏は、ツキノワグマが目の前を横断する姿を目撃した。野生のツキノワグマを見たのは、数年前に岩手県内で目撃した時以来2度目である。同じ熊でも野生のヒグマを目撃した時のような衝撃は受けなかった。アイツになら勝てるかもしれない。とテツ氏は阿呆なことを考えているらしい。
  
Posted by marugaryman at 11:06Comments(2)

2017年11月26日

『バッタを倒しにアフリカへ』

171126本
『バッタを倒しにアフリカへ』

前野ウルド浩太郎 著

バッタ被害を食い止めるため、バッタ博士は単身、モーリタニアへと旅立った。それが、修羅への道とも知らずに…。『孤独なバッダが群れるとき』の著者が贈る、科学冒険就職ノンフィクション! (「BOOK」データベースより)


面白かった。専門分野で夢中になる人の話は好き。
アフリカに行きたくなった。
山羊肉の盛り合わせが美味しそう。


・ 地球上の地区地面積の20%がバッタの被害に遭い

驚いた。

・ 「ジャパンではクリスマスにチキンを食べるんだろう?」

パーティバーレル予約せな。
  
Posted by marugaryman at 18:29Comments(0)本を読もう 2017

2017年11月24日

晩飯

171124パイナップル
  
Posted by marugaryman at 18:41Comments(6)

コンテナ

171124 C9今日のテツ氏は一日コンテナ仕事らしい。
  
Posted by marugaryman at 10:40Comments(3)

2017年11月22日

『つきのふね』

171122本
『つきのふね』

森絵都 著

あの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに精神を病んでいき―。近所を騒がせる放火事件と級友の売春疑惑。先の見えない青春の闇の中を、一筋の光を求めて疾走する少女を描く、奇跡のような傑作長編。 (「BOOK」データベースより)


『みかづき』が面白かったので、期待して買った森絵都作品3冊のうちの1冊。ちょっと期待値のハードルを上げすぎたかな。イマイチ。

ラストの廃校になった小学校でのシーン。私が梨利なら、さくらを張り倒してでも屋上には行かせないけどな。

この作品に限ったことではないが、自分の殻に閉じ篭ってうじうじ悩む描写にはイラッとする。
  
Posted by marugaryman at 00:36Comments(2)本を読もう 2017

2017年11月21日

無限プリン

171121プリン表示されているカロリーを見たら、無限に食べられる気が失せた。
  
Posted by marugaryman at 08:43Comments(3)