2017年03月28日

4958D

170328 4958Dこんにちは、鉄です。
テツさんは徳島に来ているらしい。
  
Posted by marugaryman at 10:55Comments(1)TrackBack(0)

2017年03月27日

『世界の果てのこどもたち』

170327本
『世界の果てのこどもたち』

中脇初枝 著

戦時中、高知県から親に連れられて満洲にやってきた珠子。言葉も通じない場所での新しい生活に馴染んでいく中、彼女は朝鮮人の美子と、恵まれた家庭で育った茉莉と出会う。お互いが何人なのかも知らなかった幼い三人は、あることをきっかけに友情で結ばれる。しかし終戦が訪れ、運命は三人を引きはなす。戦後の日本と中国で、三人は別々の人生を歩むことになった。戦時中の満洲で出会った、三人の物語。(「BOOK」データベースより)


泣いた。
戦争に翻弄される民間人の物語は、読んでいて胸が苦しくなるな。

  
Posted by marugaryman at 09:28Comments(1)TrackBack(0)本を読もう 2017

2017年03月26日

左京区うろうろ

170326桜友人が大学を卒業したので、祝いを兼ねて設楽氏と二人で京都へ行ってきた。
設楽氏とは、以前に何度かこのブログにも登場したあの設楽氏である。テツ氏の高校の後輩であり、とても優秀でルックスも良いにも関わらず、なぜか女性に縁が無く、未だに独身至上主義を貫いている。










  続きを読む
Posted by marugaryman at 14:38Comments(2)TrackBack(0)

2017年03月24日

『月は幽咽のデバイス』

170324本
『月は幽咽のデバイス』

森博嗣 著

薔薇屋敷あるいは月夜邸と呼ばれるその屋敷には、オオカミ男が出るという奇妙な噂があった。瀬在丸紅子たちが出席したパーティの最中、衣服も引き裂かれた凄惨な死体が、オーディオ・ルームで発見された。現場は内側から施錠された密室で、床一面に血が飛散していた。紅子が看破した事件の意外な真相とは。 (「BOOK」データベースより)


血液は水と混ざらないのか。知らなかった。

  
Posted by marugaryman at 12:10Comments(2)TrackBack(0)本を読もう 2017

2017年03月23日

大阪

170323猫テツ氏は、大阪市内で冷凍食品を降ろしているらしい。
  
Posted by marugaryman at 07:58Comments(4)TrackBack(0)

2017年03月22日

移動式

170322消火器しっかり固定されているのに移動式とは、これ如何に。
こういうのを見ると、消火したくてうずうずしてくる。

それにしても、鮮やかな赤だな。
  
Posted by marugaryman at 08:56Comments(6)TrackBack(0)

2017年03月21日

『断片的なものの社会学』

170321本
『断片的なものの社会学』

岸政彦 著

路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ…人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事」をめぐるエッセイ。(「BOOK」データベースより)


面白かった。
黙っていると冷たいとか人でなしと言われ、言葉にするとその言葉が暴力となる。じゃあどうすればいいんだよという気持ち、分かる気がする。


・ 肝心なことは、社会的に張られたラベルを引き剥がすことは、とても難しい問題を色々と呼び起こすということである。そしてそれは、とても勇気のいることでもある。

共感する。
  
Posted by marugaryman at 19:24Comments(0)TrackBack(0)本を読もう 2017

2017年03月19日

『L 〜エル〜』

170319本
『L 〜エル〜』

Acid Black Cherry 著

波乱の人生を送った一人の女性エル。その人生を綴った壮大な物語。 (「BOOK」データベースより)


どこかで読んだことのあるような内容。
自分は不幸だと思い込んでいる人にはウケるかもしれない。
  
Posted by marugaryman at 18:35Comments(0)TrackBack(0)本を読もう 2017

2017年03月18日

『カズサビーチ』

170318本
『カズサビーチ』

山本一力 著

1845年、捕鯨船マンハッタン号は洋上で日本人漂流者22人を救助。彼らを送り届けるため、被弾覚悟で鎖国中の日本に針路を取った。激しい黒潮や食料難と闘いつつ育まれる船乗り同士の言葉を超えた友情と敬意。一方の江戸幕府老中・阿部正弘は異国船対応に苦慮しながらも、その勇気に応える一つの答えを用意する。実話に基づく感動の歴史長篇。(「BOOK」データベースより)


