恋ふ森野郎の研究日誌

こうもり博物館とその周辺で起きる活動報告です。

2008年10月

『住みかの少ない森』の画像
林立した杉が美しい森ですが、実は住みかになる天然の樹木に乏しいので、樹に住む者が入れる場所がない場所です。今年、絶滅危惧種の分布を広く調べていくというローラー調査をしていく中で、新しいねぐらがまた一つ見つかりはしたものの、本来は自然林に住むはずと考えられ …

↑このページのトップヘ