2010年11月21日

『ポケモンスマッシュ!』BW大作戦に参加してきました!

親子ポケモン対決どもです、MW岩井です。

ニンドリ最新号およびメディアファクトリーの『ポケモンBW』攻略本の発売日と、何かとポケモンづいていた今日はテレビ番組「ポケモンスマッシュ!」メインの親子向けイベント『ポケモンスマッシュ!』BW大作戦に参加するため、、ららぽーと TOKYO-BAY(千葉県船橋市)へ行ってきました。
※「子ども」の定義は「小学生まで」となっていましたが、もっと小さい子どもでも楽しめるコーナーがありますので、ご安心を!

このイベントは、11月13日(土)を皮切りに、12月19日(日)までの毎週土日に日本各地で開催されているものです。ただ、東京都内での開催はなく、隣接県ですら11月20〜21日(千葉県船橋市)と、12月18〜19日(神奈川県横浜市)くらいしか選択肢がなかったので、思い切って初日の19日(土)に千葉県船橋市へ向かったというわけです。

イベント内容はなかなか充実していて、いくつかのコーナーをパスした僕ですら2時間近くかかったので、「全部回ってやるぜ!」ってな勢いの方だと、3時間くらいは覚悟しておいた方がいいかもしれません。開催時間は会場ごとに違いがあるかもしれませんが、僕が行った会場では17時半には撤収を始めていたので、15〜16時には会場入りすることをオススメします。


ツタージャの着ぐるみと記念撮影出し物は、おおよそ以下のような感じ。
※左の写真(ツタージャの着ぐるみとの記念撮影)は、不定期にツタージャが歩いてきて、いっしょに写真を撮れる感じになっていました。レアキャラ扱い?・笑

1)『ポケモンスマッシュ!』クイズラリー
ショッピングモール内のあちこちに掲示されている『ポケモンスマッシュ!』に関する問題を探しながら、クイズに回答していくスタンプラリーっぽいもの。全部回答すると、正解不正解に関係なくシールをもらえます。

回答用紙はビンゴカードみたいに、正解の番号を押し抜くタイプのシートになっているので、シッカリ折っておかないと提出時に「あれ? 押し抜いたはずの番号が元に戻っていて、どれが正解かわからないや」ってなことにもなるので、ご注意を!

2)親子でマルチバトル
親子2人で参加し、対戦相手の親子とダブルバトルを楽しむというもの。ただし会場に用意されたものを使う必要があるので、どんな手持ちポケモンになるかは運。おおよそ、全員レシラム+初期3匹って感じの手持ちになっていましたが、若干の個人差があったようです。

で、僕は6歳くらいの男の子を連れたママさんと対戦することになったんですが…すみません、ガチで完封してしまいました…。でもまあ、勝っても負けても同じシールをもらえるので、ご容赦くださいマセ。

アララギ博士のコスプレ3)親子でポケモンカードゲーム
親子でポケモンカードの使い方を習います。途中で出題されるクイズに正解すると、ニンテンドーDSのカードを6枚収納できるカードケースをもらえます。

一応、今日は「はじめてセットDX」と「はじめてセットDX forガール」の発売日でもあったので軽く商品説明というか宣伝もしていましたが、別段押しつける感じもなく、「気になった人がいたら手にとってみてねー」的なスタンスで、好感を持ちました。

写真は、先生役をしてくれたアララギ博士のコスプレをしている女性博士と、アシスタントをしていた元ネタがわからないコスプレのお姉さん。

ポケスマメンバーと記念撮影4)「ポケモンスマッシュ!」なりきり記念撮影
ゴルゴ所長とレッド博士が着ているジャケットの子ども用を借りて、ポケモンスマッシュのメンバーが写っている巨大パネルの前でコスプレ記念撮影ができます。インスタントカメラで撮影してもらった写真をプレゼントしてもらえます。立体感のない巨大パネル背景とはいえ、並んで写真を撮ってみるとなかなかいい感じに見えるのがちょっと可笑しくて・笑

あ、ちなみにインスタントカメラでの撮影中も、カメラマンのお姉さんの横や背後から自分のカメラで撮影しても構わないので、親御さんはカメラの準備をぜひ!

1回戦を戦う倖5)『ポケットモンスターブラック・ホワイト』めざせ2連勝バトル
自分のニンテンドーDSとソフト『〜ブラック』または『〜ホワイト』を持ち込み、周りにいる誰かとダブルバトルで対戦するというイベントです。参加賞はシールと、対戦のコツが書いてある紙。2連勝すると、どの技がどの属性の敵に対して効果的かが一目でわかる早見表をもらえるというもの。

倖は一回戦は勝てたものの、勝者同士で戦う2回戦目で敗退。参加賞だけもらいましたが、まあ知らない相手とのバトルで初試合を勝利できたことは、彼にとってもいい想い出になるんじゃないでしょうか。

