恋ふ森野郎の研究日誌

こうもり博物館とその周辺で起きる活動報告です。

2017年08月

『帰還スピード』の画像
2000年代初頭に和歌山生まれのユビナガコウモリの、その後の追跡がある程度できている個体が確認されました。 夏に自分が生まれた場所で出産したり、秋や冬には奈良県や三重県に戻るというのを基本として周年の生活をしているようなのです。この夏は、おそらく過去と同じよ …

↑このページのトップヘ