2016年12月10日

野菜混載

161210京青札幌が大雪のせいで荷物を積む順番が変更になったテツ氏は、朝から大忙しらしい。
  
Posted by marugaryman at 14:31Comments(1)TrackBack(0)

2016年12月09日

和歌山

161209みかん昨年同時期に比べて、みかんの収穫量が半分しかないらしい。
  
Posted by marugaryman at 13:36Comments(3)TrackBack(0)

2016年12月07日

『天国でまた会おう』

161207本
『天国でまた会おう』

ピエール・ルメートル 著

膨大な犠牲者を出して、大戦は終わった。真面目な青年アルベールは、戦争で職も恋人も失ってしまう。画才に恵まれた若きエドゥアールは顔に大怪我を負い、家族とのつながりを断つ。戦死者は称揚するのに、生き延びた兵士たちには冷淡な世間。支え合いながら生きる青年たちは、やがて国家を揺るがす前代未聞の詐欺を企てる! (「BOOK」データベースより)


フランスにはマドレーヌという名前の人は多いのだろうか。どうしてもあの菓子が頭に浮かんで仕方が無い。

終盤は緊張感があって良かった。

ポリーヌは絶対にアルベールを裏切ると思ってたのだが、そうならなかったのは意外。


・ ルイーズの運命はあまり華々しいものではなかった。少なくとも四十年代の初め、再び見出されるときまでは。

ルイーズのその後が気になる。

  
Posted by marugaryman at 08:06Comments(0)TrackBack(0)本を読もう 2016

2016年12月05日

鰤の照り焼き

161205鰤の照り焼きとても美味しかったので、テツ氏はもう一皿食べたらしい。
  
Posted by marugaryman at 12:21Comments(4)TrackBack(0)

2016年12月04日

今朝も玉葱

161204玉葱  
Posted by marugaryman at 07:27Comments(3)TrackBack(0)

2016年12月03日

球状船首

121203清安丸ブリッジを球状にする理由は何だろう。空気抵抗? ただのデザイン?
  
Posted by marugaryman at 00:08Comments(4)TrackBack(0)

2016年12月01日

今日も玉葱

161201玉葱  
Posted by marugaryman at 08:50Comments(4)TrackBack(0)

2016年11月28日

ホッケ定食

161128ホッケ定食テツ氏はホッケを2枚食べて英気を養ったらしい。
  
Posted by marugaryman at 11:47Comments(6)TrackBack(0)

2016年11月27日

コインランドリー

161127コインランドリーテツ氏は市場で玉葱を降ろした後、のんびり洗濯をしているらしい。
  
Posted by marugaryman at 18:35Comments(4)TrackBack(0)

2016年11月26日

風邪気味

161126柿テツ氏は少し風邪気味らしい。
半袖の季節もそろそろ終わりなのかもしれない。
  
Posted by marugaryman at 21:31Comments(5)TrackBack(0)

2016年11月25日

『ランボー怒りの改新』

161125本
『ランボー怒りの改新』

前野ひろみち 著

ある夏、ひとりの青年が斑鳩の里にフラリと現れた。泥沼のベトナム戦争を強引に継続する蘇我氏に対し、あの男が怒りの鉄槌を下す。律令国家日本の誕生を大胆に再解釈する表題作「ランボー怒りの改新」。おバカな中学生男子3人組と、ミステリアスな同級生・佐伯さん。誰にでも訪れる新緑の季節、そのひとコマを鮮やかに切り取った「佐伯さんと男子たち1993」。生駒山中に山荘を構える、仙人のごとき謎の老人。彼の元を訪れた乙女が語る、奇想天外な奈良風『千一夜物語』の行き着く先は…?(「ナラビアン・ナイト」)。そして、作家を目指す浪人生・前野弘道と、彼のもとに舞い降りた小説の女神・佐伯さんを巡る追想記「満月と近鉄」。いずれも古都・奈良を舞台とする、驚天動地の傑作4編を収録。異形の新人・前野ひろみち、ここに衝撃デビュー! (「BOOK」データベースより)


