urea68mie
先日の研究会で、尿中物質の取得のために個体の排出したばかりのタイミングでピペッティング採尿するというお話がありましたが、現在のコウモリたちの状況がどうなっているか、現場へ行ってみました。
この冬の冬眠時期が例年より短いのか、個体数が少なく、既に多数が姿を消していたと思われる越冬地に残る個体は覚醒も早く、動き出した多くはすぐに排尿するのが確認できました。
身体の小さなコウモリたちは、比較的このような傾向でしたが、身体の大きなコウモリたちの眠る時期はまだまだ続いているようで、起き出さないので今回の観察は見送りです。
飛ぶようになったらまた観察してみたいものです。