恋ふ森野郎の研究日誌

こうもり博物館とその周辺で起きる活動報告です。

2015年04月

『どんどん移動する』の画像
紀伊半島の中で、ユビナガコウモリは東西南北に大きな移動を繰り返しています。 その距離は100kmの単位なので、とてもダイナミックなものです。そんな季節移動を追跡して、生息地探訪を続けているのですが、今年も春の訪れと共に動き出した個体群が、また夏の生息地へとた …

↑このページのトップヘ