ちなみに、ちょっと思ったことが1つ。この大会にエントリーする際、倖は「バトルボックスを用意していない」という理由で一度受け付けを断られ、次に「大会に出場できない、イッシュ地方以外のポケモンが含まれている」という理由で再度やり直し。さらには「出場を禁止されている図鑑ナンバーのポケモン(ゼクロムとレシラム)が含まれているからNG」、さらには「同じポケモンがバトルボックス内に2匹いるからNG」と、都合5回行列に並び直して、ようやく大会に参加できました。ここまで、ロスタイムは30分以上。
確かに、Webサイトにはレギュレーションが書いてあったものの、同じポケモンが2匹いることは禁じられていませんし、そもそも勝ち抜かせることが目的ではなく、2連勝したらちょっといいお土産がもらえるというレベルのイベントで、公式大会ばりのレギュレーションを決める必然性がまったく感じられません。そのせいで、レギュレーション違反で並び直しを命じられる子どもだらけで、対戦台はガラガラ…という状況になっていました。なんだかなー。

余談ですが、この大会に出られるのは小学生まで。中学生以上が参加できるのは年齢制限のない午前中のみとのことでした。僕が出場を断られて帰ろうとしている時、30歳くらいの女性が「どうしてもダメですか?」と食い下がっていたのが印象的でした。大会に出場したい、大きなお友達は午前中でぜひ・笑

6) 『ポケットモンスターブラック・ホワイト』トライアルハウス
7) 『ポケットモンスターブラック・ホワイト』体験コーナー
8)「ポケモンカードゲームBW」はじめて教室


実は、残りの上記3つは時間もなかったので参加できなかったんですが、6〜7はゲームの体験で、8はカードゲームの体験コーナーだったんじゃないですかね?
ちなみに、1〜2、5に参加すると『ポケモンスマッシュ!』番組登場への応募葉書がもらえます。僕ももらったので、息子と一緒に出場希望って書いちゃおうかなー・笑

出張ポケセンちなみに、このららぽーとでは店内の少し離れた場所にポケモンセンターの出張ショップが開設されていて、そこではポケモンセンター限定の縫いぐるみなどを販売していました。

長男(倖・8歳)はつい数週間前、ポケモンセンタートウキョーで誕生日プレゼントを買ったばかりなので縫いぐるみを欲しがりはしませんでしたが、お気に入りの縫いぐるみを見つける度に「いっしょに写真を撮って!」とリクエストしてくるので、あちこちでパチパチ・笑
この頃にはデジタル一眼レフカメラの充電も切れていたんで、iPod touchで撮影するようになり、写真のクオリティがちょっと落ちてます。

ゾロアークと伶こちらは、そんな出張ポケモンセンターに置いてあったゾロアの等身大(?)風船。夏の劇場版映画『幻影の覇者ゾロアーク』に比べるとちょっと小さめな印象を受けましたが、これだけ大きいので子どもたちは大満足。

で、大興奮した次男(伶・5歳9か月)は思わず駆け寄ったわけですが、風船なのでゾロアークがグニャーと倒れてしまい、大慌てする僕。でも、ちゃんと足を立たせてあげるとバランスが取れるというデキのいい風船だったので、変なところで感心してしまいましたが・苦笑

ちなみに伶は、そのあとも足の下に潜るなどして、僕をヒヤヒヤさせっ放し。ほんと、勘弁してくれ…。

バトル検定こちらは、同じくポケモンセンター出張所で配布していた配信データ「バトル検定」のオリジナル検定。デルダマもオリジナルのものを配信していましたが、どちらが貴重かといえば圧倒的にバトル検定ですよね!

「ポケモンスマッシュ!けんてい」と名付けられた検定は、途中で勝とうが負けようが5人と対戦し、その結果(点数)に応じたポイントで自分の腕前を評価してくれるという仕組みです。

最高評価のマスターランク(6000〜)からエリート(5000〜)、ハイパー(4000〜)、スーパー(3000〜)、ノーマル(2000〜)、ノービス(1000〜)、ビギナー(〜999)と7段階の評価になりますが、倖は初戦でハイパーランクでした。ポケモンのバトルを全然理解していないと思っていたんだけど、結構やるなぁ・笑

追伸

ピカチュウの手袋最後の写真は、イベントの係員のお姉さんたちに受けが良かったキャラドルミトン手袋 (ピカチュウ)
実はこの手袋、昔に幼稚園へ行きたがらなかった伶のテンションを上げるために「これをしたら、幼稚園に行ってくれるかも?」と考え、誕生日に贈った商品で。

あれからもう2年くらいは経つはずですが、結構な汚れが目立つようになった(洗濯機禁止なので、妻が手洗いしていますが、なかなか汚れが落ちないそうで…)今でも、気に入って使ってくれているのは嬉しい限りで。
そういう意味でも、『ポケモン』のように息の長いキャラクターは助かります。『仮面ライダー』や戦隊モノだと、毎年新しいものに切り替わってしまうので、「もうコレ、いらない」とか言われちゃいますからねー。『ポケモン』万歳・笑

あ、余談ですが本日のすれ違い通信は29名。『ポケモンBW』のイベントをしていた割りには、ちょっと少なかったような?

maruhodou at 00:15コメント(1)トラックバック(0)ゲーム | ポケモン 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by BlogPetのりんどー   2010年11月24日 15:18
りんどーの飼い主が隣接したの?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最新のコメント
カテゴリー別に読む
月別に読む
お天気情報
携帯からも読めます!
QRコード
livedoor プロフィール

MW岩井

家族とゲームと『グレンラガン』のことばかり考えているゲーム雑誌編集者です。

モンハン
育児blogランキング
育児ブログ・ランキング
NINJA TOOLS
  • ライブドアブログ