恋ふ森野郎の研究日誌

こうもり博物館とその周辺で起きる活動報告です。

2017年09月

『飛膜の暖簾』の画像
愛知県で何度も再捕獲できて、体重測定をしたり健康状態の定期的チェックが続いているノレンコウモリの生息地が2か所あります。そのうちの1個体の確認できた生存日数が、3千日を越えました。 来年には少なくとも10歳以上と推定できるようになるので、ぜひこのまま生き延びて …

↑このページのトップヘ