こういう阿呆な小説は好きだな。
梅屋敷駅に行きたくなった。

『千一夜物語(アラビアン・ナイト』の中の『商人と鬼神との物語』をモチーフにした『奈良漬商人と鬼との物語』は良かった。

  
Posted by marugaryman at 23:54Comments(2)TrackBack(0)本を読もう 2016

2016年11月24日

『数学する身体』

161124本
『数学する身体』

森田真生 著

思考の道具として身体から生まれた数学。ものを数える手足の指、記号や計算……道具の変遷は数学者の行為を変え、記号化の徹底は抽象化を究める。コンピュータや人工知能の誕生で、人間の思考は変貌を遂げるのか? 論考はチューリング、岡潔を経て生成していく。身体を離れ、高度な抽象化の果てにある、新たな可能性を探る! (新潮社内容紹介より)


確かに、数学科の人は素数が好きな人が多いというイメージがある。

岡潔についてもっと知りたくなった。

数学に記号やアルファベットを使うようになったのは17世紀に入ってからで、それ以前は全て言語で表していたという話は、考えてみれば当たり前のことなのに、とても驚いた。
  
Posted by marugaryman at 00:25Comments(3)TrackBack(0)本を読もう 2016

2016年11月23日

『イデアの影』

161123本
『イデアの影』

森博嗣 著

彼女は病院にいる。館を離れ、あの家政婦から逃れ。彼女は思う。彼女が愛した男たちを――理知的でリリカル。美しく繊細な「幻想小説」。 (中央公論新社内容紹介より)


森博嗣はこんな本も書くんだな。イデア論や細雪を知らないと、ただの頭のおかしな女の話にしか思えないかもしれない。


人間はイデアの影(模型の影絵)に惑わされることなく、知性によって善のイデアを求めなければならない。 by プラトン
  
Posted by marugaryman at 10:42Comments(0)TrackBack(0)本を読もう 2016

2016年11月21日

3045D

161121 3045Dこんにちは、鉄です。
テツさんは、神戸で冷食を降ろしているらしい。
  
Posted by marugaryman at 01:58Comments(3)TrackBack(0)

2016年11月20日

天気が悪いので

161120紅葉紅葉も映えないな。

テツ氏は今日も仕事らしい。
  
Posted by marugaryman at 10:51Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月19日

雨で

161119銀杏銀杏が散ってしまった。
  
Posted by marugaryman at 16:34Comments(2)TrackBack(0)

『最後の秘境 東京藝大』

161119本
『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』

二宮敦人 著

入試倍率は東大の3倍!卒業後は行方不明者多数?やはり彼らは只者ではなかった。全14学科を完全制覇!非公式「完全ガイド」誕生。謎に満ちた「芸術界の東大」に潜入した前人未到、抱腹絶倒の探検記。 (「BOOK」データベースより)


東京藝大に行きたくなった。


・ 「藝大ってやっぱり楽しいです」
・ 「どういったところが楽しいですか?」
・ 「頭おかしい人がいっぱいいて、自由で」

(人に危害を加えない)頭のおかしな人がいっぱいいる環境って好きだな。
  
Posted by marugaryman at 07:12Comments(2)TrackBack(0)本を読もう 2016

2016年11月18日

神戸

161118テツ氏は神戸で鮭を降ろしたらしい。
  
Posted by marugaryman at 16:40Comments(4)TrackBack(0)

2016年11月17日

富田林

161117富田林テツ氏は富田林市に来ているらしい。
  
Posted by marugaryman at 13:21Comments(3)TrackBack(0)

2016年11月16日

コンテナ仕事

161116コンテナヤードテツ氏は今日もコンテナ仕事をしているらしい。
  
Posted by marugaryman at 11:42Comments(4)TrackBack(0)