2303yamaDec
暖かさのぶり返しに、思い出したかのように飛ぶコウモリの声は、あまりせっつかずにゆったりと飛んでいるかのようです。
急いでも餌が飛んでいないのが分かったのか、再びねぐらへ戻る帰り道だったのかもしれない、深夜の超音波でしrた。