長年の家族の悲喜こもごもを受け入れてきた
食卓テーブル
皿の引きずり後や汗をかいたコップの染みなどで
汚れてませんか?
手軽に手直しすることができます。
もちろん弊社でも承りますが、日曜大工気分で
手をつけてみませんか?

テーブル塗り替え 1


剥離材にて既存の塗膜と取り除きます。

剥離材はカンペ(関西ペイント工業)の
リムーバー刷け用。スプレー用もあるようです。
http://www.kanpe.co.jp/products/111/index.htmlホームセンターで
気軽に購入できます。ちなみに私は近所の「ユニディ」

テーブル改修 007 [1024x768]


50センチ四方を1setとしてすこしづつ広げていき、
1setごと皮すき(へら)で削り取ります。
2工程施すととてもよい感じで、木目の表情が
生き生きしてきます。

テーブル塗り替え 9


削り取る際に表面を傷つけないように
気をつけます。
今回は無垢板だったので、へらで多少
削り取って傷がついても目立ちませんが、
突板(薄い木目のが張ってあるもの)の場合
加減してやらないと下地の合板が出できます。

テーブル塗り替え 10


削り取り後、サンドペーパーを掛けます。
#80〜#120〜#240〜#1000番と
目を細かくしていくと、よい表情が出できます。

テーブル塗り替え 8


塗装です。
ラッカーやウレタンという選択肢もあるのですが、
施工場所や設備に制約があるので、今回は
オイルフィニッシュで決めます。
塗膜をつくるのではなく、塗料を浸透させて保護するという感じです。
塗材はワトコオイル(ホクサン)を使います。
色はエボニー色

テーブル塗り替え 6


刷毛で塗りこみます。
一度に全面塗り、季節にもよりますが
しばらく時間をおきます。(夏場10分位)

テーブル塗り替え 5


ボロ布で一気にふきあげます。

テーブル塗り替え 4


3時間もすれば乾きますので宅内へ・・・
午前中ゆっくり目に始めると
夕方には食卓として使用可能です。

テーブル塗り替え 2


いかがですか?

テーブル塗り替え 3