ko

◆好感を与え、人に好かれる話し方の掟編

~整った言葉で話すことを心がける~

何よりも好感を与えるのは、きちんとした日本語を使うことが大切。

単語の言いっ放しをやめて、言葉の最後に「です」「ます」をつけ、語尾をはっきりさせること。
当然、略語や流行語も使わないようにします。




話し方は、選べるものです。 洋服を着替えるように、
言葉もTPOに応じて使い分けるようにします。

 
~相手の話を察し、それに答える~

会話が一方的にならないよう、常に相手の反応を見ながら話すことも重要です。
自分の話に夢中にならないで、相手の反応や表情などをよく観察するようにします。

自分が話したいことだけを、好き勝手に話すだけではいけません。
もちろん、話が長すぎるのもよくありません。


~話しているときの姿勢や態度に注意をする~

初対面で話す場合は、会話の内容を耳で得つつも、
目からの印象、その人の見た目の印象や表情も大切になってきます。

ハキハキとした明瞭な話し方の好感度が高いのは当然として、
話す時の態度にも気を付けましょう。 無駄な動きを控えて、
きちっとした姿勢を保ちながら話すことも大切です。


~自分の声のトーンを知って使い分ける~

声そのものを変えるのは難しいですが、声のトーンなら可能です。

たとえば電話は相手に顔が見えないので、低い声で話すと暗い印象を与えてしまいます。
こんな時は、あえて高い声で話してみましょう。


~明瞭な発音と表情の豊かさを身につける~

滑舌が悪い、表情が乏しい、そう感じるようなら、大きく口を開けて、
五十音を読み上げてみます。口を大きく開けることで、
顔の筋肉を鍛えることになり、顔の表情も自然と豊かになってきます。

出かける前に、上下の歯をつけて、「ニー」という表情をするのもおすすめです。


【心理カウンセラーが教える】人に「好かれる」会話のしかた編

~やさしい空気をつくる~

人に好かれる会話術を身につけたいならば、
まず会話術を身につける前に絶対に必要なことがあります。
それは、「話しやすい空気づくり」です。
話しやすい空気づくりとは、「この人と話してみたい」と思ってもらえる雰囲気をつくることです。 


~聞き上手に必要なポイントをしっかり掴む~

聞き上手になるポイントは、「相手の目をみる」こと。
そして、共感を表す「うなずき」です。
まずは、相手の人が気持ちよくなることを一番にかんがえましょう。
そうすることで、相手から好かれる。または、少なくても嫌われない関係ができあがります。

~人を怖がらない。恐れない~

「嫌われたらどうしよう」とか「変な質問じゃないかな」と余計な不安は横において、
まずは気軽に話しかける勇気。
このちょっとした勇気から人に好かれる会話がはじまっていきます。

 
~相手に興味を持つ。 そして、自分との共通点を探す~

話す相手に興味を持たなければ、相手との会話のきっかけが生まれません。
何でもいいです。これから話そうとしている相手とあなたの共通点を探しましょう。

 
~言葉をリンクしていこう~

関連するキーワードをひっぱり出して会話を広げていけばいいわけです。
そうやって言葉をリンクしていくと、話題に広がりがでてきます。


【参考サイト】
NAVERまとめ:【人生が変わる】人に好かれる会話のしかた