恋ふ森野郎の研究日誌

こうもり博物館とその周辺で起きる活動報告です。

2015年10月

『残される』の画像
秋の一時、オスもメスも同じ洞窟に集まっていたノレンコウモリの大きな集団も徐々に解消され、単独のオスが少数残るだけになってきました。 その中には今年生まれた若いものもいて、消えたメス集団に含まれていた母親とは、自動的に親離れになったようです。 夏のねぐ …

↑このページのトップヘ