2010年11月16日

ボードゲームの良さを改めて感じる秋の夜

ブロックどもです、MW岩井です。先日、あるテレビ番組の録画をし忘れた時に「録画忘れた−。だーれーかー」とtwitterで呼びかけた(笑)ところ、僕のメガドライブFAN編集部時代の先輩「MT鈴木鋼一」さんからお返事。

「僕が録り逃した仮面ライダーオーズの第1話をDVD-Rに焼いて送ってもらったお礼もあるし、送りますよー」

で、そのDVDが届いてみると、いっしょに入っていた…というか、正しくはDVD-Rメディアが入っていた箱がありました。その箱の名前は「TIER auf TIER」。いわゆる、ボードゲームの一種です。

普段、『ポケットモンスターブラック』に夢中になっている長男(倖・8歳)と、『スーパーマリオギャラクシー2』が大好きな次男(伶・5歳9か月)が、ボードゲームに対して興味を持ってくれるかどうか不安でしたが、与えてみるとそんな不安は吹き飛びました。



伶の阿呆顔このゲームのルールは、各自7種類ずつの動物型ブロックを手持ちとし、フィールド上にいるワニの背中の上へ交互に積み上げていって、手持ちのブロックがなくなれば勝利というもの。
積み上げたブロックが崩れたら、崩れたものはすべて自分の手持ちにしなければいけないので、そう簡単には勝負がつきません。

さらに、その勝負にスパイスを加えてくれるのが、付属しているサイコロの存在。ブロックを乗せる前にそのサイコロを振るわけですが、目によっては「2つ乗せられる」「自分が選んだブロックを相手プレイヤーに乗せさせる」「自分が次に乗せるブロックを、他プレイヤーから指定される」などの行動を強いられることもあり、単調になりづらいのも特徴です。

ただ、箱には「対象年齢は4歳以上」と書いてあるものの、うちの次男(伶・5歳9か月)は幼過ぎるのか、ゲームのルールを順守するよりも「ブロックを積む」という行為自体が楽しいらしく、しばしばルール無視でケラケラ笑いながらブロックを積んだりしてましたけどね。ま、これも楽しんでいるといえば楽しんでいるんでしょうが・笑

そんなこんなで、かなり受け入れられました。MT鈴木さん、ありがとうございます!

「自分でも遊んでみたい」という方には、知る人ぞ知るボードゲーム店の聖地「すごろくや」(東京・高円寺)がオススメです。


maruhodou at 00:00コメント(4)トラックバック(0)ゲーム | 8歳児の感想 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by MT鈴木   2010年11月16日 08:58
詳細なレポートありがとうー。ルールはわからなくても、手に取った子供たちが遊びたいように遊んで、楽しい時間を過ごしてくれれば良いのです。ちなみに我が家では、いい歳した大人たちが真剣な顔で動物積んでましたけどね(笑)。
2. Posted by MW岩井   2010年11月16日 21:52
僕もガチで積みました・笑
おもろいですねー、アレ。

いやー、目から鱗が落ちる感じでした。
ありがとうございました!
3. Posted by 佐藤 圭   2011年01月10日 22:26
こんばんわ。
非電源ゲームのおはなしなので、唐突に失礼しますw
小学生向けなら、「ブロックス(blokus)」が、かなりおすすめですー。
ご家族が四人なら、みんなでわいわい遊べて結構頭使って面白いですよー。いとこの子供に前にプレゼントしたら、いたく喜んで遊んでました。
4. Posted by MW岩井   2011年01月16日 15:45
「ブロックス(blokus)」って知らないんですけど、調べてみますねー。
情報ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
カテゴリー別に読む
月別に読む
お天気情報
携帯からも読めます!
QRコード
livedoor プロフィール

MW岩井

家族とゲームと『グレンラガン』のことばかり考えているゲーム雑誌編集者です。

モンハン
育児blogランキング
育児ブログ・ランキング
NINJA TOOLS
  • ライブドアブログ