tmdi96kiku
秋冬に発達しているのを見ると、この個体は今年も繁殖活動に参加できるのだろうと想像するのですが、このキクガシラコウモリはもう13歳以上、だんだんこの年齢の個体も生存確認できる個体数が減ってきているお年頃です。
それでも生きている間はきっちり最後まで繁殖能力が持続するのかどうか、そんな様子を確認しながら、毎年見守り続けていきたいと思います。