異文化交流の話は面白いから好き。敬意と寛容は大切やね。
船乗りになって遭難した人を助けたくなった。
  
Posted by marugaryman at 12:02Comments(0)TrackBack(0)本を読もう 2017

2017年03月17日

US-2

170317US2写真が…
  
Posted by marugaryman at 07:07Comments(5)TrackBack(0)

2017年03月16日

渥美半島

170316キャベツ田原市でキャベツを積んだテツ氏は、大急ぎで東名高速を走り、時間ギリギリで某所に到着したらしい。もう少し時間に余裕が欲しいものだ。
  
Posted by marugaryman at 07:04Comments(2)TrackBack(0)

2017年03月15日

手羽煮きしめん

170315きしめんそのうち味噌カツきしめんとか、小倉あんトーストきしめんも登場しそうだ。
  
Posted by marugaryman at 14:54Comments(4)TrackBack(0)

2017年03月14日

ヒヨドリ

170314ひよどり・ 仔飼いにすると非常によく慣れ、飼い主を見分けることから平安時代は貴族の間で盛んに飼われた。(Wikipediaより)

大阪を代表する貴族であるテツ氏は、ヒヨドリを飼うことにした。
繁殖させて数を増やし、株式会社THKS(テツ ヒヨドリ 供給 サービス)を設立し、大手焼き鳥チェーンと提携し全国展開することを目論んでいるらしい。
  
Posted by marugaryman at 08:58Comments(4)TrackBack(0)

『螻蛄』

170314本
『螻蛄』

黒川博行 著

「疫病神」コンビ、待望の復活。自称「建設コンサルタント」の二宮とイケイケヤクザの桑原は、五百万の信者を擁する伝法宗慧教寺派の宗宝『懐海聖人絵伝』をめぐるスキャンダルを嗅ぎつける。絵伝を金にしようと画策する二人を待ち受けるのは、巨大宗派の蜜に群がる悪党たち。最後に笑うのは一番の悪党か、羊の皮をかぶった狸・二宮か。巧妙な罠、逆転に次ぐ逆転、想像も及ばぬ金儲けの手法…ページをめくる手が止まらない、大人気シリーズの新たなる頂点。ノンストップ・ノワール・エンタテインメント。(「BOOK」データベースより)


ホタルイカの酢味噌和えと泥鰌鍋が食べたくなった。

  
Posted by marugaryman at 08:22Comments(0)TrackBack(0)本を読もう 2017

2017年03月12日

コロッケ

170312大阪南港テツ氏は、コロッケを降ろしに某冷蔵庫に来ている。
今月は売り上げが少ないので、日曜日だろうが深夜だろうが、労を惜しまず働く準備はできているらしい。
  
Posted by marugaryman at 08:10Comments(5)TrackBack(0)

2017年03月11日

だいすき

170311レタステツ氏はレタスを積んでいるらしい。
  
Posted by marugaryman at 13:01Comments(2)TrackBack(0)

2017年03月09日

コンテナ仕事

170309猫テツ氏はコンテナ仕事で大阪市内をうろうろしているらしい。
  
Posted by marugaryman at 13:52Comments(3)TrackBack(0)

2017年03月08日

猫もふ

170308猫したい。
  
Posted by marugaryman at 15:37Comments(6)TrackBack(0)

姫路

170308夢前テツ氏は姫路に来ているらしい。
  
Posted by marugaryman at 07:43Comments(3)TrackBack(0)

2017年03月07日

『ウンメイト』

170307本
『ウンメイト』

百舌涼一 著

泣ける話は、もう飽きた。出会いは最悪。難儀な性格。それでもボクらは離れない。もらす男となくす女の「運命のひと」探しがあなたのおなかをくすぐります。 (「BOOK」データベースより)


『レオン』が観たくなった。

  
Posted by marugaryman at 12:54Comments(0)TrackBack(0)本を読もう 2017