wkymnrn12sai
和歌山県2番目の長寿を記録しているノレンコウモリが、この秋一緒に過ごしていたのは、同じく10歳以上の年齢になる個体でした。他に若いメスもいる中でこの雌雄になったのかが、どうやって決定していったのか興味深い生態です。
長い時間をかけて生きているものたちが、どうやって生命をつないでいくのか、これを追うこともまた、長い時間がかかります。
また来年へと、彼らの生き様を見続けたいものです。